俺が眠らせてあげるから5

1話戻る→   目次へ→

5章 恋人になりたい

【朝のリビング】
ケイの作った朝食を一緒に食べている。

修司:結局、ケイくんが朝ごはん用意するようになっちゃったよね

ケイ:だって、修司さんに俺が作ったご飯食べて欲しくて

修司:って言われちゃうから
  :俺もついつい甘えちゃうんだよなぁ
  :ケイくんのご飯美味しいし

ケイ:もっと甘えてくれていいですよ?
  :(ちゃんと嬉しいのに……)
  :(でも好きって気づいちゃったから)
  :(胸の中もやもやする)

修司:どうかした?

ケイ:え?

修司:少し浮かない顔してる
  :お泊りの頻度多すぎて、ケイくんが寝不足になってない?

ケイ:(ないとは言い切れないかも……)
  :大丈夫ですよ
  :だから泊まるのなしって言わないで?

修司:そうは言ってもさ

ケイ:俺が泊まるの、迷惑じゃないでしょ?
  :添い寝の依頼も続けてくれてるし
  :嫌ならはっきりダメって言うなり
  :俺を呼ぶの止めるなりしてるはずだよね?

修司:迷惑ではないけど心配はするよ
  :ケイくんの添い寝があるのとないのとで
  :睡眠の質が違うの自分でわかってるから
  :ケイくんの体調が悪くなれば俺の睡眠にも関係してくる

ケイ:(俺を心配するのは安眠確保のためか)
  :(そりゃそうだって思うのに)
  :(胸、痛い……)

修司:ああ、本当に具合悪そうだな
  :食べ終えたら今日は帰るといい
  :それとも、今すぐ帰るかい?

ケイ:や、やだ!

修司:ヤダって言われても……

ケイ:本当に平気だから
  :帰れなんて言わないで
  :だって俺が修司さんとこ来れるの
  :添い寝の依頼入ったときだけなんだよ?
  :少しでも長く修司さんと一緒に居たいよ

必死に言い募るが逆効果だったかもしれない。
微妙な顔をされて、しまったと焦る。

ケイ:あ、その……
  :ごめんなさい、俺
  :あまりに必死過ぎだった
  :あの、もしかしてドン引き……?

修司:ドン引き、ではないけど

ケイ:ないけど?

修司:お金になるわけじゃないのに
  :ケイくんが俺と一緒に居たがる理由がわからなくて
  :前に友達になりたいって言われたときも驚いたけど
  :トラウマ持ちの引きこもりで睡眠障害まである男の
  :何がそんなに興味をひくのかなって

ケイ:そんなの……
  :(どうしよ、なんかずっと胸痛い)
  :好きになっちゃったから、ですよ
  :(ああ、言っちゃった)

修司:ん?
  :今、好きって言った?

ケイ:言いました
  :この前、友達になりたいって言ったけど
  :でも多分本当は
  :恋人になりたいんだと、思う

修司:恋人……

ケイ:眠れないなら毎晩だって隣で一緒に寝てあげたいし
  :気持ちよさそうに眠ってると嬉しくて仕方ないし
  :添い寝屋キャストやる上でいっぱい研修受けたり
  :売れっ子って言われるくらい実績出したり
  :そういうの全部、修司さんと出会うためだったのかもって
  :最近は、そんな事まで考えてる

修司:いやちょっと、待って

ケイ:やっぱ男の俺じゃ、ダメですか?

修司:そうじゃなくて
  :あー……

修司が言葉を探すのを、ただじっと待ってしまう。

修司:驚いたけど気持ちはありがたいと思うよ
  :ただ友達にはなれないって言ったのと同じ理由で
  :今はとてもじゃないけど
  :恋人なんて作る気になれないんだ

ケイ:そ、ですよね……

その後、気まずいまま時間だけが過ぎていく。
結果、朝食後には修司の家を後にした。

ケイLINE:シュンさん、ごめんなさい

シュンLINE:どうした?

ケイLINE:俺、修司さんのこと好きになりました

シュンLINE:え?

ケイLINE:客に本気になるなんてキャスト失格ですよね
     :俺のこと、クビにしますか?

シュンLINE:気が早いな
      :というか二人で俺をからかって遊んでないよな?

ケイLINE:そんなことするわけないでしょう

シュンLINE:なら本気ってのを信じるけど
      :それ恋愛感情でって意味だよね?

ケイLINE:そ、です

シュンLINE:修司には?

ケイLINE:言いました
     :気まずくなりました
     :もう俺ホント何やってんだろ

シュンLINE:ホント何やってんだよ
      :で、修司はなんて?

ケイLINE:今は恋人作ろうと思えないからって
     :俺が男だから無理とは言われなかったけど
     :それは気を遣ってくれただけかも?

シュンLINE:実際、今は恋人どころじゃないんだろ
      :そういやケイはどこまで事情聞いてるの?

ケイLINE:元カノの話は聞いてます

シュンLINE:知ってて告白したのか

ケイLINE:だってなんかもう抑えられなくて
     :どんどん好きになっちゃうから
     :なんか苦しくって

シュンLINE:なるほどな
      :相性いいだろうなとは思ってたけど
      :そうか、どんどん好きになっちゃうか

ケイLINE:シュンさんのせいですよ!
     :ってことにしたいくらい、やらかしてる自覚はあります
     :なのでクビでも受け入れるので

シュンLINE:修司だけが特別で、他の客で問題起きそうにないなら
      :オーナーとしては辞められる方が困るかな

ケイLINE:修司さんだけが特別です

シュンLINE:なら処分は修司次第かな
      :クレーム来たら考えるわ

ケイLINE:クレームはわからないですけど
     :さすがに次の依頼はないと思うんですよね

シュンLINE:それはどうかなぁ
      :あっちはあっちでケイのことかなり気に入ってるから

ケイLINE:未練残っちゃうから止めてくださいよそういうの

シュンLINE:はいはい
      :じゃあ、修司の件は俺の預かりで

ケイLINE:わかりました

【数日後】
シュンLINE:【朗報】
      :喜べ、修司から次の依頼が来たぞ

ケイLINE:素直に喜べません
     :ていうか行かないとダメですか?

シュンLINE:行きたくないの?

ケイLINE:気まずいですって
     :そもそも行っていいんですか
     :オーナーとして止めるべきとこじゃないですか?

シュンLINE:でも修司がケイ以外じゃ眠れそうにないって言ってるし
      :アイツのこと、諦めずに支えてやってよ
      :あ、これ、オーナーとしての指示じゃなくて
      :アイツの先輩からのお願いなんだけど
      :どう?

ケイLINE:どうなっても知りませんよ?

シュンLINE:俺は自分とこのキャストも可愛い後輩も信用してる

ケイLINE:もー!

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。