俺が眠らせてあげるから2

1話戻る→   目次へ→

2章 もっと知りたい

【翌日の事務所】
シュン:昨日はありがとうな

ケイ:あ、修司さんと連絡取りました?
  :鍵、勝手に借りちゃった件とか

シュン:ああ、うん、鍵な
  :あっちも、渡しそこねて悪かったってよ
  :あと、感謝してたぞ

ケイ:感謝されるほどのことはしてませんけどねぇ

シュン:でも驚くほどぐっすり眠れたらしい
  :あんなに寝れたの久々だって

ケイ:なら良かったです

シュン:もしかしたらリピートあるけど
  :また頼めるか?

ケイ:いいですよ〜
  :(全然喋れなかったからなぁ)
  :(シュンさんが可愛がってた後輩、気になってるのに)

【2週間後】
ケイ:修司さん、こんばんは〜
  :2週間ぶりですね
  :(ってまただいぶ酷い顔してんなぁ)

修司:これ

ケイ:あ、鍵ですね!
  :ありがとうございます、お預かりします

ケイは受け取った鍵をしまった。
修司はフラフラとした足取りで寝室へ入っていく。

ケイ:(これもう相当眠いやつ〜)
  :(こんな状態になる前に呼んでくれればいいのに)
  :ねぇ修司さん

修司:ん?

修司はさっさとベッドの中で横になっている。
隣に潜り込み寄り添いながら、その頬をそっと手のひらで包み込む。

ケイ:あなたが安心して眠れるなら、俺はいつでも駆けつけますからね
  :ケイが必要だよ、って言ってくれさえすれば

修司:ふっ……

ケイ:(あ、今ちょっと笑った?)
  :今日はそれだけ、覚えてから眠って?

修司:ああ
  :おぼえとく

ケイ:じゃあ目ぇ閉じて

修司:頭

ケイ:もちろん撫でてあげますよ〜

修司:ん

ケイ:ふふっ、気持ちよさそな顔
  :おやすみなさい、修司さん

修司:ん……スー……

ケイ:(相変わらずはっやっ!)

暫く様子を見てからそっとベッドを抜け出す。

ケイ:修司さん、寝てますよね?
  :じゃあ俺、帰りますから
  :いい夢、見て下さい

起こしてしまわぬよう小声で囁いた。

【2週間後】
ケイ:修司さん、こんばんは〜

修司:ケイくん、こんばんは

ケイ:最近は随分顔色良くなりましたよね
  :(ついでに随分小綺麗にもなったよね)
  :(髪とかしたり髭剃ったりの余裕が出来たなら良かった)

修司:まぁこの頻度で来てもらってれば、な
  :よく眠れて体調も随分いいよ

ケイ:数日置きですからねぇ

修司:負担になってない?

ケイ:ちっとも!
  :ほんとは毎日だって呼ばれたいくらいですけど

修司:ふっ

ケイ:今、笑いました!?

修司:いや笑ってない

ケイ:(確かに顔は笑ってないけど)
  :(ああ、笑ってる顔、見てみたいなぁ)
  :本気で言ってますからね、俺

修司:知ってる
  :いつもあっさり寝落ちる俺は、楽な客の部類なんだろ?

ケイ:ちがっ!
  :いや、違ってないけど、でも!
  :毎日呼ばれたいのは楽だからじゃなくて!

修司:いいよいいよ
  :そっちにもメリットあったほうが気楽に頼みやすいし
  :だからほら、今日も頼むよ

ケイ:もー
  :じゃあはい、ベッド入って
  :てかたまには頭撫でる以外も試しません?

修司:もっと色んなテクを見せつけてやりたい的な話?

ケイ:そう、って言ったら腕枕させてくれる?

修司:いやぁさすがにそれは
  :その、楽してるとか言って悪かったよ
  :だからいつも通りで

ケイ:はーい

頭を撫でてやればゆるりと修司の目蓋が落ちていく。
程なくして寝息が聞こえてきた。

ケイ:(あーあ、もう寝ちゃった)
  :(気持ち良さそうな寝顔だなぁ)
  :(安心して眠ってくれるのは嬉しいけど)
  :(眠るまでが早すぎるよ)
  :(修司さんともっと話がしたいのに)
  :(修司さんが起きるまで、待ってちゃダメかなぁ)
  :(まぁダメに決まってんだけどさぁ)

寝顔を見ながら悶々としている内に終了時間が来てしまう。
帰らなければと思いながらもベッドを出られない。

【朝】
ケイ:(完全に業務違反やらかした)
  :(でももう、ここまできたら)
  :(修司さんが起きるの見届けずにいられないよね)

修司:んんっ……

ケイ:修司さん?

修司:ん……けーくん?

ケイ:(わぁ〜、寝ぼけた声、新鮮!)
  :そうです

修司:あれ?
  :んん??

ケイ:よく眠れました?

修司:うん、それは
  :え、朝?

ケイ:朝ですね
  :おはようございます

修司:えっ!?

修司がガバリと身を起こす。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。