リバップル/魔法使いになる前に

 付き合い始めたのは中学を卒業する直前頃で高校は別々だった。
 初めて相手を抱いたのは高校最初の夏休み中で、そこから先ずっと、自分が抱く側でもう十年以上が経過している。
 互いの高校にはそれなりに距離があったし、大学時代はもっと距離が開いた。就職は取り敢えず同じ県内となったが、やっぱりそう頻繁に会えるような距離ではない。
 離れているのだから、浮気は仕方がないと思う部分はある。なんせ相手はそこそこモテる男で、別にゲイというわけでもない。自分が相手だからこそ、抱かれる側に甘んじてくれているのだと、それはわかっているし感謝もしている。
 浮気は仕方がないと思う気持ちはあるが、でもそれを知りたくはないし聞きたくもない。多分相手も同じように思うのか、こちらの交友関係にはあまり触れてこなかった。まぁ聞かれた所で、こちらにはやましい事など一切ないのだけれど。
 月に一度程度飲みに行って、互いの近況を語って体を重ねる。そんな、まるで惰性で続けているだけみたいな関係が、もう数年続いていた。
 好きといえば好きだと返るし、一緒に過ごす時間はやはり心地よい。だからまぁ、いつか相手に自分以上の本命が出来るまで、こんな感じでこれから先もダラダラと続けていくのかなと、ぼんやり思っていたのだ。
 彼の口から驚きの爆弾が落とされたのは、彼が二十代最後の誕生日を迎えた三日後の週末だった。平日の誕生日なんて直接祝えるわけがないので、当日はメールだけ送って、要するに土曜の今日は二人で彼の欲しいものを買いに行く。
 買い物の後はちょっと美味しいものでも食べて、ちょっといつもより甘さ多めの夜を過ごすという、まぁこれも例年通りの誕生日後の週末の過ごし方をする予定だった。
 いつもなら待ち合わせは近隣の大きめな駅改札とかなのに、一度家に寄って欲しいと言われて、直接相手の部屋に向かう。ドアを開いた相手はなんだか酷く緊張した顔をしていて、誕生日どころではない何かがあったのかと、不安と心配が押し寄せた。
「何かあった?」
「何か……というか、今年の誕生日プレゼントのことなんだけど」
「ああ、うん。予算は去年と同じくらいな」
「いや、要らない」
「えっ?」
 拒否されて、一瞬時が止まったような気がした。え、これ、まさかの別れ話?
「あ、いや、欲しいものはあるんだ。でも、買えるようなものじゃなくて……」
「うん。なるべくプレゼントできるよう考えるから、取り敢えず言ってみて」
 ゴニョゴニョとらしくなく言い渋る相手を促せば、相手の顔が少しずつ赤くなっていく。恥ずかしい話題かな? と思った所で、蚊の鳴くような声が、抱かせてと言った。……ような気がした。
「えっ……?」
「誕生日プレゼント、今年はお前が、欲しい」
 ああ、聞き違いじゃなかった。
「え、えっと、俺が抱くことに、不満が出てきた?」
「違う。不満なわけじゃない。ただ、ど、童貞のまま三十路に乗るのはちょっと……と思ったら、二十代最後の誕生日くらいしか、お前に抱かせて欲しいなんて、言えないと思って……」
 本日二度目の、一瞬時が止まる体験をした。
「えええええええっっっ!?」
 大声を上げてしまったせいか、相手は赤い顔のまま驚きで目を瞠っている。
「ちょっ、おまっ、童貞って……」
「あ、当たり前だろ。中学でお前と付き合って、お前が初めての恋人で、そのままこの年まで来たんだぞ。どこで童貞捨てろってんだよ」
「え、いや、だって……ええぇぇ……」
 今度のえーは尻すぼみに消えていった。だってお前、高校から先現在まで、モテまくってんの知ってんだぞ。なんで童貞のままなんだよ。どっかで一人くらい食ってないのかよ。
 そんな思いがグルグルと頭をめぐるが、これを口にだすのは絶対にマズイということはわかっていた。
「俺に抱かれるの、絶対に嫌か?」
 へにゃんと眉をハの字にしてしょんぼりした顔に、衝撃はそこじゃないと慌てて否定を返す。
「嫌じゃない。嫌じゃないけど!」
「嫌じゃないけど?」
「あー……その、……初めてなんで、優しくして、下さい……?」
 何言ってんだという気持ちが襲ってきて顔が熱くなったが、相手は酷く安堵した様子でホッと息を吐いている。
「それは、うん。大丈夫。だと思う」
 抱かれる側に関してはお前より良くわかってるわけだし、どうしたら気持ちよくなれるかもわかってるからと続いた言葉に、ますます体温の上昇を感じた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP