兄と別れさせたい弟が押しかけてきた4

1話戻る→   目次へ→

 別れるつもりで居るよと答えれば、すぐに嫌だと返される。
「あいつには二度とここに来ないよう、ちゃんと言うから。だから俺を捨てないでよ」
 弟が迷惑かけてゴメンナサイとしおらしく謝られてしまって、どうやら彼が抱える叶わないはずの想いが報われるのだとは、まだ知らないらしいと気付いた。
 弟が押しかけてきたこと、別れろと言われた事、代わりに抱かれればと提案したら了承されたことは伝えたが、弟の言い分などは知らせていない。というか知らせる必要があると思っていなかった。なぜ弟がそこまでするかの理由を、彼が知らないはずがないと思いこんでいた。
 てっきり告白はされた後で、目の前に突然湧いた幸運に戸惑った目の前のこの子が、恋人がいるからとでも言って断ってしまったのだと思っていた。だから恋人であるこちらから振らせようとして、弟が自ら押しかけてきたのだろうと想像していた。
「理由はそこじゃないよ。いや、もちろんあいつの本気の覚悟が、俺の背を押したのも事実だけど」
「じゃあ、他の理由って、何?」
「お前の片想い、報われるってさ」
「えっ?」
「俺達は確かに恋人だけど、厳密には両想いとは言い難い関係だよな? せっかく本命が振り向いてるなら、俺とはきっちり別れて、そっちに行ったほうがいい」
「え、嘘だ……でも……」
「うん。知らなかったみたいだし、戸惑うのはわかる。でも戸惑って大事なチャンス、掴み損なうなよ?」
「チャンス……って、だって、そんな……」
 呆然と呟くようにしか言葉を紡げなくなった相手の瞳の中は不安げに揺れている。
「チャンスだよ。俺はお前の辛い恋を慰めてはやれるけど、想う相手に愛される幸せは、俺じゃ与えてやれない」
 だから別れようと繰り返せば、きゅっと唇を噛みしめた。黙って待てば、やがて震える声が小さく嫌だと吐き出されてくる。
「長いこと拗らせてた想いが叶うって考えたら、やっぱり怖いか?」
「そりゃあ。だって、今更過ぎだよ……」
「でもお前の弟が自信を持って、自分自身を俺に差し出してまで、お前がその相手と幸せになれるって断言してる。俺はお前が幸せになれるって、信じられると思ったよ」
 それでもまだ不安そうに瞳を揺らし続ける相手に、それにさと続ける。
「本当に好きな相手とだって、付き合ってみたら上手く行かないって事は起こると思うんだよ。いくらお前の弟が幸せになれるって言ってたって、蓋を開けてみたら喧嘩ばっかして全く幸せになんてなれない可能性だってあると思う。でもな、上手く行かないってわかるだけでも、お前にとってはそう悪い話じゃないって俺は思うよ」
「なん、で……?」
「今抱えてる想いに決着が付けば、次の恋に行けるから。でももし、どうしても上手く行かなくて、別れてもなお想いが捨てれなくて苦しかったら……まぁあいつの断言っぷりから考えたら上手く行かないなんて事はなさそうだけど、それでももし万が一、そんな事になったら戻っておいでよ」
 その時はまたベッドの中で慰めてあげると言えば、ようやく不安で仕方ないという顔が少し崩れて、小さくふきだされてしまった。
「ホント、優しい嘘ばっかり吐くよね」
「嘘じゃないよ?」
「うん。でもそれ、その時あなたに新しい恋人が居なければって条件付きでしょ」
「どうしても不安で仕方ないってなら、お前がもう平気って言うまで、次の恋人作らず待っててあげてもいいけど」
「ううん。いい。さすがにそれは俺が甘やかされすぎ。そっちもさっさと新しい恋人作って、今よりうんと幸せに、なって」
 それは紛れもなく別れの言葉だ。頷いて、それから背後のドアをそっと開く。扉の向こうでは着替えを終えた彼の弟が、リビングへ入ってこれずに立っているのがわかっていた。
「別れたよ。扉越しでも聞こえてたろ?」
「はい」
「あ、お前、随分勝手なことしやがって!」
 扉の向こうまで意識が向いていなかったのか、姿が見えた途端に飛びかかっていきそうな勢いで、こちらを押しのけ廊下へ出ていこうとする兄を慌てて引き止める。
「こら、止めなさい。というか兄弟喧嘩するならここ出てからにしてくれ」
 仲良く喧嘩したついでに互いの想いを確認しあえばいい。たださすがにそんな喧嘩ついでの告白劇を、目の前で繰り広げられたくはなかった。
 ペコリと深く頭を下げてから出ていく二つの背中を見送って、大きく息を吐く。別れに対する後悔や未練のようなものはないが、突然であっという間だったせいか、喪失感はやたらと大きかった。
 それでもそれらは時間が解決してくれることを、長年の経験から知っている。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP