エイプリルフールの攻防4(終)

1話戻る→   最初から読む→

 どんな覚悟を決めてきたのか、深刻な顔で玄関前に立つ相手を迎え入れたら、靴を脱いだ矢先に土下座が始まり唖然とする。
 慌てて立ち上がらせて、たくさん好きって言いながら優しく抱いてくれたらそれでいいよと言ったら、相手は随分と呆気にとられた顔をした。追撃で、泣いた分いっぱい優しくされたいと言えば、グッと体を引かれて抱き締められる。
「ごめん。本当に、お前のこと、ずっと好きだった。なのに泣かせてごめん。甘ったれたことばっかしてて、本当にごめん」
 繰り返されるゴメンの言葉を聞きながら、背中に腕を回して、その背をポンポンと軽く叩いてやった。
「も、いいから。それより早く、お前としたい」
 昨日から待たされてるんだからと言ったら、抱きしめる腕を解いた相手が、困惑を混ぜながらも何かを探るような顔で見つめてくる。
「何?」
「本気で、俺に抱かれる気でいるのか?」
「俺のこと、抱けそうにない?」
「そんなこと言ってないだろ。だってお前、去年俺にイかされて泣いたし、その、受け入れる側をするっていうのは、かなり体にも負担が掛かると思うし」
「昨日も言ったけど、今年、お前に抱かれておしまいにするつもりだったから、結構前から体は慣らしてる。だから多分、体は平気」
 慣らしてたという部分で、相手はまた随分と驚いているようだった。さすがに少し恥ずかしいなと思いながらも、相手の驚きを無視して続ける。
「もしお前が頷いて抱いてくれたとしても、それは俺ばっかり好きなセックスできっと辛いんだろうなって思ってたから、ちゃんと両想いで、好きって言われながらするセックスになるかもって思ったら、正直、早く早くって急かす気持ちばっかり強くなってる」
 正直な気持ちを告げて、お前が俺を好きだったって言ってくれたの本当に嬉しいと言いながら、驚いた顔のまま固まる相手へ自ら口付けた。そしてもちろん、自分から深いキスを仕掛けていく。
 すぐに応じてくる相手と舌を絡ませあっていたら、ふいに体が少し浮いて、慌てて口を離した。
「えっ、ちょっ…」
「ベッドまで運ぶだけだ」
「え、この状態で?」
「なら横抱きで運ぶか?」
 イエスもノーも返さないうちにさっさと姫抱きされて、照れるより先にあわあわと慌てているうちに、あっさりベッドの上におろされる。狭いアパートなので、運ばれる距離はめちゃくちゃ短かった。
「好きだ」
「俺も、好き」
 見下ろす真剣な顔にニコリと笑いかけて、早く来てという想いを乗せながら腕を伸ばす。
「お前が、好きだよ」
 唇が触れる直前、もう一度柔らかに囁かれた。きっと本気で、たくさんの好きと優しさを示しながら、抱いてくれる気で居るのだろう。
 胸の中に甘い何かが流れ込んできて、幸せだなと思った。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 甘々ハピエン、ごちそうさまです。
    あぁん、おいしかったぁ~。

    by るる 2016年4月7日 11:29 PM

  • るるさん、コメント有難うございます
    最終話に満足いただけたようで良かったです~(^O^)

    by レイ 2016年4月8日 9:32 AM

コメントを残す




Menu

HOME

TOP