親戚の中学生を預かり中2(終)

1話戻る→   目次へ→

「待て。いらない。というかしない」
「なんで?」
「なんで、って、そんなの」
 下心は認めるが、相手が中学生の男の子だってことはちゃんとわかっている。フェラしてあげると言われて、じゃあお願いと言い合うような関係が欲しくて、お菓子持参で構いに来ていたわけでもない。
 しかもこの慣れた様子からすると、本当に経験がありそうだ。それも絶対、本人にとって不本意な形で。
「フェラよりハグがいい、から?」
「なにそれ。童貞?」
「ああ、うん、そう。いきなりフェラとかハードル高い」
 言えばふはっと大きく息を吐いて、それからおかしそうに笑い出す。年相応の、作られていない笑顔を初めて見た気がした。
 本当はこんな風に笑うんだなと思いながら見つめていれば、相手が自分の隣のスペースをポンポンと叩いて誘う。応じて横になれば、もぞもぞっと近づいてきた相手が抱きかかえるようにこちらの背中に腕を回した。
「ほんとにハグしてくれるんだ」
「お菓子貢いでくれるお礼くらいは、してもいいって思ってたから」
「俺が運んでくるお菓子って、やっぱ貢物扱いなわけ」
「違うの?」
「少なくとも、こーゆーことしたい意味の貢物じゃあなかった」
「時々やらしい目で見てたくせに」
「それに関しては、隠しきれなくって本当にすみませんでした」
「え、それ謝るとこ? しかも隠しきってたら問題なかった、みたいな言い方なに」
「隠しきれててお前が気づかなけりゃ、お前が不快に思うこともないんだから、心ん中で何思ってようが俺の勝手だろ」
「こっちからすると、隠すの上手な人のが困るけどね。こいつはいつかやらかすなって思える相手のが扱いやすい」
「なるほど。というかやっぱこういうこと、慣れてんの」
「慣れてますけど。童貞には想像つかないようなエロいこともたくさんされてきたビッチですけど。しかもそんな俺のせいで家庭崩壊予定ですけど」
 聞いてないのと言われて、詳しい事はなんも知らないと返せば、余計な事を言い過ぎたと悟ったらしく、チッと舌打ちが聞こえてくる。
 さすがに、この子が原因での離婚問題とは思ってなかった。親はどこまで知っていて、この子を預かって来たんだろうか。
「世の中狂ってんな」
「なにそれ。どういう意味?」
「いくら可愛い見た目でも、中学生の男の子がエロいことされ慣れてるってオカシイだろ」
「ビッチな俺が、そういうことされたくて誘ってる結果だとしても?」
 言いながら、背を抱く腕がスルルと腰を撫でおり尻を揉む。更にぐっと寄せられた体が、わざとらしく股間を圧迫してくる。
「それ嘘だろ。というかもしそれが事実だとしても、中学生の誘いに乗ってる大人が居る時点でだいぶヤバイよ、お前の周り」
 慣れてるって言い切れるくらい当たり前の日常なら自覚ないのかもしれないけどと言いながら、相手の腰を掴んで寄せられた体を引き剥がした。
「自覚はあるよ。俺の周りはだいぶヤバイって。でも相手がオカシクなるのは俺が誘惑するせいらしいからね」
 尻を揉んでいた手がまたスルルと腰を這い登ってくるが、今度は服の下に潜り込んで素肌に温かな手が触れる。擽ったさと気持ちよさが絶妙に混じる手付きでサワサワ撫でられると、確かに煽られ劣情が湧き出しそうだ。
「で、お前としては、俺もそのオカシナ大人に仲間入りして欲しいわけ?」
「そう見える?」
「めちゃくちゃ試されてんなぁとは思う」
「信じてから裏切られるより、さっさと手ぇ出してくれた方が有り難いってのはあるかな」
「もしかして信じさせてよってお願いされてる?」
「いや全く」
「まぁ俺だって煽られ続けたら理性切れる瞬間はあるかもしれないから、信じていいよとか言う気もないんだけど、いくら慣れてるったって中学生の男の子相手に何かするのは抵抗ありすぎるし、お前の誘惑になんか負けたくないし、取り敢えずは買ってきたタコ焼きが冷めきる前に食って欲しいなと思うんだけど」
 タコ焼きという単語にはっきり反応した相手に、一緒に食べようと誘えば、服の中に突っ込まれていた手が抜けていく。
 内心でだけ大きく安堵の息を吐き出しながら、この子がこの家にいられる間に、何がしてやれるかを考えようと思った。

理解できない1話へ→

有坂レイは「場所:ベッドの上 時間:夕 攻め:尽くし 受け:強気 何してる?:イタズラ」で、書(描)いて下さい。
https://shindanmaker.com/204438

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

「親戚の中学生を預かり中2(終)」への4件のフィードバック

  1. この二人をもっと見たいと思って下さってありがとうございます!
    この攻めはどれだけ誘われても受けが高校卒業するまで抱くことはしないと思うので、続きを書くとしたら受けが高校卒業して抱いてもらう辺りがメインになりそうですが、それでも良ければ今書いてる話にエンド付いたらチャレンジしてみようと思います。
    もし、こんな二人が見たい、というような具体的な要望があるようでしたら早めにお知らせ下さい。なるべく入れられるように検討しますので。

  2. いつも、ありがとうっ!ビッチくんの純愛に1票です。お言葉に甘えて…

  3. 斯麻さんリクエストありがとうございます。
    受けの子の純愛、入れられるように検討しますね〜

    もし他にも、続きを書くならこういうのが見たい、という要望がある方がいればお気軽にコメントなりメッセージなり下さいませ。
    頂く要望全てを入れられるかはわからないですが、なるべく入れられるように考えますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。