あけおめとコネタとメルフォお返事(雑記)

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

昨日の投稿記事の最後にも書きましたが、6日までは一応不定期更新になります。
ただ、明日(2日)は多分更新できるはず。

さすがに今年は昼寝まではしてないけど、昼からそれなりの量飲んで、先程帰宅しました。例年行事。
でもってその後、何か年明けネタ書けないかなぁと久々に診断メーカー弄って、結果、短い話を書きました。
短いのでこのままここに文字色変えて載せますね。

 帰省しない一人暮らし連中で年越しパーティーをしようと誘えば、相手は誰が来るのと聞いた。参加決定メンバーの名前を挙げていけば、あっさり彼も参加を決めたけれど、その理由はわかっている。彼が密かに想いを寄せる男が参加するからだ。
 なぜ彼が想う相手を知っているかと言えば、彼が自分の想い人だからだ。想う相手を見続けていたら、その相手が見ているのが誰かもわかってしまった。
 男ばかりの不毛な一方通行片想いに、気づいているのは自分だけだと思う。

 当日は一番広い部屋を持つ自分の家に総勢7名ほど集まった。
 想い人の隣席を無事ゲットした彼の、反対隣の席に腰を下ろして、彼を挟んで彼の想い人と話をする。だって彼との会話を弾ませるには、彼の想い人を巻き込むのが一番いい。彼の想い人に、彼へ返る想いなんて欠片もないとわかっているから、胸が痛む瞬間はあるけれど、割り切って利用させて貰っている。
 年明け前からいい感じに酒が回っていたが、年明けの挨拶を交わした後もダラダラと飲み続けて、気づけば大半が寝潰れていた。そして隣の彼もとうとう眠りに落ちるらしい。
 先に寝潰れた連中同様、寝るなら掛けとけと傍らに出しておいた毛布を渡してやれば、広げて被るのではなくそれにぼふっと顔を埋めてしまう。酔っ払いめ。
 そうじゃないと毛布の端を引っ張れば、顔を上げた彼がふふっと笑って、お前の匂いがする、なんて事を言うからドキリと心臓が跳ねた。
 そんな顔を見せられると、男が好きになれるなら俺でも良くない? って気持ちが膨らんでしまう。いつか、言葉にしてしまう日が来そうだと思った。

有坂レイの元旦へのお題は『不器用な独占欲・「あなたの匂いがする」・片恋連鎖』です。 https://shindanmaker.com/276636

 

それと、メルフォから年末のご挨拶を送ってくださったMさま。
「理解できない」のお風呂シーン、楽しんで貰えたようで嬉しいです(´∀`*)
今回視点の主の生育環境が複雑だったせいか、いつも以上に気持ち整えるのに時間が掛かってダラダラと続いてしまってますが、ラブラブな二回目エッチを書きたくて堪らないので、もう暫くお付き合いよろしくお願いします。
色々と振り切って乗り越えた先、甘々な二人になって欲しい気持ちは私もかなりあるので、続きも頑張りますね〜

短編や1話完結の話も好きと言って下さってありがとうございます。
せっかくツイッターやってるんだから、もうちょっと遊べたらいいなとは思っているのですが、なかなかそちらにまで手が出せず残念です。でも1年分纏めると、1記事に充分な文字量はあるので、今年も機会見つけて書いていきたいと思います。

よほどのことがない限り、今年も変わらず書き続けるつもりですので、本年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。