兄は疲れ切っている15

1話戻る→   目次へ→

 逃げるみたいに視線を合わせないまま黙り込む兄に焦れて顔を寄せる。その唇にかじりつく。
「んぅっ!?」
 驚いた様子で兄の両手の平が、押しのけるように胸を突きかける。ただ、結局は胸に手を当てられただけで、そう強い力は働かなかった。力比べで勝てるわけがないという諦めなのかも知れない。
 舌先で促せば大人しく口を開いたので、そのままたっぷりと口内をなぶっていれば、ふと、頬を挟む手が濡れる感触に気づいた。顔を離せば、直前までの深いキスで呼気は粗いものの、兄の目からはらはらと涙がこぼれ落ちている。静かな泣き顔に、またか、と思ってしまう。
 酷い真似をしているのはこちらだというのはわかっている。なのに湧き立つ感情は、申し訳無さでも憐れみでもなく、結局のところ苛立ちだった。
「泣くならさっさともう嫌だって言えばいいだろ」
 言わないならこのままもう一度抱くと告げれば、兄が濡れた目のままキッと睨みつけてくる。
「お前がっ!」
 怒鳴るみたいな強い口調に怯んだのは一瞬で、兄はすぐに勢いをなくして、また視線を伏せてしまう。待っても次の言葉はなく、じわりと溜まった涙が一粒こぼれ落ちて行くのを見ながらため息を吐いた。
「俺が、なんだよ。泣いてたらわかんないだろ」
 それでも無言で、けれど胸に当てられた手に、今度こそ突き放すための力がこもる。ぐいぐいと胸を押す力を無視すれば、すぐに諦めたようで、今度はその手が肌を這うように上に登ってくる。兄の手がたどり着いた先はこちらの目だった。目元を覆うように隠されてしまう。
「おいっ」
 兄の頬から手をどけて、目元を覆う兄の手を引き剥がせばいいだけの話なのだけれど、それもなんだか悔しくて声だけで非難を示してみる。
「なぁ、何がしたいんだよ」
「お前に見られてると、それだけで、苦しい……から」
 泣き止もうと思って、なんてことを頼りない声を揺らして告げられ、やっぱりため息がこぼれていく。こっちだって好きで泣き顔を眺めているわけじゃないのに。
「あっそ。で? 泣き止まなきゃもう嫌だすら言えないの?」
「それだけど、なんで、俺に言わせんの?」
「なんで、って?」
「お前が、始めたことなんだから、止めたいなら、お前が終わりにするべきだろ。俺に、選ばせるんじゃなくて」
 お前が嫌になったんだろという言葉を咄嗟に否定は出来なかったけれど、でもじゃあ兄は、この関係が嫌になってないとでも言うのだろうか。泣くくせに。今だって、泣いてるくせに。
「だって、仕方ないだろ。嫌だって突き放されなきゃ、離してやれない。嫌がられても、泣かれても、心が手に入らなくても。体だけでも、このまま俺のものにしてたいんだから」
 色々嫌になってるけど、でも止めたくはなかった。
「欲張りだな」
「知ってる」
「俺がお前に好きだって言ったら、それで満足すんの?」
「えっ?」
「心が手に入らないって、そういうことじゃなくて?」
「そういうこと、だけど」
「じゃあ、やるよ」
「は?」
 好きだよ、と甘ったるい声が耳に届いてドクンと心臓が跳ねる。どうせまたサービスなんだろと思うものの、信じたい気持ちもあって迷う。迷う間にも、兄が好きだと繰り返す。
「好きだよ。なんだかんだ言いながら、俺を甘やかすお前が好きだ。お前が血の繋がりのない女の子だったら、俺の方から付き合ってくれって頭下げてただろうなってくらい好き。男でも、血が繋がってなかったら、もしかしたら告白してたかもなってくらい好き。でもさすがに弟相手に手ぇ出せないだろって思ってたから、お前の方からそこ飛び越えて手ぇ出してきたの、びっくりしたけど、俺が抱かれる側になったけど、でも、嬉しい気持ちもあったから、ずるいの承知でお前に足開き続けてた」
 それくらい、ずっと、お前のことが好きだったよ。
 そう続いた声にたまらなくなって、とうとう兄の頬から手を離し、自分の目を覆う兄の手を引き剥がした。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

「兄は疲れ切っている15」への2件のフィードバック

  1. わー、全く気づいてませんでした。慌てて直しました。
    指摘どうもありがとうございました〜!!m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。