間違ってAV借りた

 あの時自分は酔っていた。世間とは少しずれたが、ようやく纏まった休みが取れて、浮かれて結構な量を飲んでいた。
 酒を片手に、ふと思いついてDVDをレンタルしたのは記憶にある。気になりながらも見逃してきた数々の作品を、この機に見てしまおうと思ったのだ。
 便利になったなーと思いながら、DVDの宅配レンタルサイトであれこれポチポチクリックしたのは事実なのだが、思うに、あの時の自分は、自覚していた以上に酔っていたんだろう。
 本日届いたそれらの品は、時間が取れずに見逃してきた作品たちとは全然違った。何かの手違いかと履歴を確認してしまったが、そこには間違いなく届いたタイトルが並んでいたから、誰のせいでもない自業自得というやつだ。
 意気消沈しながらも、とりあえず机に積み上げたDVDの中から無造作に一枚選んでデッキに放り込む。金は払ってしまったのだし、見ないのも勿体無いかと思ったせいだ。
 なんせ、今日は一日引きこもってDVDを堪能する気でいたし、今更予定変更するのもそれはそれで面倒くさい。時間つぶし程度にはなるだろうし、これだけあれば、中には面白いなと思うものだって、もしかしたらあるかも知れない。
 
 そこそこ大きなテレビの大画面いっぱいの肌色と、そこそここだわったスピーカーから響く媚びた嬌声を肴に酒を飲みつつスナック菓子を摘む。
 怠惰に過ごすつもりだったから、ジュースや菓子を買い揃えていたのだけれど、ジュースは早々に買い置きの酒に切り替わっていた。さして面白いわけでも興奮するわけでもない映像に、飲まなきゃやってられねぇ、的な気分に陥った結果だった。
 それでもなんだかんだと見続けたのは、強いて言うなら、ただの意地のようなものなんだろう。
 アルコールの力も相まって、半ばうとうとしながらも半分近くを消化した頃、ピンポンとドアチャイムが鳴った。忙しすぎて通販多用生活なので、また何か荷物が届いたのだろう、程度の認識でふらふらと玄関先へ向かう。真面目に見ても居ないDVDは当然そのまま流しっぱなしだったが、それなりの賃貸料を払っている物件なので、リビングのドアを閉じてしまえば廊下にまでアンアン響いてくるようなことはない。
 再度鳴ったドアチャイムに、普段は急かすなんて事無いのにと思いながらドアを開ければ、そこに居たのは宅配業者ではなかった。
「定時退社頑張っちゃった。でもって明日半休もぎ取っちゃった。てわけで俺もDVD祭り参加したい」
 それを言ったのは、学生時代から、社会人になって数年経つ今も、なんだかんだと付き合いが続いている悪友だ。ホイ土産、と言って差し出されたコンビニ袋の中身は炭酸飲料や菓子類だった。
「おじゃましまーす」
 差し出された袋を思わず受け取れば、相手はこちらの脇を通りぬけ、勝手に上がり込んでくるから焦る。それはもう、一気に酔いが覚めるくらいに慌てた。
「待て。待て待て待て。来るなんて聞いてない。てか勝手に上がるなよ」
 SNSに、久々に纏まった休みが取れたから気になる映画を宅配レンタルした、と投稿したのは事実だ。到着予定日も記して、楽しみだとも書いていた。記憶があるというよりは、ログがある。
 今、その背を追いかけている友人から、いいなーという反応があったのも確かだが、でも相手が押しかけてくるなんて思わなかったし、間違えて大量のAVが届いたという投稿はアホを晒すようでしていなかった。
「えーなんだよ。俺たちの仲で今更じゃん?」
 どうせお前一人だろ、と言いながらリビングドアを開けた友人がその場で固まり足を止める。
 途端に部屋の中から漏れ出すハスキーな嬌声に頭を抱えたくなった。なぜなら、今現在流れている映像が、いわゆるニューハーフものというやつだからだ。テレビの中では、髪の長い女性的な容姿の、けれどばっちりちんこの付いた男が、可愛らしく喘いでいた。
「えっ、ちょ、どういうこと?」
 こわごわとこちらを振り向いた相手は、当然驚いていたけれど、同時になんだか酷くそわそわとしている。
「なぁ、お前ってこーゆーの有りなの?」
「こーゆーの、とは?」
「女のかっこした男を抱きたいて思うのか、それともお前が女のかっこで男に抱かれたい側?」
「別にどっちもないな」
「は? んじゃなんでこんなの見てんの」
 面倒くさいな、と思いながらも状況を説明し、男女のは見終えたから未視聴で残っているDVDはニューハーフものかゲイものだけだぞとも言ってやる。
「え、ゲイビも見んの?」
「だから、金払ってんのに見ずに返すの、悔しいだろって」
「あーはいはい。じゃ、俺も酒貰っていい?」
 ジュースしか持ってきてないと言い出した相手に、何を言い出すんだと焦った。説明したらおとなしく帰ると思っていたのに。
「は? 帰れよ」
「えー面白そうじゃん。俺も見たい」
 別にそれ見て抜こうってんじゃないんだろ、と続いた言葉に押し切られて、なぜか一緒にAVを見ることになってしまったが、悪友が男も有りだったなんてこんなに長く付き合っていて初めて知ったし、ゲイビ見ながらもの食えるくらい平然としてんならちょっと試そうと誘われて、その時にはだいぶ酔っていたのもあってうっかり応じてしまった結果、長年の友人だった男にあっさり食われたのもなかなかの衝撃だった。

お題提供:https://twitter.com/aza3iba/status/1077577605635698689

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP