常連さんが風邪を引いたようなので1

 平日夜のラストオーダー間際にやってくる疲れた顔のその男は、ほぼ毎日、一番出入り口に近いカウンター端の定位置に腰掛け、日替わりのオススメメニューから一品と、その日の気分で何かしらのアルコール飲料を一杯注文する。
 晴れの日はもちろん、雨の日も、雪の日も日課のようにやってきて、突き出しの小鉢とオススメ一品とを酒で流し込んで帰っていくのだ。
 愛想が良い感じではなく、放っておいて欲しいオーラーに満ちているので、こちらも黙って注文の品だけ出して、後はだいたい閉店準備にとりかかる。
 だから毎日通ってくれる大事な常連客ではあるが、男のことは殆ど何も知らない。
 選ぶ品から食の好みが多少わかる他、見た目からは、多分まだ三十代に入ったかどうかくらいの若さであることと、サラリーマンらしいこと、それと既婚者らしいことくらいしかわからない。
 そう、その男の左手薬指には、銀色のシンプルな指輪が光っている。
 既婚でありながら、毎晩ここで少量とはいえ食事と酒とを摂っていく理由が気になりつつも、この男に関しては、そんな立ち入ったことが聞ける日はきっと来ないだろう。
 そんな日々が一年ほど続いたある週末の夜、男はいつにも増して疲れた様子で来店した。そしてふと気付けば、カウンターに伏せてどうやら眠っているらしい。
 常連なので多少の融通は利かすが、毎日ほぼ定刻に現れ定刻に帰っていく男を、親切心でそのまま寝かせておくことが正解なのかわからない。
 仕方なく、軽く肩を揺すって、大丈夫ですかと声をかけた所で気付いた。随分と具合が悪そうだ。
 もし家がこの近くなら、家族に迎えに来てもらった方が良いのではと提案してみたが首を振られ、一人暮らしだからと力なく返され驚いた。既婚らしいのに一人暮らしなことはともかく、彼が自身のことを話すのが初めてだったからだ。
「すみません、今日は、これ以上食べれそうになくて……」
 カウンター上の料理と酒はほとんど減っていない。
「いえそんな、全然構いません。というか、あの、雑炊……とかなら食べれたりしませんか?」
「え?」
「帰ってから何か食べれる感じじゃないですよね?」
「あ、ああ、まぁ、基本家で食事しないから」
 ということはやはり、小鉢とオススメ一品とアルコール一杯が彼の夕飯ということなのだろうか。もしくは別の場所で夕飯を食べた後の二軒目で寄ってくれているのかもしれない。
「お酒、ほどんど飲んでないですよね? なら薬飲んでいいと思うというか、飲んだほうが良さそうですよ。ここ来る前に何か食べてますか? 薬飲む前に少し何か胃に入れておいた方が良くないですか?」
「あー……薬……なんてものは家にないな」
 どこか投げやりな返事に立ち入りすぎたかと思ったが、なんだか今日は余計なことを言ってすみませんと引く気にはなれなかった。
 なんだかんだ気になる常連の男と、珍しく会話が成立していることに、若干興奮しているのかもしれない。
「いつも通りの時間にここ出ないとまずいですか?」
「……いや」
「なら、食べれそうなもの作りますから言って下さい。でもって、貴方が食べてる間に、ちょっと薬取ってきますから」
「え?」
「ここの上に俺の部屋もあるんですよ」
 店は小さなビルの一階にあって、上は1DKの賃貸マンションになっている。三階建てで部屋数も全部で四つしかなく、本当に小さなビルだけれど、職場が徒歩一分なのは魅力的だ。
「ああ、そうか……」
「何なら食べれますか?」
 結局あっさり目の雑炊を作って出し、彼が食べている間に素早く自宅から幾つかの市販薬を取ってくる。その中にあった一般的な風邪薬として知られた一つを選んだ彼が、薬を飲むのを見届けてから、かなり迷いつつ家まで送ることを提案してみた。
 明らかに踏み込み過ぎだと思ったが、具合が悪いせいかぼんやりとして、いつもの人を寄せ付けないオーラがない目の前の男を、なんだか放って置けない気持ちが強い。
「ほんと、空気読む人だなぁ」
「え?」
 ぼそりとした呟きは聞き取りにくくて聞き返す。
「じゃあ、ここまで来たら、それもお願いしようかな」
 近いしと言ってふわっと笑った顔になんだかドキドキしてしまった。相手は同年代の男だというのに、なんだこれ?
「俺の家、多分、貴方の部屋の斜め上です」
 軽く指を上に向ける仕草に、本日何度目になるかわからない大きな衝撃を受けた。

続きました→

有坂レイへの3つの恋のお題:引き出しにしまいこんだ言葉/晴れの日も雨の日も/今夜は帰らないで

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP