ゲイを公言するおっさんのエッチな蔵書1

1話戻る→   目次へ→

 今まで入室禁止だったおっさんの仕事部屋に置かれた、えっちな蔵書を読みに通うようになって、おっさん本人との会話は明らかに増えた。
 訪れた時にはおっさんはリビングへ移動してしまい、やっぱり同じ部屋で過ごすことは無い。仕事部屋なのに追い出すようで悪いが、最悪リビングでも作業は可能だからとのことで、蔵書を部屋の外に持ち出すのは普通の本部屋同様禁止だった。ただ、お茶しようとかお腹減ったから一緒に何か食べないかと、自分から突撃すれば、リビングから追い出されることもなかった。
 滞在していい時間は朝の九時から夕方の六時までと決まっていて、そこは緩めてくれなかったので、仕事がある平日に訪れることはなくなったけれど、仕事休みの週末は朝から一日入り浸りということもあって、以前なら昼は一旦自宅に帰っていたのを今ではほぼ一緒にランチタイムを過ごしている。
 食べているのは主におっさんの手料理だ。パンに適当に具材を挟んだサンドイッチだとか、インスタント麺の上に野菜炒めを乗っけたものだとか、御飯の上に色々乗せられたオリジナルな丼物だとかを、社会人なら払えるだろと一食五百円で提供されている。
 ボッタクリ価格だぞと本人が言うとおり、材料費に五百円も掛かってないのはもちろんわかっているけれど、おっさんの手料理を食べながらおっさんと過ごす時間を思えば安すぎるくらいだった。
 おっさんを観察するように見つめてしまう視線は、たまに見すぎと咎められるものの、こちらの気持ちについては何も聞いてこない。どうしたいのか、どうなりたいのか、はっきりさせてから再チャレンジしろと言われているものの、正直どうなりたいかの結論は出ていなかったので、そんな彼の態度に甘えきっている。
 どうでもいい世間話みたいなものだって、話題を振れば応じてくれるし、おっさん自身のことだって聞けばそれなりに教えてもくれた。聞かれたくないらしいことはさらりと躱されているから、自分から近寄らずにいたから知らなかっただけで、彼は多分コミュニケーション能力がかなり高い。
 ゲイと公言していてもヒソヒソと陰口を叩かれることなく、それどころか近所のおばちゃんが余計なお節介を働くくらい馴染んでいるのだから、考えてみれば全く意外性のない能力ではあるのだけれど。
 そんなおっさんを、多分多大な好奇心で、好きだとは思う。そう、好きの根底にあるのは好奇心だとわかっていた。
 初めて読む本を読み進めるドキドキと、彼と話をして彼の人となりや彼自身のことを知っていくのは似ている気がする。
 ただ本と違って読み終わりがなく、知りたいことは増えていく。最近は彼が言うところの大人向けの本ばかりを目にしているせいで、どうしてもそういった行為についても想像してしまう。大人向けというだけあって、恋愛感情よりも性行為への描写がメインなものばかりなのも、多分良くない気はしている。
 あの日、通うのを止めるから最後に一度だけ寝てくれという話なら応じてもいいと言っていたから、自分相手にセックスすることも可能なのだと知っているのもマズイ。
 してみたい。という欲求は膨らむが、それもやはり好奇心なのだろうとわかっていた。そんな下衆な部類の好奇心を自覚すればするほど、どうしたいのか、どうなりたいのか、わからなくなっていく。
 一度してみたら満足するかといえば、多分きっとしないだろう自信がある。でも仮に、自分が満足するまで相手を付き合わせたとして、じゃあその先にあるのはなんだろうとも思う。おっさんへの好奇心が満たされてしまったら、もうここへ通うことに魅力を感じなくなるんだろうか?
 本が読みたいだけなら、図書館だってあるし、自分自身で買うことだって可能だ。ここへ通う理由が本よりもおっさん自身であることは明白で、彼の蔵書を読み漁ることで、本を通して彼に近づけるような錯覚を起こしている。
 彼の蔵書がやたら魅力的に感じる理由はそこにあるのだと、本人と直接関わることが増えてやっと自覚した。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP