彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(目次)

キャラ名ありません。全10話。
高校3年生×大学1年(視点の主)。幼馴染。
幼馴染の親に頼み込まれて家庭教師を引き受けた視点の主が、彼女が居たら受験勉強頑張れるという幼馴染に、彼氏だけどと恋人ごっこを持ちかける話。
クリスマスから卒業までの4ヶ月を、季節イベントに絡めて書いていこうというチャレンジをしてました。
最終的にごっこではない本当の恋人になります。

エロ描写があるのは最終話だけです。一応タイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 恋人になってみた
2話 クリスマス・イブ
3話 クリスマス
4話 初詣 1
5話 初詣 2
6話 バレンタイン
7話 ホワイトデー
8話 卒業 1
9話 卒業 2
10話 卒業 3(R-18)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

リバップル/魔法使いになる前に

 付き合い始めたのは中学を卒業する直前頃で高校は別々だった。
 初めて相手を抱いたのは高校最初の夏休み中で、そこから先ずっと、自分が抱く側でもう十年以上が経過している。
 互いの高校にはそれなりに距離があったし、大学時代はもっと距離が開いた。就職は取り敢えず同じ県内となったが、やっぱりそう頻繁に会えるような距離ではない。
 離れているのだから、浮気は仕方がないと思う部分はある。なんせ相手はそこそこモテる男で、別にゲイというわけでもない。自分が相手だからこそ、抱かれる側に甘んじてくれているのだと、それはわかっているし感謝もしている。
 浮気は仕方がないと思う気持ちはあるが、でもそれを知りたくはないし聞きたくもない。多分相手も同じように思うのか、こちらの交友関係にはあまり触れてこなかった。まぁ聞かれた所で、こちらにはやましい事など一切ないのだけれど。
 月に一度程度飲みに行って、互いの近況を語って体を重ねる。そんな、まるで惰性で続けているだけみたいな関係が、もう数年続いていた。
 好きといえば好きだと返るし、一緒に過ごす時間はやはり心地よい。だからまぁ、いつか相手に自分以上の本命が出来るまで、こんな感じでこれから先もダラダラと続けていくのかなと、ぼんやり思っていたのだ。
 彼の口から驚きの爆弾が落とされたのは、彼が二十代最後の誕生日を迎えた三日後の週末だった。平日の誕生日なんて直接祝えるわけがないので、当日はメールだけ送って、要するに土曜の今日は二人で彼の欲しいものを買いに行く。
 買い物の後はちょっと美味しいものでも食べて、ちょっといつもより甘さ多めの夜を過ごすという、まぁこれも例年通りの誕生日後の週末の過ごし方をする予定だった。
 いつもなら待ち合わせは近隣の大きめな駅改札とかなのに、一度家に寄って欲しいと言われて、直接相手の部屋に向かう。ドアを開いた相手はなんだか酷く緊張した顔をしていて、誕生日どころではない何かがあったのかと、不安と心配が押し寄せた。
「何かあった?」
「何か……というか、今年の誕生日プレゼントのことなんだけど」
「ああ、うん。予算は去年と同じくらいな」
「いや、要らない」
「えっ?」
 拒否されて、一瞬時が止まったような気がした。え、これ、まさかの別れ話?
「あ、いや、欲しいものはあるんだ。でも、買えるようなものじゃなくて……」
「うん。なるべくプレゼントできるよう考えるから、取り敢えず言ってみて」
 ゴニョゴニョとらしくなく言い渋る相手を促せば、相手の顔が少しずつ赤くなっていく。恥ずかしい話題かな? と思った所で、蚊の鳴くような声が、抱かせてと言った。……ような気がした。
「えっ……?」
「誕生日プレゼント、今年はお前が、欲しい」
 ああ、聞き違いじゃなかった。
「え、えっと、俺が抱くことに、不満が出てきた?」
「違う。不満なわけじゃない。ただ、ど、童貞のまま三十路に乗るのはちょっと……と思ったら、二十代最後の誕生日くらいしか、お前に抱かせて欲しいなんて、言えないと思って……」
 本日二度目の、一瞬時が止まる体験をした。
「えええええええっっっ!?」
 大声を上げてしまったせいか、相手は赤い顔のまま驚きで目を瞠っている。
「ちょっ、おまっ、童貞って……」
「あ、当たり前だろ。中学でお前と付き合って、お前が初めての恋人で、そのままこの年まで来たんだぞ。どこで童貞捨てろってんだよ」
「え、いや、だって……ええぇぇ……」
 今度のえーは尻すぼみに消えていった。だってお前、高校から先現在まで、モテまくってんの知ってんだぞ。なんで童貞のままなんだよ。どっかで一人くらい食ってないのかよ。
 そんな思いがグルグルと頭をめぐるが、これを口にだすのは絶対にマズイということはわかっていた。
「俺に抱かれるの、絶対に嫌か?」
 へにゃんと眉をハの字にしてしょんぼりした顔に、衝撃はそこじゃないと慌てて否定を返す。
「嫌じゃない。嫌じゃないけど!」
「嫌じゃないけど?」
「あー……その、……初めてなんで、優しくして、下さい……?」
 何言ってんだという気持ちが襲ってきて顔が熱くなったが、相手は酷く安堵した様子でホッと息を吐いている。
「それは、うん。大丈夫。だと思う」
 抱かれる側に関してはお前より良くわかってるわけだし、どうしたら気持ちよくなれるかもわかってるからと続いた言葉に、ますます体温の上昇を感じた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

童貞が二人 1

 小さな部屋の真ん中で、成人したばかりとはいえとっくに成長期を終えたそこそこ大柄な男性二人が顔を突き合わせ、二人の間に置かれたゴムとローションとイチジク浣腸を持て余すように見つめる図というのは、なんとも情けないよなと内心思う。
 この後やることはわかってる。知識は一応ある。問題は、どっちがどっちの役をやるかという点だ。
 男同士ではあるけれど、いろいろと紆余曲折あって恋人となったからには、やっぱりセックスだってしてみたい。キスをして、互いの体に触り合って、それだけでも充分に気持ちいいけれど、出来れば好きな人と体を繋げる経験をしてみたい。
 そこまでは互いの気持ちを確認済みだった。二人共がそう思っているなら、これはもう、やるしかないだろう。
 場所は一人暮らし中の相手の家だ。実家から通学圏内の自分と違って、彼は大学近くに下宿している。恋人という関係になる前から、たびたび遊びに来ていた彼の部屋は、割と立地が良い。しかも居心地がいい。思うに、この部屋の存在がなければ、今の関係もなかったかもしれない。
 男二人でラブホという勇気はないので、片方だけでも一人暮らしをしてて本当に良かった。キスも、触りっこも、初めてはこの部屋の中でだった。いやまぁ初めてだけじゃなく、キス以上のことをこの部屋の外でやったことはないけれど。
 だから二人でワーワーギャーギャーマジかよって言いながら方法を調べて、ジャンケンで負けたほうが必要な物を買いに薬局まで行って、でもそこから先が問題だった。
 互いに相手を抱く側になりたいその理由は明白だ。
 童貞に抱かれるなんて怖い。この一言に尽きる。でもお互い童貞だから、相手に強気で出ることも出来なかった。
 自分が傷つくのはもちろん嫌で、でも相手を安心させるだけの材料もない。
「ジャンケン……とか?」
 それで負けたからってちゃんと覚悟が決まるかは甚だ疑問だと思いながらも、このまま二人黙りこんでいても埒があかないと口に出してみた。
「それもありっちゃありだけど、それよりさ、やっぱ上手い方が抱く側になるのが良いと思うんだよな」
「どう判定するんだよそれ」
「そう。俺はそれをずっと考えてた」
 お前、黙ってる間そんなこと考えてたのか。てかそれを言うってことは、何かしら判定方法が見つかったってことなんだろうか。
「それで、結論出たのか?」
「うんまぁ、考えた中で一番良さそうなのはさ、同時に相手のケツ穴弄り合って、先に気持ちよくなったほうが入れられる側。ってのなんだけどどうだろう?」
「っ……」
 かなり想定外の返答に、思わず言葉に詰まってしまった。
「あ、やっぱドン引き?」
 苦笑顔に、うううと唸る。互いに互いのを握って扱き合うのの、アナル弄り版って事らしいが、どうなんだそれ。そんなのってありなの?
「ジャンケンする?」
「ちょっと待って。考えてる」
「俺、お前のそういうとこ、ホント好き」
 へへっと笑った顔が近づいて、軽いキスを一つ奪っていく。
「即バカ言うなって言わないで、一度はちゃんと考えてくれるとこ、好き」
「俺はお前の、その突拍子もない発想が、好きだから」
 口に出したら、なるほどと何故か自分の言葉に納得してしまった。
「ん、じゃあ、取り敢えずそれ、試してみるか」
 言えば相手が嬉しそうに、そして幸せそうに笑ったから、多分これで良かったのだろうと思った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

雄っぱいでもイケる気になる自称ノンケ1

 自他ともに認めるおっぱい星人な自分は、常日頃男同士の猥談でおっぱいの魅力について語りまくっていたが、それと同時に、彼女居ない歴を着々と更新しつつある童貞だということも周りに知られまくっている。
 自分のモテ期は第二次性徴が来る以前の小学校半ばくらいまでで、当時どころか幼児期からおっぱい星人を自覚していた自分は、胸の膨らみのない女子になどまるで興味がなかった。子供の自分に、将来胸が大きくなるだろう女子と取り敢えず懇意にしておくなどという社交性はなく、それどころか女の価値はおっぱいにあるだとか、胸がでかくなってから出なおせだとかの直球をぶつけてお断りしたせいで、女子から総スカンを食らう結果になった。
 マズイことをしたと認識したのは、まわりの女子の胸が立派に育ちだした中学入学以降で、遠方の私立校に逃げられるような経済的余裕など我が家にあるはずもなく、そのまま近くの公立高校へ大半の同級生と共に進学するしかなかった結果、最低男の烙印は剥がれることなく今も付いてまわっている。
 後悔はしてもしきれないが、開き直る気持ちもあって、おっぱい星人としての道を邁進中だ。
 そんな中、友人の一人が、お前におっぱい揉まれてもいいってヤツが居るけどと言い出した。今年の新入生らしい。
 なんせ小学校時代からの悪評で、同級生どころか上級生や下級生にも要注意おっぱい星人として知られているから、そんな奇特な子が居るなんて驚きだ。というか、取り敢えずお試しでお付き合いしてくれるとかではなく、いきなりおっぱい揉み放題だなんて、どんなビッチだ。
 しかしビッチだろうがなんだろうが、そんなチャンスを逃せるわけがない。
 ぜひ会いたいと食らいついた自分に、友人は満面の笑みを見せたが、その笑みの意味を知るのは早かった。
 相手の新入生は自分を知っているようで、友人が指定したファミレスで待つこと15分。現れたのはやや小柄の、ただし筋肉をムキムキつけた男だった。
 迷うことなく、初めましてと挨拶してから、向かいの席に相手が座る。
 コミュニケーション能力が異様に高いのか、単に空気が読めないバカなのか、意気消沈しまくりの自分に怯むことなく、相手はニコニコと自己紹介を始めた。
 野球部と聞いて、なるほど友人の部活の後輩かとは思ったが、きっと野球部でもこの後輩を持て余しているのだと納得する。男におっぱいを揉ませたがる変態が、男だらけの部活に入ってきたら、そりゃ自分たちの身に害が及ぶ前に誰かに押し付けたくもなるだろう。
 男になんて興味ねーよ、せめて女になってから出なおせ。などと直球をぶつける愚弄を繰り返す気はさらさらないが、さてどうしたものか。にこにこと悪意のかけらもなさそうに笑う新入生の男を前に、なるべく傷つけずにお帰り願う方法を考える。
 しかしどれだけ考えた所で、良い案が浮かぶわけもなかった。
「あー……じゃあまぁ、取り敢えず、胸揉ませてくれ」
 考えるのも面倒になって、おっぱい星人ならおっぱい星人らしく、相手が男だろうと揉まれたい奴の胸は揉んでやろうと口にする。
「すごいっすね。本当におっぱい星人だ」
 何がツボだったのか、新入生は楽しげに笑った後、いいですよと言って更に続ける。
「場所はどうせならウチの部室か、後はやっぱ俺の部屋ですかね」
「お前の部屋だな」
 どうせならで部室という選択肢が出るところが怖すぎる。そう思いながら即答すれば、新入生はわかりましたと答えて立ち上がる。気が早いと思いながらも、抵抗する気もなく後を追った。

続きました→

お題提供:pic.twitter.com/W8Xk4zsnzH

image

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

女装して出歩いたら知り合いにホテルに連れ込まれた

 そいつは友人の友人の友人で、顔くらいは知っているが、たいして話をしたこともない相手だった。そんな相手に街中で声をかけられた時は女装がバレたのだと思って焦ったが、どうやらそうでもないらしい。
 めちゃくちゃ好みのタイプだと言って、躊躇いなく可愛いねと笑ってくるから、なんとなくの好奇心でお茶くらいならしてもいいと返した。
 友人の友人の友人ではあるから、バレた時のリスクは高い。けれど最悪罰ゲームとでも言えば良いと思ったし、女装男にそうと気付かずナンパを仕掛けた相手だって相当の恥辱だろう。
 相手は自分と違って割といつも人の輪の中心に居るようなタイプだけれど、納得の会話術でどんどんと相手の話に引き込まれていく。人を気分よく動かす術にも長けているようで、どう考えたってマズイのに、気づいたらラブホの一室に連れ込まれていた。
 なぜオッケーしてしまったのかイマイチわからない驚きの展開だったが、逆に、こうして女性をホテルに連れ込むのかと感心する気持ちも強い。といっても自分に同じ真似が出来るかといえば、彼女いない歴=年齢の非モテ童貞男の自分には絶対にムリなのだけれど。
 初めて訪れたラブホテルという空間に呆然と魅入っていたら、緊張してるなら先に一緒にお風呂に入ろうかなんて声が掛かって、慌てて首を横にふる。
「じゃあ取り敢えず座る?」
「あの、やっぱり……」
「怖くなっちゃった?」
 帰りたいかと問いつつも、逃さないとでも言いたげに手を取られて握られた。自然と視線はその手へ落ちる。その視界の中、ギュッと相手の手に力がこもった。思いの外強く握られ焦っていると、大丈夫と彼の言葉が続く。
「わかってるよ、大丈夫。俺、男の娘とも経験あるから、心配しないで?」
「……えっ?」
 慌てて顔を上げれば、相手は優しい顔で頷いてみせる。
「えっ……知って……?」
「ん? 君が女装子だってこと? それとも俺達が元々知り合いだってこと?」
 名前を言い当てられて血の気が引いた。
「男の君も良いなとは思ってたんだけど、女装姿も凄くいいよ。可愛いって言ったの嘘じゃないからね? 君がそっちって知れたのめちゃくちゃチャンスだと思って頑張っちゃった。警戒するのもわかるけど、もうちょっと頑張らせてくれない?」
 下手ではないと思うよと言いながら、取られた手を引かれて抱き寄せられる。近づく顔から逃げるように顔を背けて、なんとか口を開いた。
「ま、待って。待って」
「知られてると思わなかった?」
「だって、そんな……そ、そうだ、これ罰ゲームでっ」
 バレたら罰ゲームだった事にしようとしていたのを思い出して咄嗟に口走るものの、あまりにあからさま過ぎて、口に出しながら恥ずかしくなる。相手がおかしそうに吹き出すから、恥ずかしさは更に増した。
「ほんと可愛いな。女装知られたくないなら、他の奴らには言わないよ。2人だけの秘密ね」
 顔を背けたままだったからか、ちゅっと耳元に口付けられて盛大に肩が跳ねてオカシナ声が飛び出てしまった。
「ひゃぅっ」
「良い反応。でもちゃんと唇にもキスしたいなぁ。ね、こっち向いて?」
「や、やだっ」
「俺の事、嫌いじゃないでしょ? だって嫌いだったらこんなとこ付いてこないよね?」
「な、なんでこんなとこ来ちゃったのか、わかんない。ゴメン、ホント、ただの好奇心。てか女装してるけど男好きってわけじゃないし、き、キスも、初めてが男とかマジ勘弁」
「えっ……?」
「ど、どーてー拗らせまくって女装してるけど、俺は、女の子が、好きですっ」
 必死で言い募ったら無言のまま掴まれていた手も腰に回っていた腕もスルリと離れていった。
 相手はよろよろとベッドへ近づくと、そのままボスンとベッドに倒れ込む。
「騙されたー」
「えっ、えっ?」
「ねぇ、本当の本当に、好きなの女の子だけで男はなしなの?」
「今のところは」
「キスもまだの童貞拗らせて女装かぁ……」
「うっ……」
 しみじみ言われて言葉に詰まる。自分で言ってしまったことだし、それを言うなと相手に強いる立場にはなさそうだ。
「俺、結構本気で落としにかかってたんだけど、やっぱ脈なし? 諦めたほうが良い?」
 即答できずに居たら、少しばかり復活した様子で相手が嬉しげに笑う。
「取り敢えずさ、連絡先くらいは交換しない?」
 まずはお友達から始めようという提案に、否を返すことはなかった。

続きました→

お題提供:pic.twitter.com/W8Xk4zsnzHimage

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

リバップル/処女を奪った友人が童貞も貰ってくれるらしい

 その男と出会い、親交が深まるにつれ、友人として好ましいという感情は当然のように湧いた。恋愛的な意味で好きなんだと告げられた時、気持ちが悪いとかフザケルナと言って拒絶することが出来ず、それどころかひとまず距離を置くという道すら選べなかった程度に、その好意は育っていた。
 そんな態度だったから、無理だとか気持ちには応じられないと口にしたところで、やはり期待はさせていたと思う。生殺しだと苦笑されてさえ、のらりくらりと今までと変わらぬ友人関係を続けようとした結果、切羽詰まった相手に押し倒されたのも、今となっては自業自得だったと言わざるをえない。
 せめて抱く側ならと消極的にOKを出したものの、女性相手ですら経験がなかった自分に、男を抱くという行為の難易度は高すぎた。はじめは抱かれる側でもいいからとまで切羽詰まっていた相手は、次回持ち越しも時間を置いての再チャレンジも許してくれず、結果的に自分が抱かれる側になってしまった。
 思いの外気持ちが良かったため、それ以降も結局抱かれるばかり回数を重ねているが、男としてこの状態を良しとしてはいなかった。というか童貞なのに非処女という現状がなんとも居たたまれない。
 自分にも抱かせろと言ったこともあるが、のらりくらりと躱されて、押し倒されて、気持よくさせられて有耶無耶になった事が何度かあって、不信感を持ち始めたというのもある。もともと相手の気持ちが「抱きたいという意味合いが強い恋愛的な好き」だったというのもあって、切羽詰まって一度は抱かれることを了承したものの、抱く側でいいなら抱かれたくはないという事なんだろう。
 まったくもってフェアじゃない。けれどそれを詰って友人関係ごと終える気になるかというと、そういう気持ちには一切ならないのだからどうしようもなかった。
 だとしたら自分の取る道は、彼ではない別の誰かで童貞を捨てるほかない。しかし風俗には抵抗感が強すぎるし、恋人を作れるスキルがあるならそもそも童貞ではなかっただろう。という所で手詰まりだった。
 彼との行為を含んだ関係はなし崩し的に受け入れているものの、それでも、童貞なのに非処女かつ男に抱かれて善がっている自分に対する絶望感は日々押し寄せる。だから、最近何か悩んでる? と聞かれた時に思わず、恋人がほしい。童貞を捨てたい。と口走ってしまったのも仕方がないだろう。
「童貞捨てたいはともかく、恋人なら俺が居るじゃん?」
「何言ってんだ。お前は恋人じゃないだろ」
「えっ?」
「えっ?」
 本気で驚かれ、こちらも驚いた。
「セックスする仲なのに恋人じゃないとか言うわけ?」
「は? セックス出来ないまま友達で居るのが辛いって泣いたの誰だよ」
「え、っえええぇぇ……?」
「何?」
「えーちょっと待って。てことはお前、俺と友達で居るために俺とセックスしたっての?」
「そうだよ。だってそうしないと俺とはもう付き合えないって言われたら、そうするしかないだろ」
「俺、恋愛的な意味でお前好きって言ったよね?」
「だからその気持ちには応えられないって、俺もそう言っただろ」
「えー……」
 いたく不満気で納得の行かない顔をされたが、そんなのこちらだって同じだ。結果的に相手の要望はほぼ受け入れた形になっているのに、なぜそんな顔をされなければならないのだ。
「じゃあ俺とこんなことしときながら、別に恋人作ろうって思ってるってこと?」
「そううまく行かないのわかってるから悩んでんだろ!」
「てかなんで俺が恋人じゃダメなわけ?」
「なんでって……」
「セックス出来るほど友人としての俺に執着してるくせに、なんで恋人にはなれねーのよ」
「そんなの……だって、お前とはずっと友人で居たいと思ってて……」
「友人兼恋人だっていーじゃんよ」
「いやでもだって、そんな、恋愛絡めてお前と揉めるのとかヤダよ」
 友人としてなら上手く行っても、恋人として上手く行くとは限らないじゃないか。そう言ったら、酷く悲しげな顔で見つめられてたじろいだ。
「約束する。もし恋人として上手く行かないと思ったら、そんときゃ友人に戻っていい。だから取り敢えずのお試しでいいから、俺の、恋人になって?」
「でもそしたら俺、お前と恋人の間はずっと童貞のままって事になるだろ。嫌だよ。今だって、こんなに居たたまれないってのに」
「気持ちよさそうにしてんじゃん」
「気持よいのと童貞なのにって思っちゃう気持ちは別なの!」
「じゃあ俺が抱かれてお前が童貞捨てれたら、ちゃんと恋人になってくれる?」
「お前、俺に抱かれる気ないだろ。それにまたどうせ出来ないかもだし」
「俺で童貞捨てたら俺の恋人になってくれるって約束してくれんなら話は別」
 恋人になってよと言いながら見つめてくる顔は、切羽詰まって押し倒してきた時とどこか似ている。卑怯だと思うのに、選べる答えは「約束する」以外なかった。
「約束な」
 嬉しそうに笑う顔に仕方ないなと思う反面、なぜこんなにも彼との友人関係に固執してしまうのかわからず、胸の中がもやもやとして気持ちが悪くなった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁