リバップル/魔法使いになる前に 2(終)

1話戻る→

 優しく出来ると言った相手に、緊張した顔で押し倒される。こちらだって当然、緊張はしていた。
 初めての時ってどうだったっけ。なんて、はるか昔に思いを馳せるが、互いに必死だったことしか思い出せない。いや、相手の体へ与えたダメージも思い出した。
「あ、あのさ」
「な、なに」
「お前めちゃくちゃ緊張してるけど、マジ、大丈夫なの? てか俺も緊張してるっていうか、かなり不安なんだけど」
「ご、ごめん。ムードまで気を配れる余裕、ちょっと、ない」
 お前傷つけないように考えるので手一杯などと続いて、思わず顔を両手で覆いたくなった。しないけど。
「ごめんって」
「う、いや、いい……です。あー、うん、お前の好きにして、いい」
 なにそれと言って笑った相手に少しだけホッとする。どうやら相手も笑うことで緊張が解れたと自覚したらしい。
「お前、抱かれる側でもカッコ良いのとかズルイ」
「そういうつもりじゃなかった」
 というか今のやり取りでカッコイイ所があったとは思えない。要するに相手の目と感性がオカシイ。つまり、こんな場面でカッコイイとか言い出す相手が可愛くて仕方がなかった。
「ん、でも、お前は抱く側になっても可愛い、かな」
「今日はカッコイイって言わせたい」
「普段のお前は普通にカッコイイですけど。ベッドの中くらい、可愛い俺の恋人で居てくれ」
「俺が抱く側でも可愛い方がいいわけ?」
 可愛い方がいいとか悪いとかじゃなくて、何したって多分お前は可愛いんだよ。なぜなら、自分の目と感性がそう主張してくるからだ。
「お前はお前のままでいい、って話。お前だって俺に、抱かれる側になるんだから可愛くなれとか思ってないだろ?」
「そりゃあ」
「だから、色々気負いすぎなくていいから、お前の好きに触れって」
 相手の手をとって、自分の頬に当てさせる。その手を、ゆっくりと首筋をたどるように下方へ滑らせた。途中で手を離したが、その手はもう相手の意思で動き始めている。
 愛撫されることにあまり慣れていない体は、相手の思うような反応を返すのが難しい。
 くすぐったさに混じる快感を捉えようと頑張りながら、つい頭の片隅で、今度抱く時はこの場所を重点的に責めてやろうなどと思ってしまう。だってしつこく触ってくるってことは、その場所が相手のキモチイイ場所ってことだろう?
 くふっと笑ってしまったら、相手が不安そうに、気持よくない? などと聞いてくるので、しまったと思いながらくすぐったくてと返しておいた。
「やっぱ抱くのって思ったより難しいな」
「お前だって、最初の頃はそうそうキモチイイ顔なんか見せなかったからな?」
「慣れかぁ……」
「そう。慣れ。ものすごく正直に言うなら、俺は今日、終わった後に立てないほど体が痛い、って状態にさえなってなきゃ成功だと思ってる」
「成功のライン低っっ」
「だからお前は気負い過ぎなんだって。十代だったとはいえ、俺がお前を最初に抱いた時のこと思えば、それで充分なんだよ」
 痛いって泣かせてゴメンなと言ったら、苦笑と共に、確かに泣いたねぇと返ってきた。
「あれに比べたら、多分、どんな風に抱かれようとマシだから。もちろん、相手がお前って前提の話な」
 だって抱かれる事に慣れた恋人が、優しく出来ると言い切ってする行為なんだから。
 それを伝えたら、ふわっと嬉しそうに顔をほころばせた後、好きだとシンプルな言葉が告げられた。
「俺も、好きだよ」
「いっぱい気持ちよくさせてからとか思ってたけど、後ろ、もう触っていいかな」
「どうぞ。むしろやっとかよって思ってる」
 可愛い可愛い恋人の、格段に雄っぽい顔も、これはこれで悪くないかも。なんて思いながら、弄りやすいように足を開いてやった。
 たっぷりのローションを使って、ちょっとしつこいくらいに弄られて拡げられている間、相手の興奮がどんどんと増して切羽詰まっていくのがわかる。辛そうな顔に、さっさと突っ込んでいいのにと思った。思ったら、それは口からこぼれていた。
「も、いいから、来いよ」
「まだダメ」
「んなこと言ってると、次、お前も焦らすよ?」
「気持よくて早く入れて、ってのと、お前の早く入れろは意味が違う」
「変なとこだけ冷静なのってどうなの?」
「それ多分、お互い様だから。今日は俺の、傷つけたくないって気持ち、優先させて」
 そう言われてしまったら黙るしかない。
 それからもまだ暫く弄られ続けて、途中二度ほど後ろを弄られつつ前を手で扱かれてイかされたのも有り、ようやく相手と繋がった時には、かなり精神的にも肉体的にもぐったりしていた。
 でも多分ここからがスタートだ。なんて思って気合を入れようとしたら、宥めるように肩をさすられる。
「時間かけすぎてゴメンね。でもこっから先はすぐ終わるから大丈夫。入れさせてくれて、ありがと」
 多分すぐイッちゃうよと苦笑した相手は、本当にあっという間に上り詰めてしまったようだった。マジか。
「え、お前……」
「うんまぁ、自分でもちょっと早すぎって気はしてる。けどまぁ、早く終わったほうが楽だろうなって。それに、お前の中、入ったことには変わりないし」
 呆然とするこちらに、照れた様子を見せながらも、相手は晴れ晴れとした顔をしていた。
「じゃ、抜くね」
「待って」
 腰を引こうとする相手を慌てて引き止める。
 このまま抜かずの二発目頑張らないかと誘ったら、一体相手はどんな顔をするだろうと思いながら、湧いてしまった欲求をそのまま口に上らせた。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP