兄は疲れ切っている11

1話戻る→   目次へ→

 目元を覆い隠していた腕を下げた兄が、不安げにこちらを見上げてくるから、苦笑しながら焦らしてゴメンねと謝っておく。
「んな顔しないでよ。もう挿れるから」
 困ったように逡巡したあと、それでもコクリと小さく頷くのを目の端に捉えながら、自身の準備を手早く済ませる。開かれたままの足を更に押し開き、散々弄ったせいで濡れてヒクついている兄の尻穴にゴムを被ったペニスの先端をあてがえば、んっ、と期待混じりの甘い息が漏れ聞こえた。
 今のは演技でもサービスでもなさそう、と思った瞬間に、ぶわりと増すのは欲情と興奮だ。思いっきり突っ込んで、サービスなんて出来ないくらい激しくかき回してやりたい。しかしギッと奥歯を噛み締めて、そんな暴力的な衝動を押し殺した。
 好き勝手に激しく突き荒らしても感じて貰えるほど、兄の体は抱かれ慣れてるわけじゃない。というよりも、兄の体は丁寧に優しく抱かれた経験しかなくて、焦らすような意地悪はされても、男の下衆な欲望に晒されたことはない。なぜなら、逆らわずにこちらの言い分をほぼ全て飲むことで、乱暴な扱いをするなという意思をはっきり兄に示されているからだ。
 顎の力を抜いて深く息を吐き出した後、ゆっくりと腰を進めていく。期待に甘い息を漏らしてくれるというのなら、その期待には応えておくのが正解だろう。
「ぁ、…ぁっ…ぁあ、っん」
 控えめに上がる声は、やっぱりサービス的だった。押し込まれる力に従い穴が開いて、ぬぷりとペニスの先端を飲み込んでいくさまは酷く卑猥なのに、興奮するというよりもなんだか虚しい。
 ゆっくり深くまで押し込んで、またゆっくりと引き抜く動作を繰り返し、緩やかに兄の体の熱を上げていく。
「ぁ、……ぁあっ、……そこ、きもちぃ」
「ん、ここ、な」
 気持ちがいいと教えられた場所を、優しくこねるように腰を回す。そうされるのが好きだと、知っている。
「んぁっ、あっ、ぁあっっ」
「気持ちよさそ」
「ん、んんっ、きも、ちぃ」
「うん。もっと気持ちよくなって」
 兄の作られたような甘い声に、応じて吐き出す自分の声の、もったりと甘たるい響きに反吐が出そうだ。そう思うのに、気持ちぃと漏らされる声に何度も頷いて、もっともっと気持ちよくなってと甘やかに繰り返す。
「ぁ、ぁあ、も、イキ、たい」
「いいよ、イカせてあげる」
 あっさり了承を返して兄のペニスに手を伸ばせば、ビックリしたように体が小さく跳ねた。戸惑うように見上げてくる視線は無視して、先走りを零して濡れるペニスを握ってゆるゆると扱いてやる。
「ぁあっっ」
「きもちぃ?」
「ん、うん」
 戸惑いを滲ませながら、それでも素直に頷いてくれたから、イッていいよと声を掛けて少し強めに擦り上げてやった。
「ぁ、まっ、て、や、イッちゃう、イッちゃう」
 いつもと違う気配に気づいてか、少し慌てた声が上がる。しかし手を緩めるようなことはしなかった。
「だからイッていいよ、って」
 ぐちゅぐちゅとペニスを扱きながら、軽く腰を揺すって中のイイトコロを刺激してやれば、そう持たずに白濁を吐き出してしまう。
「ぁぁああ……」
 気持ちよく絶頂を極めたというよりも、不本意な吐精だったのが丸わかりな、呆然とした失意混じりの声に苦笑を噛み締めた。
「お疲れ様」
 腸の収縮が落ち着くのを待ってからズルリとペニスを引き出せば、なんで、と力ない声が不安げに揺れる。理由はもちろんわかっている。兄だけイカせてこちらは射精せず、兄の中からペニスを抜ききってしまうのが初めてだからだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

兄は疲れ切っている10

1話戻る→   目次へ→

 閉塞感に迷ってはいるものの、金曜夜から土曜の夜までのどこかしらに時間を見つけては、誘い出して兄を抱く。
「ぁ、はぁ、んな、しなくて、も」
「まぁ、確かにじゅうぶん解れてはいるけどさ。兄貴が自分で後ろの準備するようになったからって、足開かせて突っ込むだけとかするわけないって、何度も言ってるだろ」
 お腹の中を空にしてたほうが突っ込まれるのは楽だろうし、かと言って弟の手で洗われるのなんて絶対に嫌だと思うから、兄が自主的にお腹の中を空にしてくれることそのものは歓迎するけれど、その後自分で慣らして拡げてローションを仕込むような真似まではしなくていい。多分さっさと突っ込んで、さっさと終わって欲しいんだとは思うけれど、そう思うほど、逆に突っ込むまでの前戯に時間を掛けてやりたくなる。
「んっ、けど」
「いいから。俺がしたくてやってんの」
 言えば困ったように曖昧な笑みを浮かべて、逃げるように顔を背けた上に、持ち上げた腕で目元を隠してしまう。その腕をどけるような真似はせず、しつこく穴だけを弄って拡げて、中のイイトコロを優しく柔らかに擦っていく。
「っぁ、ぁぁっ、んぁ」
 逃げるみたいに顔を隠しても、口を閉じて声を噛むようなことはない。
「ん、きもちぃ、そこ、ぁ、あっ」
 控えめに喘ぎながら、ちゃんと気持ちがいいとも教えてくれる。けれど。
「ゃっ、つよ、いっ、ぁ、やだっ、ぁあっ」
 刺激を強くすればすぐに嫌がってしまうし、それを無視して続ければ、嫌だと訴えるのを止めて静かに泣き出してしまうのも経験済みだ。全く喘がなくなるわけじゃないけれど、漏れる喘ぎも確実に減るから、気持ちがいいと素直に声を漏らしてくれるのは、兄の演技とまでは言わなくても確実にこちらへのサービスではあるんだろう。
 そんな現実を突きつけられるのも嫌だから、時々強く弄る意地悪を挟んでしまうものの、追い詰めるような真似はせずに嫌だと言われたら引くようにはしている。
 そうやって丁寧に前戯を施すこれが、どれくらい兄の心の負担になっているのかはわからない。かと言って、そうする以外のやり方だってわからなかった。
「ぁ、もっ、もぉ、ぁあっ、なぁ、って」
 やがて、早く挿れろとねだるような声に急かされる。少しだけ媚びたような甘い声が、胸の奥をチクチクと刺激する。どうせこれもサービスだとわかっているからだ。
「もーちょっと」
 ここで焦らさず突っ込む場合、指を引き抜いた時に兄が相当安堵するらしいのを知っている。だから素直に応じてやることのほうが多いのだけれど、今日はもう少し兄に求められたかった。せめて、言葉だけでも。たとえ演技だとしても。
「ん、ぁ、……そん、な……も、」
 待てないと弱々しく続いた言葉にも、再度もうちょっとと返して指を動かし続ければ、どこか諦めに似た気配が滲み出す。
「なぁ、も、いれて。早く、お前、ちょうだい」
 焦らしだした時に、どうすればこちらが動くのか、兄だってきちんと学習している。今日はこちらのもうちょっとに付き合ってくれる気はないらしい。
 ここで応じず、更にもうちょっとと焦らしてやりたい気持ちはもちろんある。やってみたこともある。結果、兄は諦めを深くしただけだった。
 兄を焦らして追い詰めて、その体をグズグズになるまで甘やかそうとすればするほど、兄の心が閉じていく。こちらが甘やかに接していれば、もっと簡単に絆されてくれると思っていたのに、全く上手くいかない。
 今度はこちらが諦めのため息を吐いて、兄の尻穴に埋めていた指を引き抜いた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

兄は疲れ切っている9

1話戻る→   目次へ→

 兄とは結局、月に2〜3回セックスする仲が続いている。
 抱かれる体の負担を考えてくれと言われたから、抱くとしたら金曜夜から土曜の夜までのどこかで、場所はラブホ一択だった。しかも場所代の大半は兄が出している。
 バイトを全くしていないわけではない上に未だ親からの小遣いもあるけれど、学業と所属してる部の活動とでかなり時間も金も食われているし、そこまで金銭的に潤っているわけではない。というよりも、どちらかと言えばカツカツな方が多い。合意の上のセックスとはいえ、ヤりたいのはどう考えたってこちらだけなのに、だからとラブホ代を全額負担なんてとても無理だった。
 つまりラブホ代を兄が出してくれるのは、家の中で抱かれるくらいなら自腹切ってでもラブホを選ぶ、というだけにすぎない。
 半ば脅すみたいに関係してしまったし、その後も負担ばかり強いているのに、体を気遣って欲しい程度の要望はあるものの不平不満がほぼないまま、もう嫌だと拒否られることもなく続いているのがいっそ不気味ですらある。
 当初は動画なり写真なり残して、それをネタに脅してむりやりにでも関係を続ける気でいたが、兄があまりにもあっさり抱かれることや彼女を作ることを諦めるのを了承した事と、絶対に何か誤解したままだとわかっていたから、あの夜、兄にカメラを向けるようなことはしなかった。だから、逃がすわけ無いだとか、兄を自分のものにしたいだとかを確かに言ったけれど、それらは言葉だけで強制力なんてなにもない。
 なのに一向に逃げ出す素振りすらない兄が、いったい何を考えてこんな関係に付き合い続けているのかわからなかった。
 抱かれるセックスが思いの外良くてハマっただとか、こちらの好意が正しく伝わって兄の中で恋人として認識されただとか、そんな都合の良い展開になった訳ではないことははっきりしている。
 初回が、酔いつぶれて弛緩した体を丁寧に慣らしまくった末の挿入だったのと、兄が思いの外協力的なのもあって、今まで女性との性経験しか無かった男二人のセックスでも、それなりにお互い快楽は拾えていると思う。協力的なのは一緒に気持ちよくなりたい意思でというより、単純に痛いのが嫌だからという可能性もあるけれど、とりあえずの所、肉体的にはそこまで兄の体に苦痛を与えてはいないはずだった。
 でも実の弟に押し倒されて突っ込まれて、それなりだろうと気持ちよくなってしまう、という状況を苦々しくは思っているだろう。
 誘いを断られることはないが浮かない表情を見せていることが圧倒的に多いし、たまに明るく応じることがあっても空元気にしか見えないし、素直に気持ちが良いと言って喘ぐくせに、突っ込んで揺すっている最中に時折ホロリと涙を流す。生理的な涙だと言い張るのであまり突っ込んで聞けていないが、絶対に嘘だと思っているし、体はともかく精神的には間違いなく苦しいのだろうと思ってもいる。
 一応、雄っぱいは年中無休で、兄が揉みたいと手を伸ばしてきた時は好きに揉ませているけれど、そんなの兄にさせている事と比べたら余りにささやかすぎるお返しだ。
 お返しだと思っているから、そういう時は抱きしめたいのすらグッと我慢しているけれど、こちらが手を出さないのをわかっているからか、以前と変わらず安心しきって甘えてくるのが辛くもあった。
 兄が穏やかに笑ってくれたり、とろりと甘えた顔を見せてくれるのは、結局のところ雄っぱいに張り付いている時だけなのだ。それだって、一度でもそんな兄をそのまま抱きしめ押し倒すような真似をすれば、警戒されて二度とそんな姿を見せてくれなくなるかも知れない。
 わかっているから手なんか出す気はないけれど、こんな風に甘えてくれる兄を抱きたいのにという欲求だけは着々と高まっていくから、どれだけ抱いても甘やかにとろける顔など見せてはくれないセックスを、このまま続けることに少しばかり迷い始めている。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

兄は疲れ切っている8

1話戻る→   目次へ→

 確かに、その体だけでも手に入れてしまおうという考えから、兄を追い詰めるような真似はしているかもしれない。でも惨めな思いをさせたいなんて思っていない。
 優しくするのも、可能な限り一緒に気持ちよくなろうとするのも、体だけ手に入れば満足だなんて欠片も思っていないからだし、いずれはその心ごと手に入れてやろうと思っているからだ。こんなの、絆されてくれる可能性をわずかでも上げたい下心に他ならない。
 でも兄は絶対にそんな下心には気づいてないだろう。嫌がらせで抱かれるのだと思わせてしまったのは、本当に失敗したと思う。
「その、嫌がらせとか言って悪かったよ。彼女できそうって言われたからこんなことしてるのは事実だけど、彼女作られる前に俺のものにしたくて焦ったってのが理由、だから」
「ああ……」
 納得と絶望が混ざるような息を吐かれた後、今日だけで終わりじゃないんだ、と呟くように告げられた。
 胸が痛いのは、兄にとってはこちらの想いなんて絶望の材料にしかならない、という現実を突きつけらたからに他ならない。そんなのわかっていた。わかっていたけれど、それでもやっぱり胸は痛んだ。
「そりゃ、ここまでやって、そう簡単に逃がすわけない」
 彼女作るのは諦めてと言えば、困った苦笑顔のまま、それでもわかったとあっさり了承された。
「なんか、ずっとものわかりいいよな。もっとブチ切れたり罵られたり、敵わないのわかってても暴れられたりするかと思ってたんだけど」
「だってお前、俺が逆らったら乱暴にするんだろ。結果同じなら、なるべく酷くされないようにするだろ」
 何がオカシイのか、ふふっと笑った後で、兄がゆるっと抱きついてくるから驚く。驚きながらも、抱える腕に力を込めて抱き返してしまえば、腕の中から再度ふふっと笑いが漏れた。
「俺をお前のものにする気だったから、優しくしてた?」
「まぁ、そう」
 ああ、笑われたのはそのせいか。そう思いながらも肯定を返せば、相手はそっかと言って腕を解く。体を離そうとする力に従ってこちらも腕を緩めてやれば、少しだけ体を離した相手から、近距離の真正面から見つめられる。つい先程ふわっとした笑いをこぼしていた割に、全く笑っていない、やっぱりどこか苦しげな真顔だった。
 ドキリと心臓が嫌な感じに跳ねて、けれどそっと目を閉じながら近づいてくる兄の顔を、避けることも押し止めることも出来ない。柔らかに唇が押し付けられるのをただただ受け止めてしまう。
「続き」
 軽いキスを繰り返されるのを呆然と受け止めていれば、焦れた様子で唇が僅かに離れたタイミングでそんな囁きがこぼされた。
「俺を、お前のものにするんだろ?」
「ああ」
 肯定を返しながら、触れた唇が離れていかないように相手の頭に腕を回す。引き寄せてもっと深く触れ合いたいと舌を伸ばせば、すんなりと相手の口の中に迎え入れられた。
 クチュクチュと互いに舌を触れ合わせて、互いの唾液を吸って啜られ、混乱と興奮とが増していく。再度相手を押し倒しても、もちろん何の抵抗もされない。腿の隙間に手を突っ込めば、自分からゆるく足を開いたし、先程解した尻穴に触れ力を掛けていけば、そこはあっさり指を飲み込んでいく。
「んぅぅっっ」
 さすがに苦しそうに呻いたので、キスを中断して体を起こし、尻穴を弄る方にだけ集中した。相手の抵抗はやはりなく、大きく足を開かせても素直に従い、その体勢を自ら維持までしてくれる。
「ぁ、……あっ、そこっ」
「やっぱここ、いい?」
「ん、ぅん、きもちぃ」
 更には、積極的に良い場所を教えてくれる。気持ちがいいと伝えてくれる。ただ、グズグズにとろけて甘えてくれるような気配は、逆に一切なくなった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

兄は疲れ切っている7

1話戻る→   目次へ→

 そろそろいいかと、埋めていた指を軽く引き抜けば、ビクリと兄の体が震えてまたあちこち強張ってしまう。ああ、失敗した。
「そうビビんなよ」
「んなこと、言った、って」
「さっきまではちゃんとアンアン言えてたんだから、ちゃんと気持ちよくなれるって」
「なに、それぇ」
 だから体の力を抜いとけと続けるはずだったのに、苦しげと言うよりは困ったようにふにゃりと歪んだ泣きそうな顔をして、舌足らずに吐き出された声が子供みたいで小さく笑ってしまう。このままもっともっとグズグズになっていけばいいと思う。
「なんで指三本も突っ込まれるまで気づかなかったと思ってんの。俺が優しく、やさしーく、ここ慣らして拡げてやったからだよ」
 緊張からキツく食まれたままの指を小さく揺すりながら、意識なかったくせにけっこう気持ちよさそうな息漏らしてたよと教えてやった。
「だからさ、さっきみたいに可愛く鳴いて、俺を楽しませてよ」
 どうせなら一緒に気持ちよくなろうぜと言えば、泣きそうな瞳を迷うみたいにゆらゆらと揺らしながら、嫌だとでも言うようにゆるゆると首を振る。
「もしかして、痛くてもいいからさっさと突っ込んで終わらせろって思ってる?」
「そ、ゆ、わけじゃ……」
「んじゃいい子にして俺に甘やかされとけって。しっかり可愛がってやるからさ」
 何を想像したのか、血の気が失せていた頬にうっすらと赤味がさしていく。甘やかされて可愛がられろという言葉への反応がこんなだと、そこまで嫌悪感があるわけでもないのかと期待したくなる。脅したから諦めて従っているだけだと思っていたんだけど。
「なぁ、今、なに想像した?」
「えっ?」
「どんな風に甘やかされたいとか、可愛がって欲しいとか、もしあるなら言っていいけど」
「言ったら、すんの?」
「出来る範囲でな」
「お前、って」
「なに?」
 再度ゆるく首を振ってなんでもないと言われたけれど、なんでもないわけがない。
「なんだよ。言えよ。気になる」
「嫌がらせで抱くくせに、なんでそんな優しくすんのかと、思っただけ。けどっ、考えたら、わかった、から、っも、いい」
 だんだんと息をつまらせ苦しげに眉を寄せながら吐き出していた兄の目から、とうとうボロリと大粒の涙がこぼれ落ちて驚いた。兄はすぐにギュッと目を閉じ、目元を隠すように上げた腕を押し当ててしまう。
「わかったって、何が?」
 問いかける声が掠れているから、内心舌打ちしながら自嘲する。さすがに少し焦っていた。
 兄はもちろん、何がわかったかなんてことを教えてくれはしない。唇が震えているから、きっとまだ泣き続けている。
 迷った末、埋めていた指をゆっくり引き抜いた。泣いてる相手をそのままに、行為を続行する気にはなれなかった。
 兄の上体を抱え起こしながら目元を隠す腕を払い除け、涙に濡れた顔を間近に覗き込む。兄はそっと視線をそらして、困ったようにゴメンと言った。
「ごめんって、何が?」
「泣いて、ごめん」
「謝る必要ないけど、理由は知りたい。何がわかって、泣くほど辛くなったのか」
 こちらの必死さに気づいたのか、兄が困り顔のまま小さく笑う。
「聞くなよ。もう、充分惨めだから。これ以上追い詰めんなって」
「いやだって、あんた絶対なんか誤解してるだろ、それ」
 嫌がらせかと言われた時に、認めるようなことを言わなければ良かったと今更思う。今までの報酬を体で払えも、まずかったかもしれない。兄に彼女ができそうだからこんなことしてんだろと指摘されて、その通りだからこそ、少しだけ悔しかったのだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

兄は疲れ切っている6

1話戻る→   目次へ→

 やっぱりなんでと問う声に、なんでだと思うか問い返してやる。
「なの、わかっなぃ」
 わからないから聞いてんだろと言いたげに睨まれたので、再度グッと前立腺を押し潰すように指先に力を込めた。
「ひぃぁあっ」
「バカなの? 自分の立場わかってる?」
 押し込む力はすぐに緩めたけれど、トントンと緩やかに刺激を送り続けながら問いかける。
「たちば、って、ぁ、も、やめっ」
「意識あるとは言っても、まだ酒抜けきってないだろ。しかも既にこんなにケツ穴拡げられてんだぞ。俺相手に力勝負で勝てないのもわかってるよな。その状況で相手煽るような真似したらダメだっつうの」
 親切に教えてやったのに、いまいち伝わらなかったようで、あえかな吐息と疑問符混じりに煽るってなんだと聞き返されて苦笑する。
「逃げらんないの分かり切った状況で、相手に反抗的な態度取ったら痛い目見るかもよ? ってこと」
「はんこう、てきって、お前、だって」
「こんなことされて不本意なのわかるけど、いい子にしてたほうがお得だよ」
 痛いより気持ちいい方がいいだろと続ければ、絶望した顔で、マジで突っ込む気かと確認された。
「そうだよ」
「俺に、カノジョ、できる、から?」
「あれ? わかってんだ」
「っは、いやがらせ、かよ」
「まぁね。散々人の胸弄り回してストレス発散してたくせに、胸デカイ女と付き合えそうだからお前はもう用済みだ、なんて言われたら面白くはないよね」
「そ、っなつもり、じゃ」
「そんなつもりはなくても、そう言ったのと同じなの。仕事大変そうだなって思って無償で付き合ってたのあまりにバカらしくなったけど、別に金が欲しいわけじゃないからさ。今までの報酬体で払って貰おうかと思って。兄貴のない胸揉んだって楽しくないし、一応穴はあるんだから、そこで一発抜かせろよ」
 だんだんと眉間にシワを寄せて聞いていた兄が、泣きそうな顔で苦しげにゴメンと吐き出した。謝られたいわけじゃないし、泣かせたいわけでもなかったけれど、今更引けるわけもない。
「謝んなくていいから、俺に抱かれる覚悟決めて。覚悟っつうか、諦めてくれるだけでいいけど。俺のが圧倒的に力あるっつっても、あばれる男押さえつけて無傷で突っ込めるかは難しいと思うし、それで気持ちよくなるのはもっと難しいだろ」
「わか、った」
 思いの外あっさりと了承されて拍子抜けではあったものの、やはりショックは大きいようで、兄の顔は蒼白でやはり今にも泣き出しそうだ。
 意識がはっきりと戻った上に、今から抱くという宣言を受けて、体のあちこちが緊張しているのもわかる。尻穴に突っ込んだままの指は、気持ちがいいを通り越して痛いくらいにギュウギュウと締め付けられていた。
「緊張してんね」
「そりゃ……」
「時間たっぷりあるし、抵抗しなきゃ無理やりどうこうなんてことしねぇから安心しろよ」
 ちょっと深呼吸してみなと促せば、素直に従い深く息を吸い込んでいく。ゆっくりと吐き出されてくる息は震えてしまってなんだか痛々しいけれど、それも繰り返すうちにだんだんと治まっていった。それに伴い、体のあちこちに無駄に入っていた力もゆるりと抜けていく。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁