俺が眠らせてあげるから7(終)

1話戻る→   目次へ→

7章 手放せないなら恋人に

【ピコン♪】
ケイ:(あれ、修司さんからLINE?)
  :(今夜の依頼はないはずなのに)

修司LINE:昨日の夜、由香と会ったって本当?

ケイ:(なんで知って……)
  :(って、どう考えてもあの女が話したんだよな)

ケイLINE:本当です

修司LINE:泊まらず帰ったのはそのせいだったりする?

ケイLINE:多少は……

修司LINE:直接会って話聞きたいんだけど
     :今日、家来れる?

ケイLINE:はい

ケイ:(添い寝関係なく呼ばれるの初めてなのに)
  :(ちっとも嬉しくないよ)
  :(むしろ何言われるか怖い)

【修司の家のリビング】
促されて緊張しながら対面の席に座る。

ケイ:それで聞きたいことっていうのは……

修司:由香から聞いたんだけど
  :俺にこれ以上関わるなって言って追い返したの?

ケイ:そうですね

修司:由香との事が俺のトラウマになってるとか
  :だからケイくんに添い寝頼んでるとか
  :そういうのも言ってくれたんでしょ

ケイ:すみません

修司:なんで謝るの

ケイ:余計なことまで話しすぎたと言うか
  :腹立って守秘義務守れなかったと言うか

修司:ああ、そうか
  :でもケイくん、俺のことお客ってあまり思えない
  :みたいなこと言ってたしね

ケイ:でも仕事として、お金貰ってる立場ですし
  :それはもっと自覚してなきゃいけないのに

修司:由香から追い返されたって聞いて
  :嬉しかったから気にしなくていいよ

ケイ:嬉しかったんですか?

修司:うん

ケイ:良かった……
  :余計なことするなって、怒られるのかと思ってました

修司:なんで?

ケイ:だってあの女、じゃないや由香さんが

修司:由香に何言われたの?

ケイ:すっごい自信満々に
  :修司さんが復縁を喜ぶはずだって

自信満々の部分を強調すれば修司から苦笑が漏れる。

修司:それはさすがにないけど

ケイ:ですよね〜

修司:でも由香らしいというか
  :俺がそう思わせるような彼氏だったせいだな
  :不快な思いさせてゴメンな

ケイ:不快というよりは不安ですかね

修司:不安?

ケイ:もし由香さんに未練あったらどうしようかと

修司:そういや由香にも俺を好きって言ったって?

ケイ:事実ですから

修司:由香を追い返したのは客の俺を起こさないためだけじゃない?

ケイ:当たり前でしょう
  :少なくとも来客の報告くらいはしますよ
  :結局由香さんから聞いちゃったみたいですけど

修司:由香が俺に接触してこなかったら
  :何もなかったことにしたかった?

ケイ:そうですね
  :知られたくなかったです
  :だって聞いてますよね?

修司:何を?

ケイ:俺が、絶対奪わせないって言ったのとかも

修司:ああ、うん、聞いた

ケイ:恋人でもないくせにって言われたし
  :それは事実で……

胸に痛みが走ってつい俯いてしまう。

修司:困ったな

ケイ:えっ?

慌てて顔を上げれば確かに困り顔だけれど笑っていた。

修司:添い寝依頼も未だ止められないのに
  :こんなの知ったらますます君が手放せなくなりそうで

ケイ:えっ、じゃあ
  :(これってチャンスだよな?)
  :俺を恋人にしちゃえば……

修司:そうしたい気持ちは確かにあるかな

ケイ:それなら!

修司:でも両想いなら即恋人にってわけにも行かないでしょ

ケイ:え、なんで!?
  :俺と恋人になるの怖いですか?

修司:いや、ケイくんとなら
  :もっと関係を深めていけそうって思えてる

ケイ:なら他に何が問題ですか?

修司:俺の独占欲?

ケイ:ってのはどういう意味です?

修司:だって恋人が他の誰かと添い寝してるの
  :嫉妬しないでは居られないよ

ケイ:あ、なんだそんなこと

辞めると告げれば何故か慌てられてしまう。

ケイ:(あれ?ホッとしてくれるんじゃないの?)

修司:そんな簡単に言わないで
  :ケイくんは先輩のとこの売れっ子でしょ
  :結構な額稼いでるんだろうし
  :それを手放せとは言いにくいよ
  :今の俺じゃ金銭的フォローは何も出来ないし

ケイ:俺、本業大学生って知ってますよね?
  :今度の春卒業ですよ

修司:それは知ってるけど
  :まだそれなりに先だよ

ケイ:ほんの数ヶ月ですって
  :もともと続けられるかわからないんだし
  :今辞めたって惜しいことなんかないです

修司:でもその数ヶ月でも先輩としては

ケイ:それもです
  :多分シュンさんおめでとうって言ってくれますよ

修司:え、何がおめでとう?

ケイ:俺、シュンさんに報告済みなんです
  :修司さん好きになっちゃったって

修司:ええっ!?

ケイ:修司さんを諦めずに支えてやってって
  :俺の背中押してくれたのシュンさんです

修司:ま、じで……

ケイ:マジですね
  :あ、じゃあシュンさんに聞いてみましょうよ

携帯を取り出して軽く振ってみせる。

修司:聞くって何を?

ケイ:修司さんとお付き合いするから仕事辞めていいですかって

修司:本気で?

ケイ:もちろん

ケイLINE:修司さんと付き合いたいから仕事辞めたいんですけど

ケイ:はい、送りました

LINE画面が見えるよう修司の前に置いてやる。

【ピコン♪】
ケイ:あ、返信早い

修司:……まじか

ケイ:なんて返ってきました?

修司:ほら自分で確かめなよ

シュンLINE:わかった
      :店のことは心配しなくていいから
      :修司のこと、よろしく頼むな

ケイ:ね、大丈夫だったでしょ

ケイLINE:任せて下さい!

ケイ:シュンさんにも任せてって送っちゃったし
  :これで恋人にしてくれなかったら泣いちゃいますよ俺

修司:これで断るわけ無いだろ
  :好きだよケイくん
  :俺の恋人になって下さい

ケイ:やった!
  :修司さん大好き!
  :これからは恋人の俺をよろしくお願いします

喜びで頬が緩むのを抑えられない中、修司の顔が近づいてきてそっと唇が塞がれた。

<終>

後日談を読む→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。