俺が眠らせてあげるから6

1話戻る→   目次へ→

6章 元カノ訪問

【修司の家の寝室】
部屋は暗く、いつもの添い寝体勢でベッドに入っている。

修司:今日も、来てくれてありがとうな

ケイ:俺、言いましたよね?
  :必要だよって言われたら駆けつけますよって

修司:そうだけど
  :色々お断りしちゃってるしさ
  :いつ愛想尽かされてもおかしくないし

ケイ:でもそれって
  :今はまだ人と深く関わるのが怖いからでしょ?
  :いつかまた人と関わりたくなった時に
  :俺を友達とか恋人とかに選んで貰えればいいかなって

修司:ケイくんのそういう前向きなとこ良いよね

ケイ:惚れてくれていいですよ?

明るく言い放って笑えば釣られたように修司も笑う。

修司:んふふ
  :考えとくよ

ケイ:ぜひ前向きにお願いしますね
  :(この前気まずくなったけど)
  :(ちゃんと話せてるし笑ってもくれるし)
  :(今はこれで満足しないとな)
  :さ、そろそろ目ぇ閉じて

修司:もう閉じてる

ケイ:じゃあお休みなさい、いい夢を

修司:うん、おやすみ

すぐに修司の寝息が聞こえてくる。
しばらくはそのまま様子を見て深く寝入るのを待った。

ケイ:(もういいかな?)
  :(この後予定ないし今日も泊まっちゃお)

眠るつもりで目を閉じたその時。

【ピンポーン♪】
ケイ:(あれ、こんな時間に客?)
  :(このまま出なければ留守と思って帰るかな?)

【ピンポーン♪】
ケイ:(あ、ダメだ)
  :(修司さん起こしたくないし、とりあえず俺が出るか)

そっとベッドを抜け出して玄関へ急いだ。

ケイ:どちら様ですか?

由香:修司?
  :私、由香

ケイ:(由香?)
  :(修司って呼び捨てたし、もしかして元カノ!?)

由香:お願い開けて、話があるの
  :ねえ、お願いだから

【ピンポーン♪】
ケイ:(あ、またチャイム鳴らしやがった)
  :(まさか出るまで鳴らす気か?)

【ガチャ】
修司が起きてしまわないよう渋々ドアを開ける。

由香:良かった修司!
  :って、誰?

ケイ:初めまして由香さん?

由香:修司のお友達?

ケイ:ではないですね
  :(お断りされちゃったしね)

由香:じゃあなんで修司の家にいるの?
  :え?まさか引っ越した?

女は焦った様子で表札を確認している。
その間にケイ自身も部屋の外へ出てしまう。
絶対に入れないと思いながら背中でドアを塞ぐように立った。

ケイ:修司さんの家で間違いないですよ
  :彼、今、眠ってるんで静かにして貰えます?

由香:眠ってるって具合でも悪いの?
  :看病に来てる知り合いだってなら私が代わるわ
  :あなたもう、帰っていいわよ

ケイ:そういうわけに行きません
  :そもそもあなたが何者かも知りませんし
  :(元カノだろうとは思ってるけどね)

由香:彼女よ

ケイ:恋人は居ないって聞いてますが

由香:それは……

ケイ:恋人を語る得体のしれない女なんて
  :ますます家に上げるわけには行きませんね

由香:違うわ
  :今はちょっと別れてるだけで
  :本当に恋人なのよ

ケイ:(は?何言ってんだコイツ)
  :(二股の挙げ句、婚約して修司さん振ったんじゃないのかよ)
  :今は別れてるなら恋人じゃないでしょ
  :元カノはお呼びじゃないんでお帰り下さい
  :でもって二度と来んな

キツめに吐き捨てれば嫌そうに顔を歪める。

由香:というか本当にあなた何者なの?
  :寝てるって言っても修司居るんでしょ?
  :だったら本人に確かめてきなさいよ
  :由香が来たよって
  :絶対喜んで部屋に上げてくれるわよ

ケイ:本当に自分勝手なんですね
  :寝てるって言ってるのに確かめてこいって
  :つまり彼を起こせってこと?

由香:そこまで具合が悪いわけ?
  :ちょっとくらいなら平気でしょ?

ケイ:ダメです
  :そもそも俺が、あなたを修司さんに会わせたくない

由香:なんでよ!
  :というか私のこと知らないでしょ

ケイ:会うのは初めてでも最悪な元カノの話は聞いてますって

由香:修司は私を最悪な元カノだなんて言わないわ

ケイ:(確かにそうは言ってないけど何だこの自信)
  :(修司さん優しいから相当この人甘やかしてたんだろうなぁ)
  :(ダメとか迷惑とか、ほんっと全然言わない人だし)
  :婚約者居るんでしょ
  :そんな女性が夜に別の男性宅を訪れていいんですか?

由香:だからちょっとそのこと含めて相談というか
  :とにかく修司と話がしたいのよ

ケイ:修司さんを余計なトラブルに巻き込まないで欲しいんですけど
  :別れてるならもう修司さん無関係でしょ

由香:無関係じゃないわよ
  :付き合ってたんだから

ケイ:まさか自分からフッたんだから
  :未練があるはずとか思ってませんよね?
  :そんなもん残ってないし、
  :むしろあなたとのことはトラウマになってますし
  :つまりこれ以上修司さんに関わるなって言ってんですよ

由香:トラウマ?

ケイ:そうですよ
  :人間不信と睡眠障害であの人ボロボロでしたよ

由香:人間不信と睡眠障害?

ケイ:俺は頼まれて添い寝してる添い寝屋です

由香:添い寝って、え、修司と一緒に眠ってるってこと?
  :え、うそ、気持ち悪い
  :なんでよりによって男なんかに添い寝頼むの

ケイ:それだけあなたが残した傷が大きかったってことですってば!
  :女性とは同じベッドに入れないそうですよ

:つまり私にフラれてゲイになったってこと?
  :それ本当なの?

ケイ:(違うけど訂正する気になれない)
  :最近だいぶマシになってきたんです
  :あなたのことは極力思い出させたくないんです
  :だからお願いします、帰って下さい
  :そして二度と修司さんと関わらないで下さい

由香:あなたは修司が好きなの?

ケイ:好きですけど
  :それが?

由香:なんだ
  :じゃあ私と復縁されるとあなたが困るってだけじゃないの?

ケイ:はぁ!?
  :復縁なんかするはずないだろ
  :というか婚約者いるだろ
  :その状態でまた二股かける気かよ
  :どんだけ修司さん傷つける気だよ

由香:婚約は破棄するかもしれないし
  :そうしたら別れるし二股にならないわよ

ケイ:身勝手なのもいい加減にしろ
  :本気で修司さんとやり直したいなら
  :せめて婚約破棄されたあとで来いよ
  :絶対奪わせないけど

由香:恋人でもないくせに

ケイ:恋人じゃないのはお互い様だろ
  :とにかく俺が居る時は絶対会わせないから
  :諦めて帰って

由香:わかったわよ!

女の姿が見えなくなってからホッと安堵の息を吐いた。
寝室に戻って修司が眠っているのを確認する。

ケイ:修司さん

起こさぬように小声でそっと呼びかけた。

ケイ:元カノ、追い返しちゃったけど……
  :(もし知られたら何て言われるかな)
  :(余計なことしたって言われないといいんだけど)
  :元カノに未練なんて、ない、よね?

不安から微かに声が震えている。

ケイ:泊まるつもりだったけど今日は帰りますね
  :いい夢、見て下さい

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。