解禁日 1

目次へ→

 うっかり惚れて、どうにかこうにか頼み込んで恋人の座をゲットした相手は、かなり真面目な優等生タイプの男だった。校則で不純異性交遊が禁止されているのだから、同性ならばいいなんて話はないと言って、交際開始から高校卒業までのおよそ二年間、手を繋いでキスをするだけの関係に終止した。
 これはきっと、しつこく頼み込んでしまったから仕方無く嫌々付き合ってくれているだけで、高校卒業とともに、スッキリサッパリと捨てられるに違いない。なんて思っていた時期もあるが、それが受け入れられるような生半可な気持ちなら、男相手に告白なんてするわけがない。
 学力差はかなりあったが、偏差値なんて学部学科によりけりな部分もあるし、せめて同じ大学に合格を決めてやると頑張った結果、本当にギリギリだったけれど同じ大学への入学切符を手に入れた。それを相手は、凄いな頑張ったなまだ暫くは同じ学校に通えるなと、泣きそうな笑顔で喜んでくれたから驚いたなんてもんじゃない。それは、自分が思っている以上に相手からも想われているかもしれない事実に、初めて気付いた瞬間でもあった。
 せっかく同じ大学に通えることになったのだから、ぜひルームシェアがしたい。ルームシェアというかむしろ同棲がしたい。
 さすがに同棲という単語は伏せたが、誘ってみたら特に渋られることもなく、親に相談すると返されてその数日後には親の許可が出たと言われた。
 そんなわけで晴れてルームシェアという名の同棲が開始となった三月末、押し倒した相手からセックスは四月以降にと言われて、意味がわからなすぎて混乱した。なんでも、三月中は厳密には高校生だから、らしい。
 おいおいマジかと思いはしたが、ここまで来たら数日くらい我慢してやる。四月になったら覚えてろよと言い捨てて、仕方がないので自室で一人寂しく抜いた。
 そして解禁日の四月初日。
「四月になったんだからヤラせて」
 朝食を終えた直後に、そのままストレートに口にしたら、相手はおかしそうに笑って良いよと言った。
「じゃあ、ちょっと準備してくるから、待ってて」
「準備って?」
 シャワー浴びたいとかなら、どうせグチョグチョになるんだからそんなの後でいいだろって言うつもり満々で聞いたら、平然と中洗って拡げてくると返されて顎がはずれるかと思った。
「えっ?」
「何そんな驚いてんの。男同士でするって、要するにお尻の穴使うってことだろ? 準備もなしに入るわけ無い」
「や、それは、そう、だけど……えっ?」
「だからその、えっ、って何? まさか抱かれたい側だった?」
 抱きたいのかと思ってたんだけどと続いた言葉に慌てて、「抱きたいです」となぜか丁寧語で返してしまう。
「じゃ問題ないよね?」
「いやいやいやあるから。問題なくないから。てか準備が必要なのはもちろん俺だってわかってるけど、中洗ったり拡げたりなんて言うほど簡単じゃないだろ」
「ああ、大丈夫。練習したから」
「はぁああああ?」
 思わず上がってしまった大声に、相手もかなり驚いている。
「練習って……えっ、何、お前、一人でそんな事やってたの?」
「一人でって、そんなの当たり前だろ。お前とセックスするための準備なのに、お前に手伝えとでも言えばよかったの?」
「あーうん、そう。それ。言って欲しかった、かも」
「何言ってんだお前」
「いやだってお前、お前の初めての体をじっくり優しく慣らしてやるっていう脳内シミュレーションを、俺がどんだけ重ねてきたと思ってんの!?」
 これもう明らかな逆ギレだなと思いながらも、言わずには居られなかった。相手は呆気にとられた顔をした後、じわじわと頬を染めて、それからなぜかおかしそうに笑い出す。
「ああ、うん、ゴメン。確かに一人で先走ってたかも。でもさ、これ言い訳かもだけど、四月になってからお前と一緒に慣らすんじゃ待ちきれないって思っただけだよ。俺だって、早くお前に抱かれたいって思ってんだから。それにお前だって、やっと抱けるって思ってから更に何日も我慢できる? 指で弄るだけで挿れないまま終わりに出来る? 無理だろ?」
 色々と衝撃な言葉が詰まっていて、すぐには言葉が出なかった。
「あの、お前も、俺に、抱かれたいって思って、た?」
「思ってなかったら練習なんてしてないってば。というかそもそも一緒に住んだりしない」
「そ…っか、うん、そうか。良かっ、た……」
 なんかちょっとあまりにホッとして、思わず泣きそうになる。
「ちょっ……ああ、もう、ごめんって。抱かれたい気持ちがあるって言っちゃったら、お前絶対引きそうにないって思ったし、俺だって流されて許しちゃうだろうって思ってたんだよ。高校卒業するまではしないなんて、妙なことこだわってて悪いとは思ってたって」
「ん、いい。だって俺、お前のそういうとこも、凄く、好きだし」
 言ったら相手もホッとした様子で、俺もお前が凄く好きだよと、柔らかな声を吐き出した。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 可愛すぎます……。

    by ぽこ 2016年4月15日 10:05 AM

  • ぽこさん、コメントありがとうございます(^^♪
    私も書きながら、この子たち可愛いからちゃんとセックスする所まで見届けよう! みたいな気分になって、続きます宣言してしまいました。笑。

    by レイ 2016年4月15日 10:29 AM

コメントを残す




関連記事

noimage

解禁日 4

noimage

解禁日 5

noimage

解禁日 2

Menu

HOME

TOP