キスのご褒美で中学生の成績を上げています

 頬は紅潮し、時折こぼれる吐息からはあからさまな興奮が感じ取れる。閉じられた目元、かすかに睫毛が震えているようだ。
 差し込まれた舌の拙い動きに惰性で応じながら、やっぱりこれはマズイよなぁと、どうにかなかったことに出来ないか必死で考える。
 今キスを仕掛けてきている相手は、家庭教師先の教え子で、しかも義務教育中の中学生だ。身長は自分と変わらないくらいあるし、変声期も終えてはいるようだが、まだまだ顔つきも仕草も子どもだと思う。
 未成年に手を出したら同意の上でも犯罪。という朧げな知識はあるが、キスくらいなら犯罪にはならないだろうか?
 というかそもそもこれは手を出されているのであって、断じて手を出しているわけではない。けれどそんな言い訳が通じるはずもないことは明白だ。年齢差から言っても関係性から言っても、知られた時に悪者になるのは自分のほうだとわかりきっている。
 男と恋愛できるタイプの人間だと知られたあの時に、潔く家庭教師のバイトを辞めればよかったのだ。ということもわかってはいた。ただ、いくつか掛け持つバイト先でも、ここは一番のお気に入りだったから手放すのが惜しかった。お気に入りというか、美味しいお茶菓子が当たり前でたまに食事まで出てくる待遇の良さと、成績の悪い原因は明らかに本人のやる気の無さというか計算のうちで、頭の出来そのものは良く授業内容はしっかり理解していたから楽だったのだ。
 今遊ばなきゃエスカレーター式の私立中学に入った意味がない。と豪語する相手は、暗記項目にひたすら手を抜いている。そこにやる気を出させるのが家庭教師の本分とわかっていつつも、理解はできているがテストで良い点を取るために必死で頑張る理由がないと言われれば、それもそうだとつい思ってしまう。
 家庭教師に来ている手前、少しは成績上がってくれないと困るよと言ったら、気持ち成績を上げてくれるという、ひねくれているんだか素直なんだかわからない対応をされたりもしたが、楽な仕事場という点では間違いなくダントツだ。
 そんな中、どうやら彼の遊びの対象に、自分が入ってしまったらしい。
 男とホテルに入っていくの見ちゃったよと笑った相手は、その時点で既にかなりこちらの状況を把握していた。家庭教師として訪れる以外で彼と会ったことなどなかったから油断していたのもあるけれど、互いの行動範囲を考えれば外で互いを見かけることがあっても不思議じゃない。
「同じ相手じゃないみたいだから恋人ってわけじゃないんでしょ? どうやって相手探すの? 売春? 公園でキスされてるのも見たけど、先生はネコなの?」
 次々こぼれ落ちる問いかけに、あまりに焦って思わず一部を認めてしまったのは大失態だと言えるだろう。特定の恋人はいないし、基本ネコだ。
「お金払ったら俺にもさせてくれる?」
 などと言い出した相手に、必死で売りはしていないと断り、ちょっと大人ぶって、好奇心で男に手を出そうなんて絶対間違ってると説いてみたりもした。仮に男が恋愛対象なのだとしても、そういうことは好きな相手とするもんだ。なんてありきたりのセリフは、不特定の相手との関係を見られている以上まるで説得力がなく、鼻で笑われただけだったけれど。
「じゃあさ、キスだけでも教えてよ。ね、センセイ」
 そんなおねだりを始めた相手に、軽い気持ちでまずは成績を上げてからと返したのは迂闊だった。彼が本気で試験に取り組んだら、いともたやすく成績なんて上げられる。
 彼の親には大層感謝されたが、口が裂けても、ご褒美にちょっとキスをぶら下げてやっただけですよ、だなんて言わるわけもない。そしてきっちり結果を出してきた相手に、約束を反故にすることも出来なかった。
 それでもまだ諦め悪く、自分からキスを教えるなんて状況を避けるようにして、まずはどれくらい出来るのか見せてみろと彼のしたいようにさせている。
 必死な感じは可愛くもあるが、やっぱり相手は子どもで、基本ネコの自分に年下趣味はなく、要するに一切感じない。まぁ教え子の中学生にキスされて感じてたら相当ヤバイので、ホッと胸を撫で下ろすものの、顔を離した相手はやはり不満気だ。
「下手くそって言いたいんでしょ?」
「いや別にそんなことは」
「いいよ別に。でもすぐ上手くなるから覚悟してよね」
「覚悟?」
「今回限りでなんて言わせないから。センセイのお陰で成績上がって、親が随分喜んでたし、少しは時給上がったりもするんじゃない? 良かったね。でももし辞めるなんて言い出したら、今後家庭教師のバイト一切できないようにするくらいわけないから、そのつもりで」
 どうやって。なんて聞けなかったけれど、本気だというのは伝わってきたし、多分きっとそう出来るだけの自信も何かしらの根拠もあるんだろう。
「だからこれからも、良い点取れたらご褒美にキスさせてよね、センセイ」
 にこりと笑う顔は爽やかですらあるのに、背筋を冷たいものが伝う気がした。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP