抱かれたら慰めてくれんじゃないのかよ3

1話戻る→   目次へ→

 誘うと決めた時から、体の準備はしてきている。だから相手の指は難なく受け入れることが出来たのだけれど、他者の指が体内というか腸内を探る違和感はなかなかに凄かった。
 あっさり受け入れてしまったせいか、相手の動きに容赦がないのも原因の一つかもしれない。初心者どころか全くの未経験なのだから、もう少し優しく触れてくれればいいのに。
「っ……なぁ、」
 妙な声を上げてしまわないよう必死で息を整えながら呼びかける。
「なに?」
「ん、慰めて、……ぁ、くれんじゃないの、かよ、ぁっ、ゃ、んんっ」
 喋りやすいようにと途中で一瞬指の動きを止めてくれたものの、言い終えればまた、グチュグチュと中を掻き回されて慌てて口を閉じた。慰めという名の優しさをくれるつもりはないらしい。
「逆に聞くけど、俺に、可哀想にだとか、辛かったねだとか、そんなこと言われながら、頭撫でられてキスの雨降らされるみたいなセックス、したいわけ?」
 可哀想にだの辛かったねだのの言葉はさすがに要らないが、撫でられたりキスされたりならしたい。だってベッドに上がってから先、彼の手はアナルを広げるためだけにこの体に触れている。唇なんて、この体のどこにも触れていない。
「なら、お前の慰めるって、なに」
 返答を待つようにまた指の動きを止めてくれたので、されたいとは言わずに、逆にこちらからも問いかけてみた。ただ、答えはわかっているような気もする。全く好みでもない男を抱くっていうだけで、相手からすれば大きな譲歩に違いない。きっと、抱いてあげてるでしょって、返ってくるんだろう。なのに。
「わざわざ俺を選んで抱いてくれって頼む理由、一つしかないでしょ。いいよ。あいつの名前、呼んでも」
「はぁああ!?」
「そんな驚くような事?」
 想定外の言葉に驚きの声を上げてしまえば、相手は一瞬怯んだ様子を見せた後、ゆっくりと埋めていた指を抜き取っていく。違和感からの開放に思わずホッとしてしまったが、抜かれてしまったことへの戸惑いもあった。充分広がったから慣らすの終わり、って意味ではなさそうだからだ。
「いや、だって……」
「さすがに、あいつがどんな抱き方するかを考えながら、あいつの代わりにあんた抱く、みたいな器用さはないから、そういう期待があるなら捨てて。というか、期待はずれだってならやめる?」
「いや、いやいやいや」
 そんなこと全く思ってもいなかったし、またしても想定外すぎる返答に、ただただ否定のような何かを繰り返す。というか、止めたいのは相手の方なんだろうと思ってしまって胸が痛い。胸の痛みに気を取られて、それ以外を口に出せなかったというのも大きい。
「なにそれ。どういう反応?」
「いやいや、だって、そんなこと、考えてなかったっつーか」
「じゃあ何を期待して俺を誘ったって言うの。慰めてって、何して欲しいわけ?」
 お前に優しく抱かれてみたかっただけだよ、なんて、当然言えるはずがなかった。
「あのさ、やたらな相手と関係持ちたくないって気持ちはわからなくないけど、お金出せば、他の男の名前呼んでも優しく抱いてくれる男、買えなくないと思うよ?」
 まさかこんな提案をされるとは思わなかったし、この男はそうやって買った男を、彼の名前を呼びながら優しく抱いたのかも知れないという想像に、ますます胸が締め付けられる。名前も顔も知らない、金を出せば抱けるような男相手に、紛れもなく嫉妬している。
「俺、が、……」
 こんなことを提案しても、きっと無理って言われるんだろう。
「あいつの名前、呼んでいいっつったら、お前、俺をあいつの代わりに、抱けたりすんの?」
 絶対にもっと傷つくだけだとわかっているのに、それでも口からこぼれ出る言葉を止められなかった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。