そういえば一度も好きだと言っていない

 ふと気がついた。そういえば一度も好きだと言っていないな。
「好きだ」
 思った次の瞬間には、口からそう零していた。
「え、何を?」
 見下ろす先、目をぱちくりさせて聞いてくるから苦笑する。確かに突然だったとは思うが、この状況で何をと問われるとは思わなかった。
「お前を、に決まってるだろ」
「えっと、何の冗談?」
「冗談で言うかよ。本気で好きだと思ってる」
 言えば嫌そうに眉を寄せる。随分と酷い反応だ。
「今更過ぎでしょ」
「だって言ったことなかったなって思って。というかお前の反応、俺の予想と全然違うんだけどどういうことなの」
「ならどういう反応と思ってたわけ?」
「言われなくてもわかってる。もしくは、やっと言ってくれて嬉しい。のどっちか」
 大真面目にそう思っていたのに、相手はハッと鼻で笑いやがった。
「これってただの性欲処理だよね」
「まぁ最初はな」
「今もだよ。下らないこと言ってないでさっさと突っ込んで腰振れよ」
 確かにその言葉も最もだ。そろそろ挿れても大丈夫そうだと、相手の後孔から指を抜いた所だったし、見下ろす相手は両足を開いて寝転んでいる。
「ほら、早く」
「わーかったって」
 軽く持ち上げた両足を腰に絡めて引き寄せるように力を込めてくるから、悪戯に腰へ絡む足を外すようにして抱え上げた。
「ぁっ、あっ、いぃっ」
 ゆっくりと体重を掛けてペニスを埋めていけば、甘えるような声が鼓膜を震わす。
 初めてこの男を抱いた時から、挿入する際にはかなりの頻度で聞かされてきた声だ。さすが自分から誘ってくるだけあって、随分と抱かれることに慣れた体なのだと思っていた。
 なのに今はその声がわざとらしい。
 そう思うようになってしまったのは、本当に感じ入った時の彼を知ってしまったからだった。
 突っ込まれて揺すられて擦られるだけでキモチイイなんて嘘ばっかりだ。甘ったるくアンアン零すから騙されていた。
「ぅぁっ、バカっ! そこ、やめろって」
 馴染むのを待ってからゆるりと腰を動かせば、すぐさま抗議の声が上がる。
「なぁ、ココ。これが前立腺で、あってるだろ?」
「なに、言って……」
「さすがに調べたわ。というかなんで今まで調べようともしなかったんだろな」
 慣れた様子の相手に、慣れた様子で誘われて、言われるまま突っ込んでいた。突っ込む場所が尻の穴という心理的抵抗は気持ちよさの前であっさり砕けて散ったし、突っ込む側なら相手が男でも女でも大差ないな、なんてことを思っていた自分は、あまりに男同士のセックスに対して無知だった。
「なんで慣れたふりしてたの?」
「えっ?」
「やり慣れてるはずなのに前立腺すら未開発とか、俺が納得行く説明できんの?」
「ど、……ゆ、意味……」
「ホントに慣れてるってなら、最初っから前立腺擦られてイキまくってトコロテンとかいうのしたり、尻だけでイッちゃうメスアクメとかいうのキメて見せたら良かったのに」
「ちょっ、なっ……」
 すっかり言葉を失くしている相手に、もう一度真剣な気持ちと声とで伝えてみる。
「お前が、好きだよ。都合がいい性欲処理だけ続けたかったら、お前の体の変化は無視してた。だからさ、慣れたふりして誘ったのは性欲処理でいいから俺に抱かれたかったくらい、俺が好きだったからだって言ってよ」
 言った途端、相手の目にぶわわと涙が盛り上がってしまってさすがに焦る。
「あ、その、ゴメン。お前が遊び慣れた様子で誘うから、俺もなんか意地になってたのか、遊び相手に惚れたら負けだとか思ってたみたいで。とっくにバレてるだろと思ってたのもあるってのは言い訳だけど、変な意地はらずに、お前が可愛いとかお前を好きになったとか、自覚した時に言っときゃ良かったんだよな。ホント、ごめん」
 一度も好きだと言わないせいで、こちらの好意を隠すせいで、相手もまた想いを隠すのではないかと、さっきふと気づいてしまった。そしてそれは当たりだったと、もう確信している。
「今、そんなの言われたら、信じちゃうよ……」
 泣きかけた声は小さく震えていた。目の縁に溜まった今にも零れそうな涙を指先で拭いながら、出来る限り優しい声音になるよう気を遣いながら口を開く。
「信じてよ。で、お前も俺が好きって言って?」
 促すように頼み込んでやっと、ずっとお前を好きだったという言葉が、相手の口から告げられた。

有坂レイの新刊は『 ふと気がついた。そういえば一度も好きだと言っていないな。 』から始まります。https://shindanmaker.com/685954

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP