タチ予定だったのにネコにされた1

 ノリと勢いと酒の力で長年胸の奥に燻っていた想いを告げたのは三ヶ月ほど前で、その告白を嬉しいと言って喜んだのは、告白相手だったはずの男の隣りに座っていた別の友人だった。
 なぜそんな誤解を生んだのかわからない。会話の流れ的に、ずっと好きだったの言葉が誰に向けられたかはわかったはずだ。
 多分、きっと、おそらく。
 イマイチ自信を持って言い切れないのは、自分自身相当酔っていた自覚があるからで、もしかしたらそう誤解されるような何かを言うかするかしたのかもしれない。そうでなければ、いくらノリ良い連中ばかりとは言え、周りがあんな反応だったのが解せない。
 結局酔っ払い共に囃し立てられながら、あれよあれよと恋愛的な意味でなんて欠片も意識したことなどなかった男と、恋人という関係になっていた。
 もちろん酔いが覚めた翌日には、昨夜のは冗談だったで関係解消を試みようとした。しかしこちらが恋人なんて関係を続けられないと伝えるより先に、ずっと好きだったから本当に嬉しいと告げられてしまって、結局今もずるずると関係は続いている。
 元々友人ではあったけれど、今までは仲間内で集まる時に同席する程度で、そこまで親しくしていたわけではないような相手だったから、恋人なんてことになって初めて、二人きりで出歩くようになった。恋人である以上、多分これらはデートなんだろう。
 二人きりでもつまらないなんてことはなかったし、むしろ相手と過ごす時間は心地よかった。ずっと好きだったらしいから、こちらを気遣っているというか、機嫌を損ねないようにと振る舞っている可能性も高いけれど。
 ただ、恋人になってデートを重ねた所で、恋愛的に好きになれるかというと難しい。だって本当に想いを告げたいと思っていた友人と、重なるような部分がほとんどない。端的に言えば好みじゃない。
 それでも雰囲気に流されてキスは何度かした。さすがに嫌悪はないが、だからといって興奮もない。積極的に抱きたい感情は皆無で、むしろこんな状態でベッドに乗ったら、いろいろな意味で相手を失望させそうだ。
 相手はキスの先を望んでいる気配が濃厚だったけれど、それには気付かぬふりで、のらりくらりと避けていたのは認める。
 だからってこんな強行手段に出るとは思わなかった。外で夕飯兼ねて軽く飲んでいたはずが、気づけば相手の家に連れ込まれていて、しかもベッドの上であちこち拘束されていた。
「お前、俺にいったい何盛った?」
 どれくらい眠っていたのかわからないが、酔いはすっかり覚めているらしく、頭はスッキリしている。しかし寝ている間に弄られまくったらしい下半身は、握って数度強めに擦られたらあっさり達してしまいそうなくらいビキビキに張っていたし、尻穴の周りから腹の奥の方までが熱を持ってジンジンと疼いていた。
「飲ませたのは睡眠導入剤。お酒と併用ダメってわかってたから、そっちにはちょっとしか入れなかったけど、それでも随分効いたよね」
 たっぷり入っていたのは、帰宅後に水分補給しておきなよと渡されたペットボトルの水の方らしい。味がどうだったかは覚えていないが、そういえば渡された時、既にキャップは開いていた。
 ああ、でも、なんだか納得した。酒にはそこまで弱くないのに、あんなに眠いのはオカシイと思ってたんだ。
「それだけじゃない、だろ」
 どう考えたって精力剤とかのたぐいも使ってるはずだ。じゃなきゃ下半身がこんなになってるはずがない。
「後は媚薬クリームだね」
 アナニーサイトのレビューで高評価だったやつなどという、かなりどうでもいい情報と共に小さなケースを見せられた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP