親友の兄貴がヤバイ13

1話戻る→   目次へ→

 ふっくらしたアナルに舌先で触れた瞬間、相手の腰が大きく跳ねる。
「え、ちょ、っ嘘っっ」
 この後何をされるか理解したらしい相手から、動揺しきった声が上がる中、両足を押し上げていた手を少しずらして腰を押さえ、更に舌を押し付けた。
「や、待っ、ダメ、ゃっ、ぁあっ、きた、ないっ、からぁ」
「汚くないですよ。ここも、石鹸の香り」
「言う、なぁっ、あぁ」
 ダメだ嫌だ汚いと否定の言葉に混じる、若干高く響く声は明らかに善がっているように聞こえたし、暴れて逃げようともしないから、一度だけ汚くないですと返した後はそのままアナルへのキスを続ける。
 柔らかなタッチで舌を這わせた後、少し圧を上げてシワを伸ばすように舐め回し、この後の行為を予感させるように舌先を窪んだ中に差し入れた。
「んぅ、ぁあっ、あああ」
 感じていることを知らせてくれるというよりは、どう考えても声を抑える事も漏らさないよう口を押さえることも忘れている。かなり動揺し続けている様子に、申し訳ないと感じるよりはやはり嬉しいと思ってしまう。
 ツプツプと何度も舌を出し入れし、差し込んだ時に押し当てた唇で周りごとぢゅうと吸い上げたら、ビクビクと腰を揺らしてひときわ高い声があがった。
「ひゃぁっ、ぅっ、も、やぁあっ」
 半泣きな声に、随分追い詰めてしまったらしいと思う。
 でも気持ちいいって感じてくれているでしょう? 
 そう口で問う代わりに、腰を押さえていた手を片方外して、確かめるようにペニスを握った。
「はぁあぁ、っん」
 嬌声とともに腰が浮く。ペニスは萎えることなく反り立ったままで、ダラダラと先走りを零し続けている。手の中で熱く脈打つそれは、今にもはちきれそうだった。
 こんな状態になるほど、やはり相手はちゃんと感じてくれている。それを相手にも自覚させるように、わざとグチュグジュと濡れた音が立つように扱きあげる。もちろん、舌先はアナルに埋めたままだ。
「ん、ゃぁあ、ああああっっ」
 ビュクッと尖端から精液が吐き出されていくのを手のひらで、キュッと窄まるアナルの締め付けを舌先で感じながら、飲み損ねたなと少しだけ残念に思った。
 ゆっくりと頭を上げて見下ろす先、相手は荒い息をつきながら呆然としている。
「気持ちよく、イケました? よね?」
 掛けた声に反応した相手と目線があった瞬間、相手の顔がくしゃっと泣きそうに歪む。随分と辛そうな顔だった。
 ああ、マズイ。どうやらやりすぎたと瞬時に悟る。
「ビックリ、しすぎてる。悪いんだけどさ」
「はい」
 これ以上は無理だという言葉が続くのだろうと思って、神妙な気持ちで返事をしたのに、相手は全く予想外の言葉を続けた。
「歯、磨いてきて」
「えっ?」
「その口で、この後キスとかされんのちょっと無理そう」
「あ、はい。わかり、ました」
 間の抜けた声になったが、それは仕方がないと思う。若干潔癖気味な相手の言い分はわかるが、腑に落ちない。というか歯さえ磨いてくればまだ続ける気があるのだと、そう期待していいんだろうか。
 でも泣きそうなままの顔を見てしまうと、続けられる可能性は低そうだと思ってしまう。それでもわかりましたと告げた通り、バスルームへ向かうためにベッドを降りた。
「その間に、俺も、気持ち落ち着けとくから。ゴメンな」
 背中に掛かった声に首を振り、振り返らないまま口を開く。
「いえ、謝らないで下さい」
 無理はしないで。という言葉は結局飲み込んでしまった。望み薄でも、歯を磨いて戻る間に、彼が気持ちを持ち直してくれたらと願わずにいられない。
 だって彼の可愛さを知ってしまった。愛しい気持ちは膨らんでいくばかりだ。
 今日じゃなくてもいいと、もう一度口に出来そうにはない。彼を、抱きたい。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP