オメガバースごっこ1

ここがオメガバースの世界ならの続きです。

最終話→   目次へ→

 お付き合い開始の了承を半ば強引にもぎ取った夜、姉から直接電話が掛かってきた。
 今までも散々、仮にここがオメガバースの世界なら番を得たアルファなのだから、という理由であれこれ口出しはされてきたけれど。まさか番ではなく恋人という形で、本当に付き合い出すとまでは思っていなかったんだろう。
 自分たちの関係について、何かを問うような連絡は初めてだったので驚く。同時に、抜きあうような関係になった事は一切知らせなかったくせに、付き合うことになったのは速攻で知らせたらしいことに、なんとも言えない気持ちになった。
 もちろん、いくらBLな内容で盛り上がる関係だったとしても、自分のエロ体験を幼馴染として育ってきた年上の女性相手に語れるわけがない彼の気持ちはわかる。エロ体験の相手が弟の自分では尚更躊躇うだろう。
 それはわかるが、エロが絡まない体験談も、どうせなら控えて欲しかった。姉からすれば身内とは言え他人事だろうし、身近なところで起こったリアルな題材に、ただただ興味と興奮を向けてくるだけに決まってる。
 ついでに言うなら、自分自身の交際をネタに姉とキャッキャとはしゃげるのだとしたら、少しばかり落ち込みそうだった。相手が腐男子で男同士のあれこれに耐性があるというか、交際申込みに不審そうな顔をしながらも比較的あっさり頷いてくれたのは、物語の中の経験を自分も体験できる的な下心混じりだとわかっているからだ。
 彼女が出来たら終わりと明言されてはいたが、誘えば抜き合いに応じてくれたし、その行為に嫌悪がないのはわかっていたし、相手からの好意をそれなりに感じていたから、押せば落ちると思っていたのは事実で、彼が腐男子であることはこちらにとっても好都合ではあったのだけれど。でも、それを速攻で腐仲間と楽しむネタにされるのは、精神的に少し堪える。
 しかも相手はあの姉だ。オメガバースの世界なら、という前提ではあっても、身内が同性の番を得た設定をあれだけ楽しんでいたのだから、リアルにお付き合いが開始されたところで反対されるとは欠片も思っていないが、あの調子でリアルの関係に口出しされてはたまらない。
 確信を持って言えることだけれど、弟の自分よりも腐仲間として可愛がっている相手の肩を持つに決まっているし、番を得たアルファ教育だったものが、スパダリとかいう超人教育に変貌してしまったらと思うと憂鬱すぎる。
『それで、決め手は何だったの?』
 交際を持ちかけたのは間違いなく自分の方で、彼がオメガではないただの男であることも理解しているし、むしろ本当には存在しない番契約では、彼を自分のそばに縛って置けないのがわかっているから恋人になった。という簡単な説明をしたあとの問いかけに、小さなため息を吐き出した。
 これを言ったら、なぜ突然付き合おうなどといい出したかの理由が、姉から彼に流れるんだろう。むしろ彼の方から、姉に理由を聞いて欲しいと頼んだ可能性さえある。
 これはきっと、そういう電話だ。
 BL本の読み過ぎで感覚がおかしくなってるのではと不安そうにしていたし、正直なところ、その可能性は自分でも完全に否定は出来ないのだけれど、それでもあの時、彼を本当の意味で自分のものにしたいと思ってしまった。番という絆で自分に縛っておくことができるオメガバースの世界を羨んだくらいに、彼を他の誰かに渡したくないと思ってしまった。
 オメガバース世界の番なら、発情期だとかフェロモンだとか本能だとかで簡単にセックスまでたどり着けるのに、なんていう下世話な発想とは違う独占欲に気づいたら、取り敢えず恋人という形で手に入れてしまおうと思うのは当然だろう。なんせ相手は浮気とか二股とかを相当気にしていると言うか、絶対に無理という態度なので、恋人にさえなってしまえばそう簡単に他の誰かに持っていかれることはない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です