兄は疲れ切っている29

1話戻る→   目次へ→

 目の前で兄の体が揺れる。
 最初のうちは恐る恐るといった感じでぎこちなかった動きも、すぐに慣れた様子で、けれどゆっくり腰を上下させている。時折イイトコロに掠めるらしく、甘やかな息が漏れたり、体を震わせたり、腰の動きが止まってしまうけれど、もっともっと気持ち良くなればいいのにと思う。自分で、自分のイイトコロを刺激して、喘ぎ乱れる兄が見たいと思ってしまう。
 ただ、それはそれとして、一生懸命にこちらを気持ちよくさせようと頑張っている姿もたまらない。意識的に中をキュッキュと締めながら、こちらの様子を伺ってるのがわかってしまったから、嬉しさと愛しさを込めまくって、熱く吐き出す息に乗せて気持ちいいよと告げた。嬉しそうなドヤ顔に、ますます愛しさが募る。
 いつまでだって見ていたいけれど、自分で気持ちよくなって喘ぎ乱れる兄だって見たい。というジレンマを抱えながらも、結局兄の好きにさせていたら、やがて動きを止めた兄がちょっと休憩などと言って凭れ掛かってくる。最初よりは随分とスムーズに、というよりはそこそこ激しく腰を上下させるようになっていたけれど、その分疲れるのも当然だった。
「気持ちぃし、なにより兄貴が俺を気持ちよくさせようってしてんのが嬉しいんだけどさ、でも、あんま無理しなくていいよ」
「やっぱあの程度じゃイケそうにない?」
「あ、やっぱ俺をイカせようとしてた?」
「そりゃ、出来れば」
「イクのもったいなくてめっちゃ我慢してた。てか、俺がイッたら、兄貴満足しちゃいそうで」
 言えば、そりゃ満足はするけど、と返ってきたものの、こちらの言わんとする事は伝わらなかったらしい。
「うん、だからさ、満足して、もう自分で動いてくれなくなるだろ。俺はさ、兄貴が自分で自分キモチヨクするとこも、見たいんだよ」
 最後に、凄く、と付け加えておく。
「自分で、キモチヨク……」
「そう。だって兄貴、イイトコロにあまり当たらないように動いてたろ。じゃなくて、逆に、イイトコロに当てるように動いてみてよ」
「えっ……」
「無理? できない?」
「無理、ていうか……」
「ていうか?」
「そんなことしたら、どうなるかわからなくて、不安……なんだけど。というか、わざとイイトコロ当てるようなことしたら、あっという間に動けなくなりそうなんだけど」
「出来るとこまででいいから、ダメ? もう無理ってなったら、その後は俺が責任持ってどうにかするからさ」
 どうにかってなんだよと笑われたものの、凭れていた体を起こしてゆっくりと腰を上げていく。ペニスの膨らみが前立腺を強く擦るように体の角度を調整しながら、ゆるゆると何度か上下させた後。
「ぁっ……」
 いい位置を見つけたらしく、小さな吐息を漏らして、それでもまだ迷うような視線を投げてくる。見せて、動いて、と上ずった声で促せば、こちらの期待と興奮とを受け取った兄が、困ったような苦笑を零しながらも、釣られたように頬を上気させていった。
「ぁ、ぁ……ああっ……」
 兄が腰を上下させるたび、先程までとは明らかに違う、快感に震える甘い声が上がる。もっともっと蕩ける顔が見たくて、声が聞きたくて、けれどせっかく兄自身が中のイイトコロを自分で刺激しているのだからと、腰を揺するようなことはせず、代わりに兄の胸元に手を這わせた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。