リバップル/処女を奪った友人が童貞も貰ってくれるらしい

 その男と出会い、親交が深まるにつれ、友人として好ましいという感情は当然のように湧いた。恋愛的な意味で好きなんだと告げられた時、気持ちが悪いとかフザケルナと言って拒絶することが出来ず、それどころかひとまず距離を置くという道すら選べなかった程度に、その好意は育っていた。
 そんな態度だったから、無理だとか気持ちには応じられないと口にしたところで、やはり期待はさせていたと思う。生殺しだと苦笑されてさえ、のらりくらりと今までと変わらぬ友人関係を続けようとした結果、切羽詰まった相手に押し倒されたのも、今となっては自業自得だったと言わざるをえない。
 せめて抱く側ならと消極的にOKを出したものの、女性相手ですら経験がなかった自分に、男を抱くという行為の難易度は高すぎた。はじめは抱かれる側でもいいからとまで切羽詰まっていた相手は、次回持ち越しも時間を置いての再チャレンジも許してくれず、結果的に自分が抱かれる側になってしまった。
 思いの外気持ちが良かったため、それ以降も結局抱かれるばかり回数を重ねているが、男としてこの状態を良しとしてはいなかった。というか童貞なのに非処女という現状がなんとも居たたまれない。
 自分にも抱かせろと言ったこともあるが、のらりくらりと躱されて、押し倒されて、気持よくさせられて有耶無耶になった事が何度かあって、不信感を持ち始めたというのもある。もともと相手の気持ちが「抱きたいという意味合いが強い恋愛的な好き」だったというのもあって、切羽詰まって一度は抱かれることを了承したものの、抱く側でいいなら抱かれたくはないという事なんだろう。
 まったくもってフェアじゃない。けれどそれを詰って友人関係ごと終える気になるかというと、そういう気持ちには一切ならないのだからどうしようもなかった。
 だとしたら自分の取る道は、彼ではない別の誰かで童貞を捨てるほかない。しかし風俗には抵抗感が強すぎるし、恋人を作れるスキルがあるならそもそも童貞ではなかっただろう。という所で手詰まりだった。
 彼との行為を含んだ関係はなし崩し的に受け入れているものの、それでも、童貞なのに非処女かつ男に抱かれて善がっている自分に対する絶望感は日々押し寄せる。だから、最近何か悩んでる? と聞かれた時に思わず、恋人がほしい。童貞を捨てたい。と口走ってしまったのも仕方がないだろう。
「童貞捨てたいはともかく、恋人なら俺が居るじゃん?」
「何言ってんだ。お前は恋人じゃないだろ」
「えっ?」
「えっ?」
 本気で驚かれ、こちらも驚いた。
「セックスする仲なのに恋人じゃないとか言うわけ?」
「は? セックス出来ないまま友達で居るのが辛いって泣いたの誰だよ」
「え、っえええぇぇ……?」
「何?」
「えーちょっと待って。てことはお前、俺と友達で居るために俺とセックスしたっての?」
「そうだよ。だってそうしないと俺とはもう付き合えないって言われたら、そうするしかないだろ」
「俺、恋愛的な意味でお前好きって言ったよね?」
「だからその気持ちには応えられないって、俺もそう言っただろ」
「えー……」
 いたく不満気で納得の行かない顔をされたが、そんなのこちらだって同じだ。結果的に相手の要望はほぼ受け入れた形になっているのに、なぜそんな顔をされなければならないのだ。
「じゃあ俺とこんなことしときながら、別に恋人作ろうって思ってるってこと?」
「そううまく行かないのわかってるから悩んでんだろ!」
「てかなんで俺が恋人じゃダメなわけ?」
「なんでって……」
「セックス出来るほど友人としての俺に執着してるくせに、なんで恋人にはなれねーのよ」
「そんなの……だって、お前とはずっと友人で居たいと思ってて……」
「友人兼恋人だっていーじゃんよ」
「いやでもだって、そんな、恋愛絡めてお前と揉めるのとかヤダよ」
 友人としてなら上手く行っても、恋人として上手く行くとは限らないじゃないか。そう言ったら、酷く悲しげな顔で見つめられてたじろいだ。
「約束する。もし恋人として上手く行かないと思ったら、そんときゃ友人に戻っていい。だから取り敢えずのお試しでいいから、俺の、恋人になって?」
「でもそしたら俺、お前と恋人の間はずっと童貞のままって事になるだろ。嫌だよ。今だって、こんなに居たたまれないってのに」
「気持ちよさそうにしてんじゃん」
「気持よいのと童貞なのにって思っちゃう気持ちは別なの!」
「じゃあ俺が抱かれてお前が童貞捨てれたら、ちゃんと恋人になってくれる?」
「お前、俺に抱かれる気ないだろ。それにまたどうせ出来ないかもだし」
「俺で童貞捨てたら俺の恋人になってくれるって約束してくれんなら話は別」
 恋人になってよと言いながら見つめてくる顔は、切羽詰まって押し倒してきた時とどこか似ている。卑怯だと思うのに、選べる答えは「約束する」以外なかった。
「約束な」
 嬉しそうに笑う顔に仕方ないなと思う反面、なぜこんなにも彼との友人関係に固執してしまうのかわからず、胸の中がもやもやとして気持ちが悪くなった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

リバップル/向き不向き

 たっぷりと垂らしたローションの滑りを借りて、揃えた指先をゆっくりとねじ込んだ。
「ぁっ……」
 既にかなり慣らした後だが、さすがに3本はきついらしい。こらえきれなかった様子で吐き出す息に小さな音が混じった。
「痛い?」
「へ、…ぃき」
 だよな。とは言わずに埋めた指をソロリソロリと少しずつ引き抜いていけば、溢れる声を押さえるように、ギッと歯を食いしばるのがわかる。
「痛かったら言えよー。後、キモチイイも遠慮せず言って?」
 ゆっくりとした速度を変えず、それでも指の根元まで埋めては、指が抜けないギリギリまで引き抜く動作を続けていく。
 自分がこんなことをされたら焦れてたまらなくなって、もっと激しく動かしてくれとすぐにでもねだってしまうのに。想像するだけで尻の奥がキュウと窄まりうずく気さえする。
 もっと激しくなどと自分からねだれない相手は、熱い息を荒く吐き出すばかりだ。もちろん、眉を寄せるその表情が、必死で快楽をこらえているのだということは知っている。
「きもちぃからもっとして、っておねだりしてみ?」
「できる、かっ」
「こんなゆっくりじゃ焦れるばっかだろ?」
「おまぇが、な」
「まぁそれもあるけど。でもたまには俺もおねだりされたいし?」
 ハッと吐き出された息は笑いだ。ムッとして埋め込んだ指をグリグリとねじってやれば、やはり最初だけ音のある声が漏れて、けれどすぐにその口は閉ざされてしまう。
 おねだりできるまで挿れてやらないとか、動いてやらないとか、イかせないとか。そういった根比べは経験的に負けがわかっているし、こちらが抱かれる側になった時にやり返されるのもこれまた経験的に知っている。こちらが焦らした以上に焦らされ続けるのだからたまらない。
 いま出た笑いだって、また泣くまで焦らされたいのか、とでも思われたんだろう。
 泣いてねだっても直接的な刺激を与えてもらえず焦らされ続けた後の、頭のなかが真っ白になるような絶頂を思い出すと、尻の穴どころか腹の奥までキュウキュウと蠢くような気がした。
 肉体的な快楽を追求するなら、正直、抱かれる方があっているようにも思う。いま目の前に体を投げ出しているこの男に、すっかり開発されきったと言ってもいい。
 それでもやはり、自分が抱く側になりたい日もある。自分が男だということを確認したいのかもしれない。
 なし崩し的に受け入れてしまった関係だけれど、元来自分は異性愛者だ。この男が例外なだけで、性愛の対象はずっと女性だった。
 抱かれて感じてこの関係に慣れていく自分の体が怖くなって、女性を買って抱いていたこともある。それを知られた時、色々と話し合って、結局今の形に落ち着いた。
 すなわち、たまに今みたいに互いの立場を入れ替える。自分が抱く側になる。
 本当は自分も相手を前後不覚になるくらい感じさせてみたいのだけれど、自分も、そしてもちろん彼も、あまりそういうプレイは向かないらしい。逆だとあんなにしっくり嵌るのが悔しいけれど。
「おねだりしなくていいからさ、好きって言って?」
「好きだ」
 それはすぐに返された。荒い息に乗せて、言葉は途切れ途切れに続いていく。
「お前じゃなきゃ、こんなこと、させない」
「うん知ってる。ありがとう」
 言いながら指を引き抜いて、まずはキスを一つ。それからようやく、柔らかくほぐれて準備の整った彼の中に自身の性器を埋めていった。
「俺も、大好き。すごく好き。めちゃくちゃ愛してる」
 腰を揺すりながらそんな言葉を繰り返す。快楽の追求は彼に任せて、自分は愛を追求しようと思っていた。
 それに返る言葉はないけれど、声をかけるたびに頬の赤みが少しづつ増していく。恥ずかしさと嬉しさが混ざった様子の、少し困ったような顔にこちらの興奮も増していた。
 先程快楽をこらえていた時も眉を寄せた顔をしていたが、それよりずっとずっと可愛い顔だった。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁