親父のものだと思ってた32

1話戻る→   最初から読む→

「はぁ……」
 詰めた息を吐きだして、体の力を抜こうとしているのがわかる。
 チラりとこちらを窺った視線と一瞬だけ目があったけれど、その目はすぐに伏せられて、ついでに顔も俯けてしまう。じわりと赤くなっていく耳先に相当恥ずかしいのだとわかって、俯かないで欲しいとは言えなかった。
 まぁ、顔が見れると喜べたのはわずかな時間でしかなかったけれど、向かい合っているのだからチャンスはまだある。それに相手の状況は、表情以外からだって色々伝わってくるのだから。
 ひっそりと繰り返される深呼吸に相手の緊張が伝わってきて、こちらも息を潜めてその先を待った。
「んっっ!」
「うっ……」
 クッと腰が沈んで、小さな呻き声とともに相手の体が硬直するのを見ながら、こちらもたまらず小さく呻く。
 相手は動きを止めているのに、ペニスの先端の膨らみが入り込んだ穴は、キュウキュウと何度も収縮している。先端部だけなのに、肉の筒に包まれ揉まれている快感と興奮とで、あっという間に射精欲が湧き上がった。
 それを鎮めるために、硬直したままの相手の体をじっと見つめる。相手の体の状況へ意識を向ける。
「どっか、痛い?」
 吐き出す自分の声こそが、痛みを堪えているかのように苦しげだ。痛いわけではないが、快感をこらえる苦しさは確かにあった。
「へ、いき。でも、ちょっと、待って」
 ゆると頭を左右に振った相手が、再度チラッとこちらに視線を走らせたあとで、深めの深呼吸を始める。ひっそりと行う余裕はないようで、その息遣いははっきりと耳に届いた。
「ぁ……」
 声を漏らしたのは相手ではなく自分の方だ。
 深呼吸を繰り返しながらタイミングを図っているのか、止まっていた腰がゆっくりと落ちていく。
 締め付けが一番強いのは入口付近で、上から順にキュッ、キュッ、キュッ、っと竿の根本までをゆっくり締め付けられていくのが、たまらなく気持ちがいい。
 深呼吸は繰り返されていて、相手はきっと快感なんて拾っていないと思うのに、一生懸命にその体内に迎え入れてくれる姿に胸の奥が熱くなった。
 より強い刺激と快感とを求めて腰をゆすりたいのを、こらえるのが難しい。どうにか耐えていられるのは、相手の必死さが伝わってくるせいだ。
 やっと好きな相手と体を繋いでいる、という感動や興奮ももちろんあった。しかも、相手がこんなにも頑張ってくれている、という喜びやら愛しさやらが混ざって、更に、体が直接受け取っている快感までが混ざって、頭の中がグチャグチャだ。グチャグチャだけど、幸せで、嬉しくて、気持ちがいいのは間違いなくて、こみ上げてくる何かで視界がぼやける。
「はい、った」
 むにっと相手の尻タブが肌に触れたとほぼ同時に、相手がホッとしたようにそう呟き、顔を上げた。
 ずっと相手を見つめていたこちらと目があって、滲む涙に気づいて驚いた後。おかしそうに、幸せそうに、嬉しそうに、笑う。それが最後のひと押しだった。
「あっ! あ、……あぁ……」
 体の中でグチャグチャに絡み合った幸せと喜びと快感が弾けて、次に押し寄せてくるのは絶望だ。
 肉の筒に包まれたペニスがピクピクと震えるのを感じながら、持ち上げた両腕をクロスさせて顔の上に置き、一転して情けなさで溢れる涙を隠した。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた31

1話戻る→   最初から読む→

「わかった。抱く」
 観念してそう宣言し、相手の体から一度離れた。
 ローションと先走りとでドロドロになった手を拭いて、相手が用意していたゴムを装着している間に、相手も起き上がってじっとその様子を見守っている。というよりは、多分、こちらの準備を待っている。
「そう見られてると、なんか気まずいんだけど」
「それはごめん。でも俺もさすがに緊張してて」
「ところで、なんで起き上がってるか聞いても、いい?」
「察してそうな顔してるけど、言わないとダメ?」
「そりゃダメでしょ。てか俺が抱いていいんじゃないの?」
「そうだけど、でもやっぱ自分で挿れたいから寝転がって」
 察してると言われた通り、その言葉を聞いても、そうだと思った、としか思わなかった。思わなかったけれど、それを受け入れるかは別問題だ。
「だよねぇ。で、俺がそれを受け入れて寝転がるって思ってんの?」
「だめ?」
「俺だって主導権欲しいんだけど?」
「そこはほら、最初は自分のペースで受け入れたい、とか、アンアン言わされっぱなしの年上の矜持を考えて欲しい、とか、まぁ、色々あるだろ?」
「あるだろ、とか言われたってさぁ」
「お前がお尻弄ってアンアン出来るまで挿れないって言うから、そこは譲ったよね? だから、今度は俺の番」
 そもそもそこを譲ってくれたと言うか、観念して弄らせてくれたのは、相談もなく勝手に自己開発を進めた後ろめたさとか言ってなかっただろうか。
「覚悟って、お尻弄られる部分だけで、そのまま俺に抱かれる覚悟は出来てなかった?」
「その覚悟もあったつもりなんだけど、てか多分、俺が感じる前にお前が我慢できなくなって突っ込む、って流れだったら受け入れてたかなって思うんだけど、その、あー……本当にアンアンしたら、なんかやっぱ、ちょっと、怖くなって……」
 尻すぼみに細くなった声と、どうしても嫌かと窺うような視線に負けて、大きくため息を吐いたあとで体を倒した。
「もー! ほんと、ズルいな」
「お前のそういうとこ、ほんと、好き」
 そういうとこって、つまりは押しが弱いとこ、ってことだろうか。
 いやでもだって、怖いとか言われたら引くしか無いだろう。少しでも不安を排除して、もうこれ以上は無理だと中断するリスクを避けたいのだから。
 逆に相手の強気は、本気で嫌がったらセックス真っ最中だろうとちゃんと中止してくれる、を本気で信じているからだ。相手のこの強気を最大限好意的に考えれば、途中でもう無理止めてを言わずに済むように、怖い気持ちを晒して回避しようとしてくれているのかも知れないし。
 そんな思考で自分を慰めて、今は相手からの信頼に満足しておくしかない。
「褒めてないよね。で、どうすればいい? こんな感じでいい?」
 こんな会話の間にも萎えることなくしっかり屹立を維持しつづけているペニスは、支えてやらなければ寝転がった状態で天を向くことはないので、なるべく真っ直ぐ上を向くように自らの手で調節した。
「ん。それでいい。じゃ、乗るね」
 言いながら、相手が腰をまたいで乗ってくる。
 前屈みになった体を支えるためにか、両手が腹の上に置かれてしまったので、入っていく所が見える的な興奮はどうやらお預けだ。というか多分、意図的に股間部分を隠しているんだろう。
 けれど、浮かせた腰がもぞりと動いて位置を調整している様子や、何より、緊張を孕んだずいぶんと真剣な顔が見えている。ついでに、自身のペニスで感じ取れる状況もある。
 主導権は渡してしまったが、顔が見れるのは嬉しかった。なんせお尻を弄っている間、ずっと背中を向けられていて、全然顔が見れていなかったので。
「んっ……」
 とうとう先端が窄まりに触れて、相手が小さく息を呑んだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた30

1話戻る→   最初から読む→

「さっきまで、は、なかった」
「興奮してちんこ勃ったから、中も敏感になった感じじゃない?」
「なに、それぇ」
「てか、前立腺って気持ちよくなれる場所じゃないの?」
 本当に気持ちよくない? と聞きながら、再度、指先に触れたままのしこりを撫でてやる。
「ふぁあっっ」
 またビクビクっと体が震えて、ペニスの先から先走りが溢れてくるから、現象だけ見れば気持ちが良さそうなんだけど。というか、今のは声も結構気持ちが良さそうに聞こえたけど。
「もうちょっとだけ弄らせてよ」
「ぁ、でも」
「待ってって言われたらちゃんと止まるから、ね」
 了承は返らなかったが、拒否もなかった。黙ってしまったということは、結局の所、許可が降りたってことだろう。
 手の中のペニスにも意識を向けながら、強い刺激になりすぎないよう注意しつつ、ゆるゆるとその場所を撫で擦る。
「ぁ、……ぁあ……」
 時折か細く漏れ出る声は気持ちが良さそうだし、中を擦る指と同じ速度でゆるゆると扱いている手の中のペニスは、大きく張り詰めて先走りを零し続けている。もう少し強く握って、扱く速度を上げたら、多分間違いなく射精すると思う。
 コクリと自身の喉が鳴る。
 だって、こちらからの一方的な奉仕で、相手だけを気持ちよくイカせた経験があまりに少ないのだ。こちらはさんざん相手に体を任せて、自分だけ気持ちよくしてもらったのに。
 自分だけが気持ちよくイカされてしまう罪悪感とか羞恥心とかは身を持って知っているし、相手の興奮に煽られやすく、自分も早く気持ちよくなりたい欲を隠せないというか、それを見抜く相手に一緒に気持ちよくなろうと誘われたら断れるわけがないので、相手だけを先に気持ちよくイカせる経験が乏しい理由はわかっているし納得もしているんだけど。
「ね、イカせて、いい? てかイッて?」
 発した声は緊張と期待とで少しかすれてしまった。
「ちんこ扱いたらイケるよね?」
「ぁ、ちょ、まっ」
 言いながらペニスを握る手の圧を増やしたら、慌てた様子で待ったが掛かる。
「だめ?」
 待ってとはっきり言われてはいないが、一度ちゃんと両手とも動きを止めて問いかけた。なし崩しに押し流せそうとも思わなくはないが、許可を取らずに追い詰めて「無理」を言われたくはないのだ。
「き、きもちくなれてる、んだけど」
「うん。だから、お尻イジられながらでも、今ならイケそうって思って」
「お前、挿れないの?」
 ずっと枕に押し付けられていた頭が少し浮いて振り向いた。といっても視線は合わず、相手が見つめる先はどうやらこちらの股間だった。ちゃんと見えているかはわからないが、もちろん一切萎えずにバキバキだ。
「俺がお尻でアンアン出来たら挿れる、って、言ったろ」
「そ、だけど」
「じゃ、きてよ」
「ううっ……」
 挿れたい気持ちとこのまま手でイカせたい気持ちとがぶつかって、唸るしか出来ない。
「抱けない、なら、ここまでに、する?」
「はぁ!?」
「だって、挿れたくない、んだろ?」
「何言ってんの。挿れたいに決まってんじゃん。でもこんな気持ちよさそうな穴に突っ込んだら、どこまでそっち気遣えるかわかんないっていうか、俺が気持ちよくなるばっかりで気持ちよくしてあげられないかもだから、先に一度気持ちよくしてあげたいっていうか、俺の手で気持ちよくイクとこ見たいっていうか、そういうのだよ?」
 必死で言い募れば、何故か相手が笑い出す。ただ、動きを止めたとは言えお尻に指が入ったままだし、力は抜いているがペニスだって握ったままだ。
「はは、ぁあ、んっ」
 自身の体の揺れで刺激されるのか、笑いながら喘いでいる。なんだこれ。
「ちょっとぉ」
「ん、ごめ」
「随分余裕あるみたいだし、やっぱ一回イッとこ? 俺の手で、気持ちよくアンアンしながら射精しよ?」
「お、前、だから、おっさんの体力舐め過ぎなんだ、って」
 イカされた後に更に抱かれるとか無理、という訴えに、またしても唸ってしまう。
 本当に体力やら持久力やらに問題があるかは微妙なとこだと思うけれど、それが事実かどうかはあまり関係がない。だって、無理って単語を使ったってことは、その流れは本気で嫌だという訴えだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた29

1話戻る→   最初から読む→

 どんどんと落ちていく腰を支えるために、尻を持ち上げるように押し当てていた左手を外し、開かれた足の合間に差し込んだ。
「ぅぁんっ」
 ペニスを握り込んだ瞬間に、ビクッと大きく体が跳ねて高い声が上がったから、相当驚かせてしまったらしい。
「ごめん、驚かせるつもりはなかった。てかすごいビショビショ。勃ってないのに」
 思わず謝りながらも握ったペニスを確かめるように撫で擦る。言葉通り、我慢汁は大量に出ているものの、ガチガチに張り詰めた射精待ちという状況ではなさそうだ。
 というかこれってどんな状態なんだろう。勃ってないのに先走りばかり垂らす、という経験がないのでよくわからない。
「ぁ、……ゃっ、……あぁ、や、ぁ、ああ」
 ただ、弄っているうちに手の中のペニスはあっという間に質量を増して、連動するようにお尻に埋まったままの指をキュウキュウと締め付けてくる上に、堪えきれないとばかりに漏れ出す声もあって、かなり気持ちが良さそうだ。もっと早く気づいて、ペニスも一緒に触ってあげるべきだったなと思う。
「勃ってきたね。気持ちよさそうな声も出てる。かわぃー声」
 嬉しくて声が弾んでしまう。
「確か、ちんこ気持ちぃのとお尻気持ちぃの錯覚させて、お尻の開発するみたいなのあったよね?」
「し、しらなっ、ぁ、ぁあん」
「そう? でも多分あったはずだから、その方向で気持ちよくなってみよ」
 ペニスを扱く手は止めないまま、お尻に埋めた指の動きも再開する。
「ぁっ、ああっ」
「どう? ちゃんと気持ちぃ?」
「うぅ……ちんちんは、きも、ちぃ、……けど、ぁ、やっ」
「お尻はやっぱ気持ちよくない、みたいな?」
「ん、ぅ、わか、ない……ぁ、なんか、なんか、」
「なんか、なんだろ?」
「あ、やっ、ちょ、あ、まっ」
「恥ずかしいとか善すぎて辛い、とかなら止めないよ?」
 待って、という言葉が出かかったのを察して、釘を差してしまう。もちろん、本当に待っての言葉が出たら、一度止まるつもりはあるのだけれど。でもかなり気持ちが良さそうに見えるから、そのまま快楽に流されてしまえという思いが強い。
「ぅ、でも、ぁあっっ」
「え、どした?」
 突然上がった声に思わず一旦動きを止めてしまったが、相手は口を閉じたままで、暫く待ってみても言葉もなければ動きもない。
 どういうことだ?
 頭に疑問符を浮かべながら、それでもこのままじゃ埒が明かないと、ゆっくりと動きを再開させた。
「ぅあっ、ああっ、ま、まって、まって」
 再度、今度ははっきりと「待って」の言葉が発されて動きを止める。
「そ、そこ、やだ。だめ、へんな感じ、する」
「そこ……って、……」
 明確な何かがあるらしい。というかそれって前立腺かなと思うものの、こちらは未だその存在を把握できていない。
 でも確実にあるうえに、こちらの指がそこに何度も触れている。既に触れているなら、ここより奥にはないのだ。というか深い場所ではない、という知識は元々ある。
 なので、中を探りつつゆっくりと指を引き抜いていく。
「これ?」
「やぁあっっ」
 けっこう引き抜いたところで触れたしこりを意識的に軽く押し込めば、相手の体が震えて嬌声が上がった。ついでに、手の中のペニスが先端からドプッと多めの先走りを零したのもわかった。
「あー……つまりこれが前立腺?」
 でもさっきまではなかったような……と思ったところで、そういや勃起したほうがわかりやすい、という情報があったことも思い出す。ほんと、もっと早くペニスも一緒に触ってあげればよかった。
「うう、やだ、も、さわ、ないで」
「って言われても、こんな手前だと、指突っ込んだらどのみち当たっちゃうでしょ」
 その場所を刺激していたのは指の節だと思うから、避けろと言われても難しい。

続きました→

年内の更新は多分今日が最後です。
1年間お付き合いどうもありがとうございました。
年明けは6日の金曜日から再開の予定です。
突発的に続きが投下される可能性がほんのりあるのと、新年の挨拶は書きたいと思ってます。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた28

1話戻る→   最初から読む→

 興奮が見えたほうが安心する、などと言っていたくせに、仰向けに転がって足を開くのは恥ずかしすぎるらしい。最初は四つ這いだったけれど、あっという間に上体を支える腕が折れて枕に頭を押し付けているし、膝だってしっかり支えているとは言い難いくらい曲がってしまって、腰の位置は随分と低い。
 ただ、気持ちが良すぎて体に力が入らないなどの嬉しい現象ではなく、どうやら元ニートのおっさんの筋力なんてそんなもん、ってことらしい。
 なるほど?
 納得しきれないのは、多分それなりに気持ちよくなれてるっぽいのと、それも含めて恥ずかしくてたまらないだけなんじゃ、と思う気持ちがあるせいだ。
 一応は懸命にお尻を掲げようと頑張ってくれているのだが、中を探る指を締め付けるのに合わせて腰が揺れたり震えたりするのは、気持ちがいいと言われているような気になってしまうし、元々の体質もあるのだろうけれど、最後に海やらプールやらで肌を晒したのがもう10年以上前だという相手の背中は白くて、それがうっすらと赤く色づいている。それだけなら興奮とも思えるけれど、首の裏や耳まで赤いのは、やっぱ興奮ってより羞恥かなと思ってしまう。
 いやまぁ、興奮して赤くなってるなら、それはそれで嬉しいんだけど。
 なんて事を考えながら、差し込んだ2本の指をゆっくりと前後させる。
 自己開発した上に突っ込まれるのを試したいと言っていた相手は、当然事前に準備を済ませていて、ローションを使ってある程度解されてもいたから、最初っから指はするりと入れられた。1本から2本に増えるのは早く、実は既に3本入ることも確認済みだ。
 最初はまだ余裕を見せていた相手が、充分に広がることを確認させたがったせいで、多分、そのまま挿入という展開を狙ったのだと思う。
 1本目の指を含ませたときから、エロい凄いと素直に興奮し、早くここに挿れたい期待を口走っていたから、相手にも期待させたのかも知れない。でも自分だけが気持ちよくなるより、相手と一緒に気持ちよくなりたい気持ちのが断然大きいのだ。
 3本入った指はあっさり2本に戻して、ちゃんと気持ちよくなれるとこを探すのだと宣言してやった。そんなわけで、前立腺を探しているのだが、イマイチよくわからなかった。
 確かそんなに深い場所ではないはず。というのはわかっていても、ついつい、ぬるぬると入り込むのに合わせて指を根本まで含ませるのを止められないのが原因かも知れない。ぐっと押し込んで一旦止めた時の、指の付け根をキュムキュムと食む括約筋の動きが、なんとも卑猥で気持ちがいい。
 ペニスを入れてこんな風に締め付けられることを想像して、股間はとっくに宣言通りギンギンだ。全然見てもらえないから、時々、ほらもうこんなに興奮してるよ、だとか、興奮しすぎてちっとも萎えないと言いながら、相手の太ももに擦り付けてやる。
 そうすると、触れた太ももがわなないて埋めた指をギュウと締め付けてくるのも、期待されてるみたいで嬉しかった。早く挿れてって言われているみたいだ。
「ぁ、も、はや、く」
 それどころか、言葉でもはっきり急かされてしまう。でもその誘惑には絶対負けない。
「だーめ。言ったろ、お尻いじられてアンアン出来るまで挿れないよ。挿れて欲しいなら、気持ちいいとこ教えて。気持ちいいって時に、もっと声出してよ」
「うぅ、……や、だぁ」
 枕に頭を押し当てているから声しか聞こえないけれど、まだまだ快楽に濡れた声とは言い難い。もちろん、苦痛を堪えているような声でもないけれど。
 体の反応を見てるとそれなりに気持ちよくなれてそうなのに。それとも、お尻が揺れたり震えたり、指を食む動きは反射のようなもので、実際はやっぱりちっとも気持ちよく感じてはいないってことだろうか。
 そういやお尻の中を弄ることばっかりに熱中して、相手のペニスの状態を確かめていなかった。仰向けだったら自然と目に入っていただろうけれど、背中を向けられている上に、四つ這いが崩れてかなり腰が落ちている。
 意識して確かめなければ、簡単に目に触れる状態じゃない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた27

1話戻る→   最初から読む→

 ベッドに腰掛け来てと誘えば、少し困ったような顔をしているものの、何も言わずに近づいてくる。
 真正面に立った相手の手を引けば、やっぱり大人しく隣に腰掛け、顔を近づければ察して瞼が下ろされた。キスをしながらゆっくりと相手の肩を押していけば、またしても察した様子で上体を倒していく。
 多少は抵抗されるかと思っていたので若干拍子抜けだ。
「俺が今から何しようとしてるか、わかってる?」
「まぁ、多分」
 俺がどれだけ自己開発したか指突っ込んで確かめたりするんだろ、という、割とド直球な返答に面食らう。というかそれをわかっていて抵抗しないのがいっそ不思議だ。
「嫌がらないの?」
「色々恥ずかしいとか、お前に触られてどうなるかわからない不安とかはあるけど。いやまぁ、嫌かといえば嫌なんだけど」
「嫌なんじゃん」
「そ、だけど。でも、俺が頑張るから俺の好きにさせて、ってのはお前が嫌なんだろ」
「そーだけど。でも、大人しく譲ってくれるとも思ってなかったっていうか」
 絶対に抱く側がいい、などの譲れないことは主張しても、いつだって、相手の気持ちの準備がしっかり出来るまで待ってきたつもりだ。嫌なことを無理強いする気はない。
 それは相手にも伝わっているはずで、だから嫌だと思っているのに受け入れようとするのは、少し違和感を覚えてしまう。というか無理して付き合ってくれた結果、途中で派手に拒絶されたり、2度目が来なくなったりするのは避けたい展開だと、つい考えてしまう。
「恋人なのに相談もなく勝手に自己開発した、という後ろめたさがあるのと、こうなるのもある程度予測済みだったから、かな」
 抱かれる覚悟が出来てきたって言ったろ、と続けた後、恥ずかしそうに目を伏せて口元をきゅっと引き結ぶ。
「寝そべってちんこ勃てとけってだけじゃなくて、俺にお尻弄られてアンアンする姿見せてもいいって、思ってくれてたんだ……」
「アンアンできない可能性も高いけどね」
「どういうこと?」
「多分問題なく入る、という開発はしたけど、自分で弄っててお尻気持ちいいってなったわけじゃないんだよ」
「あー……そういう感じか」
「そう。そんな感じ。ただ、俺としては、お前が入れて気持ちよくなれるかを試してみたかったけど、お前はきっとそうは考えないだろうな、ってのもわかってたっていうか、俺がお前に弄られてアンアンするようになるまで抱かない、とか言い出すんだろうな、みたいな予感はあって、だからまぁ、そういう覚悟も一応してる」
「ああ、うん、言うね。てかそれっぽいこと既に言ったね」
「ただほんと、絶対恥ずかしいし、気持ちよくなれても、なれなくても、色々不安はあるから、手加減はして欲しい。てか待ってって言った時は、できれば一度、待って欲しい」
「わかってる。あと、これ以上は本気で無理って思った時は、もう無理って言って。でもほんと、本気で中断するときだけにして。それ以外はヤダって言って」
「ん、わかった」
「じゃあ、脱がしていい?」
「いいけど、お前も脱いで」
「俺も?」
「お前が興奮してるか、見えたほうが安心できそう。てわけで、お前が興奮してないって理由で、無理って中断になる可能性もあるから」
「なにそれ!?」
「なにがなんでも抱く側って主張して、30オーバーのおっさんにお尻差し出させてるんだから、気合で勃たせてくれないとこっちの立場がないっていうか、お前が萎えてたらあまりにいたたまれなさすぎて、もう無理ってなるのも仕方ないと思うよ?」
「わかった。ギンギンに勃たせてやるから、そのおっさんの体に俺がどれだけ興奮するのか思い知ればいいよ」
 自信満々にフフンと笑ってやれば、相手はどこか安堵を滲ませながら、ぜひ思い知らせてくれと笑った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁