草むらでキス/戸惑った表情/抱きしめる/自分からしようと思ったら奪われた

 中学生になる前は、毎年夏休みに半月ほど、母方の田舎に遊びに行っていた。毎年通っていたから、祖父母の家の近所の子供たちとも顔見知りで、滞在中は色々と遊びに誘って貰っていた。
 その子は確か自分が小学3年頃から見かけるようになったと思う。自分と同じように、夏の間だけその地へ遊びに来ていたようだった。
 すぐに自分とも周りの子供達とも打ち解けて、一緒に遊ぶようなったその子は1つか2つ年下だったせいもあってかとても小柄で、柔らかくどこか照れくさそうに笑う顔がなんとも可愛く、守ってあげたくなるような雰囲気を持っていた。
 間違いなく男の子ではあったけれど、彼に惹かれていた男子は自分の他にもたくさん居たはずだ。誰にでも優しく聡明だった彼は、もちろん女子からの受けも良かった。
 たった2週間でお別れになってしまうのが本当に悲しくて、彼が滞在する期間中ずっと遊べる地元の子たちがとても羨ましかったのを覚えている。
 あれは彼と出会って3回目の夏で、そこで夏休みを過ごした最後の年だった。
 どういう状況で彼と二人きりになったのかはもう思い出せない。
 天気の良い日で、ギラギラと輝く太陽が照りつける中、彼と二人で草原を歩いていた。暑さに加えて二人きりという状況に、テンションが上がりすぎて少しおかしくなっていたのかも知れない。
 唐突に、告白しなければという気持ちが沸き上がった。言うなら今しかないという焦燥にかられて立ち止まったものの、好きだという単語はなかなか口に出せなかった。
 突然立ち止まって黙りこくったまま動かない自分に、相手は戸惑いの表情でどうしたのと問いかける。言葉は出ないのに、焦るあまり体が動いて、気づけば相手を抱きしめていた。
 抱き返してくれたのは、具合が悪いと思ったからだろう。こちらを心配する言葉をいくつも掛けられたが、違うと首を振るので精一杯で、やはり好きだとは言えない。
 結局しばらくそうして抱き合った後、どうにも出来なくて体を離した。色濃い戸惑いに興奮と羞恥とを混ぜた様子で、頬を上気させる彼の顔はいつもと違う色気のようなものがあって、頭の中がクラクラと揺れる気がする。
 引き寄せられるように顔を近づけたら、彼の腕がスルリと首に掛かって、伸び上がってきた彼の顔がグッと近づき唇が触れた。彼から触れてこなくても、あのままなら自分から触れていただろう。
 それが自分のファーストキスであり、彼が自分にとっての初恋相手だ。
「ってこんな話、面白いか?」
「ええ。とても興味深いです。結局自分から告白できず、キスも出来ず、奪われたってあたり、先輩、あまり成長がないですよね」
「うるせぇっ。お前がバリタチってのが詐欺なんだよ」
 バイト先の後輩に、貴方が好きなんですと言われてOKしたのは、その後輩と初恋の男の子がどことなく似ていたからでもあった。男にしてはやや小柄で、笑うと可愛くて、なんとなく世話を焼きたくなる感じが似ている。
 初恋が男だったせいか、恋愛に男女のこだわりがあまりなく、男とも女とも付き合って来た。けれど基本的には可愛くて守ってやりたいタイプが好きだったので、男が相手でも抱いた経験しかなかった。だから当然、後輩のことも自分が抱く気まんまんで部屋に誘ったのに、気づいたら自分が押し倒された挙句、にっこり笑って「ごめんなさい。バリタチなんです」と来たもんだ。
 まぁ流されて抱かれてみれば、それなりに良くされてしまったというか、バリタチを公言するだけあって多分自分よりも上手いと思う。やり終えた後に、ファーストキスがいつだったかなんて事をしつこく聞いてくる、情緒のなさはどうかとも思うけれど。
「昔も今も、まごうことなく狙われてるのに、自分が食われる方だって意識がないって方がどうかと思いますけど」
「あの子が俺を食おうとしてたみたいな言い方すんな」
「当時から隙あらば食おうとしてましたよ。というか分かってないみたいですけど、その子、俺ですからね?」
「はあああっっ!?」
「うわっ、声でかいですって」
「でかくもなるわ。てかマジなのか?」
「本当ですよ。先輩、その子の名前すら覚えてないでしょ。こっちは名前ですぐわかったのに」
「あー……すまん。なんとなく似てるような気はしてた」
 言えば、調子いいこと言っちゃってと呆れた声が返された。

有坂さんにオススメのキス題。シチュ:草むら、表情:「戸惑った表情」、ポイント:「抱き締める」、「自分からしようと思ったら奪われた」です。
https://shindanmaker.com/19329

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP