初恋は今もまだ6

1話戻る→   目次へ→

 恋人になったんだからデートしようと誘われて、特に用事があるわけでもなかったので了承した。
 彼と二人で遊びに出かけるのはかなり久しぶりではあるが、元々親しい友人なのだからまったく経験がないわけではない。手を繋いで歩いたり、肩を抱き寄せられたり、少しばかり接触が増えたとはいえ、それだってどこか懐かしい学生時代のノリって感覚が近かった。
 もちろん、恋人でなければしないような事をする気は一切ないし、相手もそれをわかっている。わかっててくれているから、恋人だからと言われながらも、友情の延長で相手のことを受け入れられるんだろう。
 そう、これはどう考えたって友情の延長上にあるもので、それ以上にはならない。なのに。
「俺は結構本気で、お前を幸せにしてやりたいって思ってるよ」
 あの日の夜、囁かれたセリフが耳の奥に蘇って、少しだけ鼓動が早くなる。あれは酔っぱらいの戯言と言うには、あまりにも真剣な声音だった。
 取り敢えずでいいからと言われて恋人になったけれど、相手はどこまで本気でこの関係を捉えているんだろう?
 そういや下心だの、ちゃんと好きだの言っていたけれど、相手の口調が軽かったからあんまり深刻に考えては居なかった。それよりも、慰められてと繰り返されたことのほうが印象に残っている。
 おかげさまで、初恋の親友が男を好きになったかもという衝撃を、帰宅後も引きずって落ち込むなんてことはしていない。確かに彼の突拍子もない提案に救われていた。
 恋愛感情なんて欠片もないけれど、取り敢えずだろうと恋人を続けていたら、これから先、友情以上の感情が芽生えてくるのだろうか?
 デートしようと言う誘いを、デートという部分を否定することなく了承して、のこのこと待ち合わせ場所へ出てきたあたり、そうなればいいと思う気持ちが自分の中に多少はあったりするのだろうか?
 そんなことをぼんやりと考えながら相手のことを待っていた。
 時間にルーズなタイプではないのに、連絡もなく遅刻してくるなんて珍しい。そう思ったところで、相手から短なラインメッセージが届いた。
『お前が幸せになれるなら俺はどっちでもいい』
 意味がわからず、どういう意味かと問うメッセージを返したところで、名前を呼ばれて顔を上げる。
 そこには片頬を赤く腫らした初恋相手の親友が、申し訳無さそうな顔で立っていた。
「え、なに? どういうこと?」
 思わず手の中の携帯と親友の顔とを交互に見比べてしまう。
 今日ここで待ち合わせることを知っているのは、自分と恋人となった友人だけだ。だってデートなんだから。
「ゴメン。本当に、ごめんなさい」
 戸惑いまくる自分に、目の前の相手は深く頭を下げるから、ますます意味がわからなかった。
「お前に謝ること、いっぱいあるんだ。だけど、まずは俺の話、聞いてもらえる?」
 頭を上げた相手の目は真剣で、どこか切羽詰まった様子にも見える。
「いや、でも、俺、待ち合わせが……」
「知ってる。でもあいつは来ないよ」
「な、んで……」
「俺が、頼んだから。一発殴られる代わりに、お前とのデートを代わって貰った」
 腫れた頬を指差して、相手は自嘲気味に笑ってみせた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP