今更嫌いになれないこと知ってるくせに5

1話戻る→   目次へ→

 もともと時間の余裕などないのに、泣いてしまったせいで快楽だけに集中できない。しかし高まりきった体は、熱を吐き出すことを求めている。自慰を中断して熱が収まるのを待つ方向へは、今更シフトできそうになかった。
 オナニーなんて始めなければよかった。最初から熱源に手を伸ばさなければ良かった。などと思った所で後の祭りだ。
 惨めで最悪の朝を呪いながら、必死で手を動かした。涙はやはり時折こぼれ落ちていくが、もはや理由は曖昧だった。ただただ生理的に流れるものと思って、そちらへ向かいかける意識をなんとか引き剥がし、手元の快楽に集中するしかない。
 けれどやはり気が散って、なかなか達せずにいる中、過ぎる時間は容赦がなかった。
 カチャリと響いた音はドアノブを回す音で、その音を拾った瞬間、全身を硬直させる。息を殺してやり過ごすしかない。
 今はまだ部屋の出入口に背を向けているから、きっと気づかれることはないと思いつつも、内心は緊張と後ろめたさでドキドキだった。しかし、今この一瞬をやり過ごせたとして、この後どうすればいいんだという別の問題もある。
 甥っ子が部屋のドアを開けたということは、朝食の支度が整いつつあるということだ。要するに、イけないままタイムリミットが来てしまった。
 泣き顔は夢見が悪かったとかでムリヤリ誤魔化したとして、収まりの付かない股間のテントをどう言い訳すればいいのか。逆に、朝勃ちなんて男の生理として気にせぬ素振りを見せるには、泣いてしまった顔の言い訳がきかない気がする。泣くほどの夢を見ながら股間をガチガチに、という状況はやはり無理がありすぎだと思った。
 そんな事をグルグルと考えていたせいで、甥っ子の近づく気配にまったく気づいて居なかったようだ。ふいに頭を撫でられて、驚きのあまり大きく体を跳ねてしまった。
「えっ?」
 戸惑う声にしまったと思うがもう遅い。
 もともと閉じていた目にギュッと力を込めるが、それで何かが変わるはずもなく、背後から顔を覗き込まれる気配がわかった。
「にーちゃん」
 呼び声はもちろん無視した。しかし話しかけるなという気配を察知してくれることはなく、もしくはわかっていても黙っていられないのか、甥っ子は再度にーちゃんと呼びかけてくる。
「どうして泣いてんの……」
「夢見、悪かっただけ」
 困り切った様子の声音を無視しきれず、ぶっきらぼうに言い放つ声は、泣いたせいか鼻声だった。
「少しすれば落ち着くから、放っておいて」
 わざわざ放っておいてくれとまで口にしたのに、甥っ子はベッドの端に腰掛けると、再度頭を撫でてくる。その手は頭だけでなく、肩や背中を優しく撫でて、どうやら慰めのつもりらしい。
 達せぬまま放置されていた体が、カッと熱を上げてしまうのを自覚した。
「やめろ。俺に触るなっ」
 必死で放つ声はきつい拒絶をはっきりと含んでいて、甥っ子の手の動きは止まったが、依然その手は肩の上に置かれている。クルリと寝返りを打ってその手を振り落とし、ベッドの中で横になったままだが、甥っ子の顔を睨みつけた。
「いいから、一人にさせてくれ。というか出てけよ。頼むから」
 吐き出す言葉に、八つ当たりが混じっていた事は認める。
 まるで滞在することの許可を請うように、食事作り以外にも毎日せっせと簡単な家事をあれこれこなす甥っ子を、許して滞在させていたのは自分自身だ。こんな風に拒絶するくらいなら、もっと早い時期に、なんらかの理由を与えて納得させて、家に帰すべきだった。ここに居てはいけない理由なんて、あふれる程にあるのだから。
「ごめん。でもホント、もう無理。お前、家に帰れ」
「俺のせいで、泣いてたの?」
「ち、違うっ」
「違くないだろ。俺に触られるの、気持ち悪い?」
 また伸びてきた手が頭に触れる前、とっさにそれを振り払う。彼に触れられるのは怖かった。きっとまた、どうしようもなく体の熱が上がってしまう。
 しかしそれはこちらの事情で、当然そんな説明を出来るはずもなく、甥っ子は酷く傷ついた顔をしながら、払われた手でギュッと拳を握りしめている。
「ち、違う。ごめん」
 慌てて体を起こして甥っ子に向き合うが、きちんとした説明もなく違うと繰り返した所で、意味が無いことは明白だった。
「だから何が違うの。俺を家に帰したいってなら、正直に、お前なんか気持ち悪いから帰れって言えばいい」
「気持ち悪くないっ」
「嘘つき」
 怒っているような泣いているような、そのくせ自嘲の笑みを乗せた甥っ子の顔が近づいて、気づいた時には唇を塞がれていた。

続きました→

あなたは『「今更嫌いになれないこと知ってるくせに」って泣き崩れる』誰かを幸せにしてあげてください。
http://shindanmaker.com/474708

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP