イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった4

1話戻る→   最初から読む→

 ちょっと休憩、と言って立ち上がった相手は玄関へ向かう。少しして、玄関扉が開閉する音が聞こえてきてから、手持ち無沙汰に読んでいた本を閉じて放置された書きかけレポートを手に取った。
 軽く目を通しながら、これなら次の休憩前には書き上がるなと思う。明日の朝イチ講義の提出にはしっかり間に合うどころか、まだ日付を超えてもいないので、睡眠時間だって充分に取れる。泊まりのつもりで来ていたが、一旦帰宅するのだってありかもしれない。
 相変わらず机に向かっていられる時間は1時間程度だけれど、初めて見張ってて欲しいと頼まれた頃に比べたら徐々に休憩を挟むまでの時間は長くなっているし、休憩を終えて戻ってくる時間も短くなっている。
「ただいま」
「ん、おかえり」
 5分と経たずに戻ってきた相手は、真っ直ぐに机に向かうとレポートの続きに取り掛かる。真剣な横顔をジッと見つめてしまっても、集中しているのか気づかれる様子はない。
 彼がようやく二桁年齢になった頃、母親に治療の難しい病気が見つかったそうで、家族全員その対応に追われる数年を過ごした結果、彼自身の学習習慣がほとんど身につかないままここまで来てしまった。というのがどうやら提出物が出せない原因らしい。
 すこぶる頭が良かったせいで、日々の授業を受けるだけで問題なくテストで高得点を得られていたのと中学は家庭事情を考慮されていたのか、高校1年時に未提出課題の多さで留年しかけるまで問題が発覚しなかったというのだから恐ろしい。
 自主的な学習時間なしで大学受験を乗り切るなんてさすがに無理があるだろうと思ったら、高校3年時には塾にも行ったし少しは家でも勉強したとは言ってはいたけれど。その少しは家で、というのも、どうやら家族が協力していたようで、つまりは今時分がしているように、机に向かう彼を家族の誰かしらが見守っていた。
 その頃には母親の容態がかなり落ち着いていたというから、今度は家族全員で彼の大学受験を支えたという話かもしれない。
 彼が実家を離れて大学生活を送れているのも母親の回復があってこそだし、相当大変だったはずなのに、彼が母親の闘病生活含む思い出を語る時はいつも穏やかで幸せそうな顔をしているので、家族の全力サポートが報われたことは本当に良かったのだと思う。
 学習習慣を身につけられなかっただとか、母親が倒れてからは友人と遊んだ記憶もほぼないだとか、自分だったら、大事な学生時代を母親のせいで台無しにされた的なことを思ってしまいそうだから、そんなことは考え付きもしていなそうな彼のことを、かわいそうに思うのはきっと間違っている。学習習慣が身についていればもっとレベルの高い大学を狙えただろうに勿体ない。なんて気持ちだって、自分の価値観での話だということもわかっていた。
 狙った大学への入学も、狙った相手と親しくなることも、たくさんの友人を作ることも、友人たちと遊ぶことも。全部成功している彼に、現状不満は一切ないのだ。高校時代が嘘みたいに、柔らかに笑う顔を毎日のように見ている。
 レポートと向き合う真剣な横顔と、その周りの張り詰めた空気が高校時代を思い出させて、あの無愛想な孤高のイケメンが、今じゃふわふわと笑顔を振りまいているだなんて不思議だよなと思う。決してあの頃に戻って欲しいわけじゃないし、事情を知ったら笑えるようになって良かった以外の感情なんてないはずなのに、それでも時折、あの頃の彼を懐かしく思ってしまうのはなんでだろう。
「おわった〜」
 くるりと体ごと振り向いた相手とばっちり目があってしまったが、思いっきり見つめていた事への言及はなかった。ふにゃんと顔を緩ませ、先程までの硬い雰囲気ごと綺麗サッパリどこかへ押しやってしまった彼は、甘えるみたいに両腕を開いて見せる。
 その腕に誘われてやるのは癪だと思うのに、黙って立ち上がり彼に向かって歩いている自分自身のことがわからない。特別面食いだと思ったことはないし、そもそも男じゃねーかと思っても居るのに、イケメンの緩んだ笑顔にどうにも逆らい難い。
 無愛想イケメンのままなら、ふざけんなの一言で終わらせる自信があるから、もしかしてそれであの頃の彼が懐かしいのだろうか。あの頃のままの彼で居てくれたら、甘える相手を受け入れて、お疲れと言いながら頭を撫でてやるような、どう考えたって男友達相手の対応じゃない真似をせずに済んだだろう。

続きます

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった3

1話戻る→   最初から読む→

 男子校だったのもあって、態度が悪かろうが冷たかろうが顔が良けりゃいいと群がるような女はおらず、常に一人だったし感情を削ぎ落としたような無表情が多かったし、あれで高校生活楽しかったなどと言われる方が驚きだ。自分だって、運悪くクラス委員になどなっていなければ、極力関わらずにいただろう。
 なのに、同じ大学の同じ学部学科に入って一緒に行動することが増えたら、高校時代が嘘みたいに随分と人当たりが良くなって、しかもこのお綺麗な顔で気安く笑顔を振りまくものだから、あっという間に友人が増えて拍子抜けしたのを覚えている。そもそも本当に同じ学部学科に進学を決めてくると思っていなかったせいで、相手も合格したと知ったときには、入学前から大変なお荷物を抱え込んでしまったと暗澹たる気持ちになっていたのに。
 残念ながら進学先も男子学生の割合がかなり高い学部だったので、出来たのは男の友人ばかりだけれど。もし半分でも女子がいる学部だったら、今、こんな関係になっては居なかっただろうか。などと思考がおかしな方向へ行きかけた時、相手の次の言葉が耳に飛び込んできて意識を戻した。危ない危ない。
「あと提出物出さなすぎて単位不足で、という可能性もあった」
「あー、それは納得だわ。てか3年の時はどうしてたんだよ」
 1年時はまさにそれで留年しかけたらしいのは知っている。2年時は自分がしつこく声掛けして出させていた。
 そのせいで面倒見が良いと思われているらしいが、それは担任が部活の顧問だったのもかなり関係している。運悪くクラス委員になってしまったのもそれで、つまり担任からすると自分は、頼みごとのしやすい大変使いやすい駒だったというだけだ。留年しかけた生徒の提出物の管理など、本来ならクラス委員の仕事ではなかったと思う。
 こんな妙な懐かれ方をするとわかっていたら、もっと手を抜いていたかも知れないが後の祭りだ。
「3年の時は先生たちが結構煩かったし、一緒の大学行こって思ってからは、卒業できないの困るから俺もちゃんと頑張って出したよ」
「あっそ」
「2年の時の経験があったからできたと思ってるよ?」
「いやそういうのいいから」
「今だって、レポート提出とか忘れないように何回も確認してくれるの、本当に助かってるんだからね?」
「だってお前が俺にひっついてんのって、完全にそれ目的だもんな」
 進路希望調査を提出しようと歩いていた廊下で、目の前を歩いてきたこいつに通りすがりに手の中のその紙を奪われたのだ。ジロジロと人の進学希望先を眺めたと思ったら、唐突に、じゃあ俺もここ行こうなどと言い出すからわけが分からなくて随分と混乱した。
 だってあの頃はちっとも仲良くなかったし、こいつは無愛想な孤高のイケメンだったし、言い方があまりに一方的だったし、こいつのイカレタ頭の良さなんて知らなかったから留年しかけた奴がじゃあ行こうで行けるわけないだろと思ったし。しかも、なんでと聞いたら、シレッと面倒見てもらえそうだからと返されて、はっきりきっぱり、見るわけ無いだろと返したはずなのに。
 まぁ一方的に面倒を見ているわけではないし、今はもう提出物がなかなか出せない理由も知っているし、自覚はなさそうだが、親しくなるにつれて世話焼き属性を発揮してるのはむしろ相手の方なのだけれど。
「まぁ、同じとこ行ったら大学も卒業できそうとは思ったけど、別にそれだけが目的ってわけじゃなかったよ」
「他の目的って?」
「それはさ、同じとこ行ったら、友だちになれるかな、って思って」
「え、誰と? てか俺と?」
「そう」
「ともだち、ねぇ……」
「だからこうやって誕生日お祝い出来るのも、凄く嬉しくってさ」
 友だちの誕生日祝うのなんて小学生以来だよなんてサラリと言ってくるので、ぎゅっと拳を握りしめる。冷蔵庫の前、運んできた酒をちょうど相手に全て託したところだったので、そうしていないと相手の頭に手を伸ばして、グシャグシャとその柔らかそうな髪をかき混ぜてしまいそうだった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

Mさんへ(メルフォお返事)

火曜の夜に高熱が〜の投稿のあと続報無しだったので、余計にご心配おかけしてしまったかもですよね。
ご心配おかけしましたが、熱の方は昨日には微熱程度に下がっていて、昨日はどちらかというと喉の痛みが辛かったのですが、それも今朝はだいぶ治まってほぼほぼ元通りです。
確かに今は熱が出ての通院は手間がかかりますよね。コロナ後初だったのでドキドキでかかりつけの医院に電話したところ、対応していただけた(時間指定で発熱患者用の部屋に案内という形でした)ので本当に良かったです。

新作も楽しく読んで下さっているようで嬉しいです。
本当は昨日中に作品更新と一緒に熱下がったよと報告するつもりだったのですが、ダラダラと書いてたら夜になってしまったので、もう明日でいいやーと途中で諦めてしまったんですよね。
でも昨日書いてた分が結構な量あるので、明日も1話分更新しますね。
実はもう、ほぼ明日の分は書き終わってるんですよ!(全く自慢出来るような事ではないのですけども、書いた分だけ即出しがあまりに多いので)

 

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

クロさんへ(メルフォお返事)

返信不要とのことでしたが、体調回復したのでお返事させてください〜

ご心配おかけしましたが、今は無事に熱も下がって喉の痛みも大分和らぎました。
どうやら喉の炎症からの発熱だったようで、乾燥する季節ですし、クロさんもお気をつけください。

作品への感想もいつもたくさんありがとうございます。
お仕事お忙しい中、通って更新を読んでくださっていたというだけでも嬉しいですし、それを時々にでもこうして伝えて下さるのですから本当にありがたいと思っていますし、これからもお忙しい時はコメントなどは気にせずお仕事優先して下さいね。

定期的な更新は、そうしないと書かないのが実証されてしまってますしね。笑。
そこそこ続いているのは、何もなくてもただひたすら書きたいほどではなくても、定期的な更新を決めておけば書ける程度には書くことが好きなんだろう。というのとやはり、読んでくださる方たちがいて、こうしてたまに感想をくださる方までいる。というのが大きいですよね。
自己満足で書き散らしてるものばかりですが、それでもそれらを楽しく読んでくださる人がいるというのは、確実に次の話を書く原動力になっています。

二十歳になった従兄弟〜は、ハピエンに持っていくなら視点の主が従兄弟にメロメロするしか無いな、という結論になりました。笑。
新作の方がイケメン強調なのは、前作の攻めが容姿は平々凡々とけっこうしっかりはっきり自称してた(しかもお相手もそれは否定しなかった)ので、その反動かもしれません。
あまりイケメン強調する話は書いてないので、今回はそのへんも楽しみながら書いていきたいなと思ってます。

過去作品の読み返しもありがとうございます。
相手を愛しいと思う気持ちが溢れている、幸せな気持ちになれる、のお言葉とても嬉しかったです。(*ˊˋ*)ワーイ

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった2

1話戻る→

 相手よりも2ヶ月半ほど遅れて20歳の誕生日を迎えたその日、相手はウキウキな顔で様々なアルコール飲料が並んだテーブルを見せた。
「誕生日祝ってやるって、もしかして、これ?」
「ケーキもあるよ。ちっちゃいけど丸いやつ。あとハッピーバースデーのプレート」
 小さなプレートだから名前は書いてないと言われたけれど、充分すぎるというか、想定外すぎる。
「家で、とか言うから、金欠か溜まってるかだと思ってたわ」
「まぁせっかく揃って飲めるようになったんだから、色々試しておきたいし。あとやっぱ誕生日に丸いケーキないのは寂しいからさ」
 2ヶ月半ほど前のこいつの誕生日は、夕飯をデザート付きで奢ってやってまぁまぁの出費になったから、その金が惜しいのかと思っていた。昨年までは互いの誕生日を祝うようなことはしてなかったから、まさかこういう祝い方をしたいタイプとは思わなかった。
「お前、去年とか今年の誕生日、自分で丸いケーキ買って食ったの? 一人で?」
「してないよ。してないけど、去年それでちょっと寂しかったから、今年はお祝いしてって事前にお願いしたんでしょ」
 それはもしかして、夕飯を奢るのでは不満だったという話だろうか。丸いケーキが欲しかったなら、ちゃんと言っておいて欲しかった。というか、つまりこれは今言われてるってことなのか?
「えーと、来年は丸いケーキも用意しろって言ってる?」
「んー……それはどっちでもいいかな」
「なんでだよ!」
「自分の誕生日に丸いケーキがあったら嬉しいとは思うけど、なくてもまた、お前の誕生日に丸いケーキ買ってくればいいかなって」
「じゃあ、お前の誕生日に丸いケーキ買ったら、俺の誕生日はケーキなし?」
「いやちゃんと買うけど」
「なんっじゃそりゃ」
「それよりどれから飲む?」
 ケーキの話は終わりとばかりに、相手が俺はこれと缶を1つ手に取った。
 なんとなくのイメージで、飲み会とはまずはビールからスタートなのかと思っていたが、相手があっさりと低アルコールを売りにしたフルーツ酒の缶を選んだので、取り敢えずは自分も似たようなのを選んでおく。
 色々試しておきたい、という色々は酒の種類を指しているのかと思ったが、アルコール度数が低いものから手を出すというなら、酔った時の状態を段階的に知っておきたい的な話なのかも知れないと思ったからだ。
 たった2ヶ月半の差なので、この間に相手だけが酒を飲むという機会はなく、相手が酒に強いのか弱いのかはわからない。もちろん自分だって、これまで一切飲んだことがないとは言わないが、はっきりと酔っ払うほどアルコールを摂取したことはない。なので、自分だけがさっさと酔った姿を晒すことになるのを避けたかったのも、当然ある。
「じゃあ、他は冷蔵庫しまっとこう。あと、つまみも適当に用意してあるから持ってくるね」
「いや俺も手伝うって」
 いそいそと選ばれなかった酒の瓶や缶の一部を抱えて立ち上がる相手を追うように、自分も残りを抱えて立ち上がる。
「主役は座ってていいのに」
「俺もう結構腹減ってんの」
「ふふっ、素直じゃないなぁ〜」
「なんだって?」
「相変わらず面倒見が良いよねって」
「前から言ってるけど、そんなん言ってんの、お前だけだぞ」
「大学はクラス委員とかないからね」
「じゃなくて。昔っから。高校の時から」
「えー俺、高2の時の委員長がお前じゃなかったら、高校中退してた可能性もあるのに?」
「は? なんで?」
「学校つまんなかったから」
「まぁ確かに楽しそうではなかったけど」
 高校が同じでクラスが一緒だったこともあるが、その頃からの友人ではない。あの頃のこいつは、孤高を気取るいけ好かないイケメン扱いだった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

熱出ちゃったので明日の更新は無理かもしれません(雑記)

久々に38度後半の熱が出てしまって、折角の休日を寝て過ごしました。
そこまでぐったりというわけでもないのですが、コロナ後初の光熱で明日はバタバタしそうな予感(ネットで検索すると発熱外来行くとしてもまずはかかりつけ医に相談してからとか書かれてるので)なので、明日の更新は無理かもしれません。
せっかく更新再開したところなのにすみません〜

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁