ヘッダー用SS

 追い詰められた壁際で見上げる相手の顔は怒ったみたいに真剣で、ああやっと落ちたのだと、胸の鼓動が興奮と歓喜で早くなる。うるさいくらいに高鳴る心臓を気取られないように、相手の目をまっすぐ見つめ返しながら、ゆっくりと十度ほど左へ首を傾げてみせた。
 あざとくたっていい。相手は馬鹿じゃないから、きっとわざとだって気づいているけど、それでいい。自分の利点は最大限に利用して、相手の視覚へ訴える。
 頭一つ分違う身長差も、一回り近く違う年齢差も、女みたいだと言われる比較的整った顔も、自分にとっては武器だった。というよりも、武器にするしかなかった。
 親元を離れて暮らす自分にとって、彼は兄のようであり、時には親代わりも努めてくれるような酷く親しい存在だけれど、血の繋がりは一切ないし恋愛感情を抱いていいような相手でもない。それでも、どうしても、彼のことが欲しかった。彼の特別が欲しかった。
 使えるものは全部使って、思いつく限りの誘惑をしかけて、躱されて、躱されて、でも諦めずにしつこく纏わりついたから、ようやく相手も観念したらしい。
「怖い顔してどうしたの?」
 落ちた、とわかっていながらも、決定的な言葉を欲しがって尋ねた。でも相手は言葉では返してくれなかった。
 言葉はくれなかったが、顎を捕まれ固定される。意外と手が早い。なんてことを思いながら、相手を見据えていた目をゆっくり閉じた。
 近づく気配と、重ねられる唇。すぐに離れてしまう気配を追いかけるように、閉じていた瞼を押し上げる。相手はやっぱり、怒ったみたいな顔をしていた。
「これで、満足だろう?」
 唸るみたいな声が吐き出され、怒ったみたいな顔は少し歪んで、なんだか泣きそうにも見える。こんな自分に惚れられてしまったせいで、彼の人生はきっとメチャクチャになっただろう。
 可哀想にと思う傍らで、彼の特別を半ば強引に奪うのだから、なにがなんでも幸せにしてあげようと思う。絶対に後悔なんてさせない。
「うん。でも、満足には全然足りないよ」
 欲深くてゴメンねとまったく悪びれずに言い捨てて、両手を相手に向かって伸ばした。襟首を掴んで思い切り引き寄せ、同時に踵を上げて背伸びして、相手の唇を奪ってやった。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP