あの人の声だけでイッてしまう

 耳元に甘く響く「好き」の言葉。演技掛かって多少大げさに感じることもあるけれど、まごうことなきあの人の声だ。
 怒って、拗ねて、甘えて、キスをねだる。そんな姿を実際に見せてもらったことはない。
 自分の知るあの人は、豪快に笑う顔がいつもキラキラで、手を引いてくれる背中がいつも眩しくて、怒った時はめちゃくちゃ怖いのに、こちらが落ち込んだり泣いている時はとことん優しい。同じ目線まで腰を落としながら頭を撫でてくれるのがわかっていたから、子供の頃の自分は今思うと恥ずかしいくらいに泣き虫だった。
 記憶の中で彼の姿が鮮明なのは、彼が高校へ上る前頃までだろうか。彼が中学の頃はまだ、夕方や週末に遊んでもらっていた記憶がある。
 少し年の離れた幼なじみと、同じ学校へ通えたのは小学校だけだった。自分が中学へ入学できる頃には、彼はもう高校生で、自分が高校へ通い出す前に大学生となってこの町を出てしまった。
 その彼が声優になったと知ったのは、彼の母親が自分の母親へ愚痴っているのをたまたま聞いてしまったためだ。ちゃんとした企業に勤めて貰いたかったと、彼の母親はかなり落ち込んでいる様子だった。
 懐かしさもあって、すぐに彼の名前を検索した。本名そのままではなかったけれど、見つけるのは簡単だった。
 最初はちょっとした好奇心。それでも、彼の関わった作品を見たり聞いたりするようになって、もう随分経つ気がする。最初の頃は名前の無いキャラも多かったのに、最近は役に名前がないことなんてほとんどない。
 自分がそんな風に彼が出た作品を追いかけていることなど、当然彼は知らないだろう。親ですら息子の興味の矛先が、作品そのものではなくそこに出演している幼なじみの彼だなんてことは多分わかっていない。
 BLCDという存在も、彼の出演をキッカケにして知った。予備知識ほぼなしで聞いてしまったそれは衝撃的で、彼が脇役だったことにひどく安堵したのを覚えている。しかし次の作品は主役の片方で、当然のように濡れ場もあった。そうだろうとわかっていたから、最初買うのを躊躇いはしたけれど、結局買わずにはいられなかった。
 もちろん演技だということはわかっている。原作でのキャラのイメージ画像もちゃんとある。それでも、アニメと違い声だけだと、あの人の姿で想像してしまう。
 目を閉じて、イヤホンから響く彼の甘い吐息に感じ入る。
 あッあッと少し高く響く声は時折掠れて、そのざらつきが耳の奥を撫でるようでゾクリとする。
 CDのストーリーなど既に頭には入ってこない。物語の中で彼を抱く男の声すらどうでもいい。耳はただただあの人の声だけを拾い、想像の中、あの人を抱いているのは自分だった。
「だめっ…ぁ、いっちゃういっちゃうっからっ」
 そんな甘ったるい声をあげる想像の中のあの人は、今の自分よりも確実に幼い。一緒に遊んでいた頃の彼だからだ。喘ぐ声の高さや掠れが、声変わりの頃を思い出させるのかもしれない。
「やぁあんっ、きもちぃ、だめっだめぇ」
 切羽詰まって身をよじる彼を押さえて、ひたすら突き上げる。
 実際に見たことなどないのに、快楽にとろけるあの人の顔だって、いともたやすく想像できる。遊んでくれるから大好きだったはずのあの人の、顔や表情も好きだったのかもしれない。あれこれと細かな表情も、かなり覚えている自分の記憶力がありがたい。
「やだやだああぁぁっんんー」
 極まってヒクヒクと蠢く穴を想いながら、自身をしごきたてる手の中に精を放つ。
 イッた後の心地よい脱力感はあるが、熱が去ってしまえば、一体自分は何をしているんだと、恥じ入る気持ちも押し寄せる。いくらもう顔を合わせることはほぼないとはいえ、昔お世話になりまくった相手に酷い妄想をしている。
 自覚はあるし、罪悪感がないわけでもない。けれど体の中に熱がたまると、結局また、あの人の声を求めてしまう。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP