結婚したい相手はお前

 仕事で忙殺される日々の中、癒しとなるのは合鍵を渡してある恋人の存在だ。相手だって仕事を持つ社会人ではあるのだけれど、二人ともが忙しかったら会える時間がないから、などと言って相手は仕事をだいぶセーブしていた。そしてそれに甘えまくって、彼に通い妻的なことをさせてしまっている。
 相手が女なら、そろそろ責任をとって結婚、なんて話になりそうなところだけれど、というかそうなってるはずだったんだけど、なぜか現在お付き合いをしている相手は男なので、ぼんやりと思い描いていた自身の将来との齟齬に未だ戸惑っていた。多分その戸惑いを、相手もわかっていて、しかもきっと負い目に感じている。
 あの時、彼女と別れて彼を選んだのは自分の意思だし、さすがにそれは何度も言って聞かせているけれど、それでも自分のせいでと思う気持ちは彼の中に残っているようだった。相手は好きでやってると言いながら、部屋の片付けやら食事の用意などもしてくれるが、その負い目があるからじゃないのかと疑う気持ちがないわけじゃない。
 大事なのは家事をしてくれることじゃなくて、仕事で疲れ切ってあまり構ってあげられなくても、好きで居てくれることとか、怒ったり責めたりしないこととか、なるべく笑っていてくれることなんだけど。
 わかってるよ〜大丈夫だよ〜とふわふわ笑う相手が、どこまでわかっているのかはかなり疑わしい。だって多分自分とそう変わらない単なるサラリーマンななずの彼が、働き盛りなこの歳で仕事をセーブするってのは、彼の今後の人生にも大きく影響してくることだろう。なのに、男一人が取り敢えず生きていくくらい稼げてれば別にいいしと、彼はあっけらかんと笑ってしまう。
 事後の余韻がほんのりと残ったベッドの中で、余計なこと考えてないで眠りなよと、クスクスと笑う彼を引き寄せ抱きしめた。情けないことに体はもうクタクタで、目を閉じればあっという間に意識も落ちる。
 やるだけやってさっさと寝てしまうのなんて、どう考えたって恋人としてアウトだって認識はあるし、こちらが寝落ちた後にそっと腕の中から抜け出した彼が、どんな気持ちで一人で後始末をするのか考えると胸が痛む。
 いやこれ絶対、愛想尽かされるのも時間の問題じゃないの?
「結婚したい」
 翌朝、彼が先に起き用意してくれていた朝食を前に決死の覚悟で告げれば、相手は悲愴な顔になって、それから、小さな声でわかったと言った。
「やっぱ、嫌? 無理?」
 相手を手放したくない。愛想を尽かされたくない。でも今の仕事を辞める気もない。結果、考えついたのがプロポーズだなんて、それだけでも愛想を尽かされる要因になるかも知れないと、彼の反応から今更思い至って焦る。
「ううん。大丈夫。覚悟はしてた」
 俯いてしまった相手が、キーケースから外した合鍵をテーブルの上に置いた段階になって、あれ? と思う。
「待って。覚悟ってなんの覚悟?」
「そんなの……」
「まさか、別れてって言われたと思ってる?」
 頷かれて頭を抱えた。
「違う違う違う。ごめん。そうじゃない。俺が結婚したい相手はお前。さっきのは、お前に、結婚してって言ったの」
「えっ?」
「あーもう、ほんと、ごめん。突然過ぎたというか情緒も何もあったもんじゃなかった。やり直したい。てかやり直しさせて。ごめん。ごめんなさい」
 テーブルの上に頭を擦り付けて言い募れば、相手の手が躊躇いながらも頭を撫でてくる。ガバリと勢いよく頭を上げれば、相手が驚きと苦笑と愛しさとをごちゃ混ぜたような変な顔で、本気っぽいの伝わったからやり直しは要らないかなと言った。本気で受けていいなら受けるよとも。
 その後、その変な顔がふにゃふにゃと崩れて珍しく泣かれてしまったけれど、恋人の泣き顔をこんなにも愛しいと思うのは初めてだった。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP