兄は疲れ切っている27

1話戻る→   目次へ→

 あっさり指を引き抜いておきながらも、いいのかと口頭でも聞けば、いいよと言いながら抱きつく腕を解いて隣にぺたりと腰をおろす。
「てかそこまで気、遣わなくても普通に入るだろ。も、かなり慣れてる、し」
 それより、と言って差し出された手の意味がわからない。
「なに、この手」
 手の平を上にして差し出されていたから、反射的にその手の平の上に自分の手を乗せてしまえば、犬みたいと笑われてしまった。
「お手じゃなくて、ゴム」
「ゴム?」
「スキン。またはコンドーム」
「え、何すんの」
「何って、お前に着けてやろうと思って」
「何そのサービス」
「嫌?」
「いや、じゃ、ない」
 けど、と続きそうになった言葉を慌てて飲み込んだ。これが恋人になったからしてくれるサービスだってなら、兄は彼女にこういうことをして貰ってた、ってことなのかと一瞬考えてしまったせいだ。さすがにこういう場面で元カノの、しかも行為の内容に触れる話題がマズイのはわかっている。
「ほら、出して」
 ゴムを渡せばさっさとそれを開封しながら急かしてくるが、ムードも恥じらいもないらしい。いやまぁそんなの今更かと思いながら、下着を脱いでそこらに放った。
「がちがち」
「そりゃあ、ね」
「先に口で少しする?」
「俺シャワーしてないけど」
「知ってるけど。というか前回だってそうだったろ」
 お腹の中を洗うという行為が必要な兄は事前にもシャワー必須みたいなところがあるけれど、さっきも断られた通り手伝わせては貰えないので、自分が事前にシャワーを使うということはほとんどない。
 兄からシャワーを浴びてからにしてくれと言われたことなんてなかったし、準備を終えた兄を部屋に残してバスルームへ向かうのが、なんとなく不安だったというのもある。帰ってしまうとまでは思わなかったけれど、一人にしたら泣くかもとは思っていた。だって不安そうな顔をしていることが多かった。まぁ、一人にしなくたって、抱いてる途中で泣かれることは多々あったわけだけれど。
「嫌じゃないの? てか一応聞くけど、もしかして、したかったりする、の?」
「あ、もしかして引かれてる?」
「引く、っつーか、なんでここでその選択肢? とは思うというか、なんで口でしようかって言葉が出てくるのか、割と謎ではある」
「あー……じゃあ、恋人になったお前には知ってて欲しいんだけど、俺、好きな子には割と奉仕的なの。あと同じ男だからかな。過去に自分がして貰って気持ちよかったこととか、して貰えなかったけど興味あったこととか、お前に色々してやりたいなぁって思ってる」
 フェラはともかくとして、これを口で着けるのはしてみたい、なんて言いながら摘んだゴムを掲げられて、知らなかったなと思う。サービスめいた喘ぎ声を聞かされ続けてきたから、奉仕的ってのはわからなくもないんだけど。でも恋人になった兄は、思っていたよりずっと積極的なチャレンジャーだったらしい。
「えっと、汚れたちんぽしゃぶると興奮する、みたいな性癖持ちの可能性については?」
「さすがにそれはない。とは思う」
「とは、思う……」
「それはさ、お前に汚れたちんぽ舐めさせるのが最高に興奮するって性癖あったら、うっかり引きずられて、お前が興奮するの嬉しくて俺も興奮する、みたいなのはあるかもだけど、現状、お前にそういう性癖ないだろって」
「ないね。てか俺の性癖に引きずられて慣らされる気満々とか、さりげなくエロ可愛い要素ぶっこんでくんのヤメテ」
「お前の性癖に慣らされる気満々、とまでは言ってない。多分」
 そう言いながらも、最後に多分、と付け加えてしまう辺り、言ったも同然だという自覚はあるんだろう。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。