昔好きだった男が酔い潰れた話2

1話戻る→   目次へ→

 正直自分も疲れきっている。できればこのまま、その隣に横になって眠ってしまいたい。
 しかしいくら相手が小柄でも、シングルベッドに男二人で身を寄せあって眠るというのはどうなんだ。しかもそこに寝ているのは、過去に言い逃れできないほど明確に告白した相手でもある。
 そんなことをぐるぐると考えたまま、結局ベッド脇でベッドを見下ろし動けずにいたら、相手が呻いてどうやら「みず」と呟いた。のどが渇いているんだろう。
「水道水か炭酸水、どっちがいい?」
 聞いても無駄かと思いつつ一応声をかけてみた。返事がないようなら、水道水にせめて氷くらいは落としてやろう。なんてことを思いつつ少し待ってみたが、やはり返事は唸るような声だけだ。
 水をくんで戻ってみれば、水を頼んだことすら意識の外でどうせ寝ているんだろうと思っていた相手が、起き上がりベッドに腰をかけていたから驚いた。
「ほら、水。持ってきたぞ」
「ん、ああ、ありがと」
 内心の驚きを隠して手にしたグラスを差し出せば、すぐに一息に飲みきって、氷だけになったグラスを返される。
「もっと飲むか?」
「いや、いい」
「珍しいな。お前が潰れるのは」
「半分くらいは、わざとだけどな」
「は?」
「部長だったお前は、なんだかんだの責任感を今も引きずって、潰れた酔っぱらいに付き合って残るだろ。まさか、家に連れ帰るとまでは思わなかったけど」
「成り行きで仕方なくだ。てか、俺に何かあるのか?」
「うん。ただ、少し酔いすぎた。酔いつぶれる振りのつもりが、本当に潰れたのは失敗だな」
「俺にもわかるように話してくれ」
「うん、ムリ。眠い」
 クソ酔っぱらいが。とは思ったけれど、それを口に出したりはしない。代わりに眠いなら寝ろよと促した。
 わけのわからない話で混乱させられるより、さっさと眠ってくれたほうがありがたい。
「お前は? どーすんの?」
「どーするって?」
「だってこれ、お前のベッドだろ?」
 そう言いながらも、相手はさっさとベッドに横になり、今度はしっかり布団の中に潜り込んでいる。
「客用の布団とか、なさそうな暮らしっぽい」
「俺がないよっつったら、お前、俺と一緒に寝ることになるぞ?」
 そんなの嫌だろというつもりで口にした言葉に、けれど相手はおかしそうに笑い出す。
「酔っぱらいが。俺はいいからさっさと寝ろって」
「一緒に寝よう。って誘ったつもりなんだけど?」
「はぁ?」
「おいでよ。ていうか来て」
「お前やっぱなんか今日だいぶオカシイぞ?」
「知ってる。オカシイんだ、俺。だからお前に甘えたいみたい」
 優しくしてよと臆面もなく口にして、ほら早くと言いたげに布団の端を持ち上げて誘う。
「このクソ酔っぱらい。少し待っとけ」
 今度は躊躇いなく口にしてから回れ右で背を向けた。
 手の中のグラスを流し台に置き、簡単に寝る支度を済ませてから戻れば、相手は予想通り目を閉じて、どうやら眠っているらしい。
 どこか安堵しつつ明かりを落とし、自分が眠れるようにと空けられたスペースへと横になった。当たり前にめちゃくちゃ狭いが、硬い床に転がって震えながら眠るよりは断然マシだ。
 さっさと眠ってしまおうと目を閉じたが、やはりそう簡単には眠らせてもらえないらしい。こちらの気配に気づいて意識が浮上したらしく、相手の腕が身体に回され、ぐっと力が入ったかと思うと相手の身体が密着してくる。
「うわ、よせって」
 引き剥がそうと相手の体を押してみるものの、意外と強い力でしがみつかれて、早々に抵抗するのは諦めた。なんだかもう、本当に疲れていた。
「ズルイ」
「何がだよ。てかお前は寝てろ」
「自分だけ着替えて歯磨きまでしてる」
「ここは俺んちだからな」
「俺もシャワーとかしたいのに」
「俺だってシャワーまではしてねぇよ。明日でいいだろ。眠いんだよ。寝かせろって」
「うん。寝ていいよ」
 お前に抱きつかれたままで? と言いたい気持ちをどうにかこらえた。どうせ言ったって肯定が返るだろうとしか思えない。
「そうかよ。じゃあ、おやすみ」
 会話は終わりとばかりに告げれば、おやすみと思いのほか柔らかな声が返り、やっと静かになったと思った時にはどうやら眠りに落ちていた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP