捨て猫の世話する不良にギャップ萌え、なんだろうか

 早起きは三文の徳とは言うが、たまの休日は思う存分眠って置きたい。とは思うものの、妙にスッキリとした目覚めによりどうにも二度寝出来そうにはなく、仕方がないので諦めて起き上がる。
 早いと言っても早朝と呼べるほど早い時間ではないが、それでもこんな休日はめったに無いので、いっそ朝の散歩にでも出かけようかと思いたち適当にあちこち歩いてみた後、ファミレスに寄ってモーニングメニューを堪能した。
 睡眠時間確保には失敗したが、なかなか良い出だしだ。などと自己満足で帰路についた途中、珍しい人物が珍しい店舗へと入っていくのを見かけて、とっさにその後を追って同じ店舗へと踏み入ってしまった。
 ご近所さんのその男とは小学生の頃に何度か遊んだことがある。といっても確か5つほど年齢が離れていて、中学も高校も同時期に在籍したことがない。小学生の時に遊んだと言ったって、遊び相手のメインは彼の兄であって、幼い彼はオマケでしかなかった。
 その兄とも、中学くらいまではそれなりに交流があったが、別の高校に進学してからはわざわざ連絡を取り合って遊んだりはしなくなっている。そもそも高校卒業後に実家を出たと聞いた気がするから、弟以上に顔を合わせる機会がない。
 まぁ弟の方だって、姿を見かけることなどなかなかないのだけれど。なんせ母が仕入れてくるしょうもない噂通りなら、せっかく入れた高校を早々に退学になりかけるような、荒れた生活をしているようなので。
 そんな男が、開店まもない書店に入っていくだなんて、ちょっと良からぬ想像が働いてしまうってものだろう。万引の現場を目撃するようなことがあったら、さすがに止めてやろうと思っていた。
 兄とだってさして仲が良かったわけではないが、彼の家庭環境や生活が荒れるに至った事情を漏れ聞いてしまう立場として、同情めいた気持ちがあるのは認める。一緒に遊んでいたころは、素直な一生懸命さで、兄の背を追いかけてくるような子だったのを覚えているせいもある。
 しかし、周りを気にする素振りを見せながら彼が向かった先は、はやりの漫画やらが並んだ棚ではなく、ペット関連の書籍が並んだ一角だった。そのままこっそり盗み見ていれば、どうやら猫の飼い方についてを立ち読みしているらしい。
 随分と真剣な表情で読み進めていく姿を見ていたら、思わず名前を呼びかけていた。
「ひっ……」
 相当驚かせたようで、大きく肩を揺らしながら小さな悲鳴を漏らした相手は、それでもすぐに振り向いて、怖いくらいにこちらを睨みつけてくる。
「誰だ、お前」
 そう聞かれるのも仕方がない。なので名前を告げて、兄の友人だったと伝え、小学生の頃に一緒に遊んでいた話と共に当時のあだ名を教えてみた。どうやら記憶の片隅に引っかかるものがあったようで、一応は名前を知られていることには納得できたらしい。
「で、何の用だよ」
「用、っていうか、気になっちゃって。猫、飼うのか?」
「んなわけねぇだろ」
「じゃあ猫好きなの?」
「うっせ」
 手にしていた本を思い切り平台の上に叩きつけると、早足にその場を去っていく。
「あ、こらっ、売り物だぞ」
 慌ててその本を手に取り、破損がないことを確かめてから元の場所と思しきところへ戻している間に、相手の姿はすっかり見えなくなってしまった。
 そんなことがあってから数日、母親が仕入れてきたしょうもない噂話で、彼が虐待していた子猫が保護された、という話を聞いた。
 あんなに熱心に猫の飼い方を立ち読みしていた男と虐待とが結びつかない。どうせ、猫にかまっている姿を誰かに見られて、あの調子で対応した結果虐待と思われた、とかじゃないのか。
 ありえそうすぎて苦笑するしかない。
 それからなんとなく、猫が保護されたという場所を気にかけるようになって更に数日、ぼんやりと立ち尽くす彼の姿を見つけて、我ながら懲りないなと思いながら名前を呼んでみた。
「またあんたかよ」
 少しうんざりした顔は以前に比べて明らかに元気がない。というよりもなんだか疲れた顔をしている。
「で、今日は何?」
「ここに居た子猫は保護されたって聞いたけど、お前、虐待なんかしてないよな?」
「そ、っか……」
 一瞬驚いた顔をしたけれど、でも何かに思い当たったのか、一つ息を吐き出すとくるりと向きを変えて歩き出す。その腕を思わず掴んで引き止めた。
「あー……虐待したつもりはねぇけど、まぁ、あいつらが無事保護されたってなら、俺が虐待してたんでも別にいーわ」
「もしかして、居なくなった子猫心配して、探してた?」
「うっせ。てか放せよ、腕」
 強引に振りほどくことも出来そうなのに、おとなしく立ち止まっている彼をこのまま放したくないと思ってしまった。
「えっと、……あ、じゃあ、飯でも食いに行く?」
 我ながら、何を言っているんだと思ったけれど、呆れられて仕方がない場面で、なぜか相手はふはっと笑いをこぼす。
「じゃあ、ってなんだよ。てかそれって当然奢りだよな? 金ねーし、奢りなら行ってやってもいいけど?」
「もちろん奢る」
 食い気味に肯定すれば、相手はますますおかしそうに笑い出してしまったが、笑う顔に昔の面影が重なって、なんとも言えない気持ちになった。
 頭の片隅では、これ以上深入りしないほうが良いとわかっているのに、その反面、いっそもっと深く関わってしまいたい気持ちが湧いている。

有坂レイさんは、「朝の書店」で登場人物が「夢中になる」、「猫」という単語を使ったお話を考えて下さい。https://shindanmaker.com/28927

描写ないけど視点の主は高校卒業後就職している社会人です。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

酔っ払いの戯言と笑い飛ばせなかった

感謝しかないのでの父側の話です。少し未来。

 好きになった女性は片手の指で足りないくらいには年上のバツイチで子供も居たから、結婚する時にはけっこう揉めた。特に自分の親には相当難色を示されていたから、絶縁上等という気持ちで婚姻届を提出してしまった。
 だから妻となった女性が結婚からほんの数年足らずで他界してしまった後、血の繋がらない息子をどうするか、という話になった時に、愛する妻の忘れ形見なのだから当然このまま自分が育てると啖呵を切ってしまったのも、結婚に反対していた奴らのそれみたことかという顔や態度に腹がたって仕方がなかったから、というのが大きい。
 意地を張っていた、という自覚はある。
 幸いにして彼女の残した一人息子は少年ではあったが幼児というほど幼くはなかったし、母子家庭だった時期に彼女によってある程度鍛えられていた家事能力もあり、少々いびつな父子家庭を維持することにも協力的だった。
 そうして気付けば息子も酒が飲める年齢を超えて数年経過し、そろそろ自分が結婚した年齢に近づいている。
 そう気づいてしまえば、いつ、結婚相手を連れてきてもおかしくないのだ、ということにも思い至った。
 どんな女性を連れてくるんだろう、と楽しみ半分寂しさ半分心待ちにしているのだけれど、そっち方面の話題をふるといつの間にやら過去の自分の話をしていて、肝心の彼の恋愛事情や結婚感が聞けていない。親の惚気話なんて聞いて楽しいのかとも思うが、彼にとっては貴重な母親の話、という意味で楽しまれているのかも知れない。
 そんな中、いつもより酔いが回っているらしい相手からようやく聞き出せたのは、今現在お付き合いをしている女性はいない、という話で、更には今のところ結婚願望も全くないという。
「なんで!?」
「なんで、って、言われても」
 驚きで声が大きくなってしまったのを苦笑されながら、今の生活に満足しきってるからかなぁ、などと言われてますます驚いた。
「満足って、お前、こんなおっさんとの生活に満足してちゃダメだろ」
 二人の生活が上手に回せるように互いが努力してきた結果、という意味では誇らしく思う気持ちもないわけではないが、それでは生活に華がなさすぎじゃないのか。というよりも、自分は彼女との結婚生活が楽しくて仕方がなかったし、愛する女性と一緒に暮らす幸せを、彼にも存分に堪能して欲しいと思う。
「もしかして、俺みたいに愛する女に先立たれたら、みたいな心配でもしてる?」
 一緒に酒を飲むようになってからは、酔った勢いで、妻に先立たれて寂しい気持ちを吐露することもあった。
 まぁ、だからお前が居てくれて良かった、的な感謝も告げているのだけど。どちらかというと、酔った勢いで彼と父子として暮らしてきた日々への喜びが溢れてしまうのをごまかすみたいに、彼女との思い出をあれこれ語っている節もあったりするんだけど。
「でも俺は、あのとき強引にでも結婚に踏み切ってよかったって、胸張って言えるぞ?」
 もちろん自分と同じ様に愛する相手に先立たれる可能性もあるけれど、それに怯えて結婚そのものを忌避するのは馬鹿げている。なのに。
「わかってるよ。わかってるから、結婚しなくていっかな、って話」
「いやそれわかってないだろ」
「あー、じゃあ、父さん以上に愛せる誰かを見つけたら、考える」
「え?」
「俺は愛する人と一緒に暮らす生活するなら、相手は父さんがいいから、結婚はしなくていいし、今の生活に満足しきってる」
 ニコリと笑って見せた後、へにゃっと笑み崩れて、そのままヘラヘラと笑い続けている相手を見る限り、冗談だった……
 そう思えたら良かったのだけど。酔っ払いの戯言だと、一蹴するべきなんだろうけれど。
「まぁだから、孫は諦めて貰うしかないけど、一人にはさせないから安心して」
 バカ言ってんなと笑い飛ばすことは出来なくて、頭の片隅にはホッとしている自分も居て、そんな言葉を喜んでしまう自分が情けなくて、なんだか泣きたい気分になった。

有坂レイへのお題は『笑い飛ばしてしまいたかったのに』です。https://shindanmaker.com/392860

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

感謝しかないので

 寝る前に水分を取りすぎたせいか、尿意によって起こされてしまった深夜。トイレ側の和室にまだ明かりがついていることに気づいて、薄く開いた隙間から中を覗き見る。
 ローテーブルの上には晩酌のあとが残っていて、その机につっぷすようにして父親が寝落ちていた。
 数時間前、そこで一緒に酒を飲んでいたのは自分だ。
 席を立つとき早めに寝るよう促しはしたが、ある意味特別な日でもあったから強制はしなかったし、正直に言えば、この光景じたいが想定内とも言える。
 別に寒い時期じゃないし、明日は休みだし、このまま放っておいてもいいのかも知れない。
 でも見つけてしまったからには、やはり放ってはおけなかった。あんな体勢で長時間寝てしまったら、どこか痛めそうな気がする。
 せめて横にならせて、何か上に掛けてやろう。
 部屋の中に入って、机に伏した体をそっと引き起こしてそのまま後ろに倒した。そうしてから、ローテーブルの方を移動させて、足元のスペースを開ける。
 崩れた足をのばしてやって、後は何か掛けるものを持ってこようと立ち上がりかけたところで、服の裾を掴まれた。
 寝ぼけて呼ばれた名前は不明瞭だったけれど、どう間違っても自分のものではない。そして不明瞭ながらも、誰を呼んだかはわかっていた。
 もう随分と前に亡くなっているのに、この人は未だに母を愛し続けている。母よりだいぶ年下のこの男に、次の人を探すよう勧める人は多かったと思う。
 自分自身、連れ子だった自分の世話なんて、母方の親戚に放り投げれば良かったと思っているのに。20代半ばで小学生の子持ちとなったこの男は、愛する女性の忘れ形見だからと、血の繋がりもないのにそのままずっと育ててくれた。
 もちろん感謝はしている。この人が居てくれたおかげで、母と暮らしていた家も、友人たちも失うことなく生活を続けられた。
 けれどそのおかげで、自分もこの家から離れられない。結婚したいと思えるような相手だって作れない。別にそれでいいとも、思ってるけど。
 だって、この人が母を愛するのと同じくらいに愛せる女性となんて、きっと一生出会えない。だったら母を愛し続けるこの人の残りの人生に、このままずっと寄り添っていたかった。
 母の血を継ぐ自分は、きっと母の好みも受け継いでいる。もし娘として生まれていたら、母の代わりになれていただろうか、なんてことを考えてしまうくらいには、この男のことを好きだった。
 必死で父親をしてくれたこの人への、裏切りだと思う気持ちももちろんある。けれど、自分から今の距離を手放す気にはどうしたってなれそうにない。
 一緒に酒が飲める年齢になってからは、なおさら強くそう思うようになった。
 実はかなりの寂しがり屋で、息子が結婚して家を出ていき、この家に一人残されてしまうことを恐れている。なんてことを知ってしまったら、結婚を急かされようが気にならない。
 まぁ、結婚式で語りたい内容だとか、孫との楽しい触れ合いだとか、酔ったついでに色々と未来の夢を語られてもいるので、結婚はして欲しいのだろうとは思うけれど。
 寂しがり屋の彼のために、同居OKの嫁を探そうなんて気は全くないので、結婚式も孫との触れ合いも諦めて貰うしかない。
 そんなことをぼんやり考えながら、棚の上に置かれた小さな仏壇を見上げた。仏壇の横には、二人の思い出の品だというかわいらしいこけし人形が二体、仲良さげに並んでいる。
 昨日は母の命日だったから、夢の中で、母と会えているのかもしれない。あの二体のように、仲良く並んでおしゃべりでも楽しんでいたら良い。
 そんな想像に、二人のじゃまをしたくなくて服の裾を握られたまま動けずにいれば、自分の名前を呼ばれた気がした。
 まじまじと相手の顔を覗き見れば、次にはゴメンと謝られてしまう。
 どんな夢を見ているかわからないし、もし母と会っているのなら、その謝罪は自分へ向けられたものではないだろう。そうは思いはしたものの、うっすら滲んできた涙を放っておけない。
「謝んないでよ。ずっと、感謝しかしてないんだから」
 そっと目元を拭いながら、思わず口からこぼれた言葉に反応してか、相手の瞼が持ち上がる。
 ぼんやりとした目と視線が合ってしまって、慌てて体を離せば、相手は数度瞬きした後でまた瞳を閉じてしまった。
 暫く息をつめて相手の様子を窺ってしまったが、静かに寝息を立てていて、どうやらまた夢の中に戻ったらしい。けれど今はうっすらと口元が笑んでいるから、少しばかりホッとした。

父側視点の少し未来の話はこちら→

有坂レイさんは、「深夜(または夜)の畳の上」で登場人物が「離れる」、「人形」という単語を使ったお話を考えて下さい。https://shindanmaker.com/28927

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

ずっと子供でいたかった

おにショタ要素あり

 ずっと子供でいたかった。何の悩みも持たずに、仲のいい友人たちと、学校の休み時間や放課後に駆け回って遊ぶような日々を過ごしていたかった。
 大人の階段、なんてもの、別にまだ上る必要はなかったのに。それがどういうものかもはっきりわからないまま、言葉巧みに誘われてついて行ってしまった。
 だって、昔一緒に遊んで貰った記憶があったから。頼れるお兄さんだったから。
 昔みたいに、新しいことを教えて貰ったら絶対に楽しいって思ったし、他の友だちに自慢したり広めたり出来るかなって、期待していた。
 実際、大人の階段を上るのは楽しかった。お兄さんに貰ったエッチな雑誌を友だちに見せて、英雄気分を味わったりもした。
 でも友人たちに話せないことも抱えるようになってしまった。内緒だよって言われなくたって、人に言っちゃいけないことをしてるんだという認識はあった。
 無理やりされたわけじゃないし、そこまで強引にされたわけでもないから、もし最初にちゃんと拒んで、お兄さんの家に行くのを止めていたら……
 なんて、そんなタラレバは意味がない。だって自分は拒まなかったし、イケナイコトって頭のどこかではわかってたのに、お兄さんの手を受け入れてしまった。だってお兄さんに触られるのは凄く気持ちが良かった。
 ずるずると関係を続けて、流されるままにお尻まで開発されて、紛れもないセックスをお兄さんとするようになって、今更、とんでもないことをしたって後悔しても遅すぎる。
 もうやめたい、って言ったら理由を聞かれて、好きな人が出来たからと言えば、じゃあ仕方がないねとあっさり終わりになったのも、結構ショックなのかも知れない。
 どんな相手を好きになったの、とすら聞かれなかった。
 振られたり諦めが付いたらまたおいでとは言っていたけど、あんなに色々してきたくせに、引き止めるような執着はないのだ。自分だって、好きでもなんでもない相手に好き勝手させていた、という点は思いっきり棚に上げて、都合よく遊べる体だったと突きつけられて悲しくなった。
 しかもすっかり開発されきった体は、お尻を弄らないと上手く射精が出来ないまでになっている。
 初めて恋愛的な意味で好きだと感じた相手が男だったのは、お兄さんとの関係があったからという可能性がかなり高いけれど、でも、女の子を好きにならなくて良かったとも思う。こんな体で、女の子相手にセックスできる気がしない。
 だけど片想いの相手に抱いてもらう妄想でオナニーする虚しさと言ったらない。正直に言えば、物足りない。
 でも自分から切っておいてお兄さんを頼りたくはなかったし、振られたわけでも諦めが付いたわけでもない。お兄さんなら、他に好きな人が居たままでも気にしないかも、とか思わなくもないけれど、その誘惑にはいまのところ抗えている。
「お前、最近なんか悩んでる?」
 心配そうに声をかけてくれたのは、昔からの友人の一人で、お兄さんとの関係を切る切欠になった男だった。気にかけてくれるのが嬉しくて、こういうとこが好きなんだよなぁと思いはするが、でも、この悩みを打ち明けられるはずもない。
「もしかして、お兄さんとうまく行ってない感じ?」
「俺、長男だけど」
「じゃなくて、近所の頼りになる兄貴分? あのエロ本とか譲ってくれてたイイ人」
 切ったと言えばめちゃくちゃ驚かれた上に、好きなんだと思ってた、なんて言われてわけがわからない。ただ、その指摘で気持ちがぐらつくのがわかってしまった。
 こちらの動揺に何を誤解したのか、失恋を慰めだした相手を少し強めの言葉で黙らせる。
「違うって言ってるだろ!」
「じゃあ何があったか言えよ。言わなきゃわからないだろ」
「無理」
 短く言い切れば諦めたようで、いつでも話聞くぞと言って去って行く。心配してくれてるのはわかるし、そこが相手のいいとこなんだって思うけれど、でも、この件に関してはお前はずっとわからないままでいいよ。

有坂レイさんには「ずっと子供でいたかった」で始まり、「わからないままでいいよ」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば11ツイート(1540字程度)でお願いします。https://shindanmaker.com/801664
(ざっくり100字ほどオーバーしました)

金曜日は予定(健康診断)が入っているので、更新はいつもよりずっと遅いか、最悪更新できない可能性があります。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親父のものだと思ってた

 ギリギリ2桁年齢になった頃、母親が家から出ていった。それから間もなく、家には親戚のお兄さんが出入りするようになり、今まで母親がやっていたであろう家のことをしてくれるようになった。
 お兄さんはとても料理が上手かったので、母が居なくなった寂しさよりも、毎日おいしいご飯が食べれるようになった嬉しさのが勝ったらしい。辛すぎる記憶は忘れてしまうこともあるというが、どれだけ記憶を探ってもお兄さんのご飯に喜ぶ姿しか思い出せないし、自分の性格から言っても、両親の離婚を子供心に歓迎していたとしか思えない。
 思春期を迎えた頃には、両親の離婚とその直後から出入りするようになった親戚の男、という時系列から色々察してしまったけれど、家の中でいちゃつかれたことはないし、下手に騒いで二人が別れでもしたら自分の生活がどうなるか、という想像が簡単についてしまう程度には育っていたので、二人には気づいたことすら知らせなかった。
 ただ最近、どうやら父親が浮気をしているらしい。
 とりあえず証拠を掴んでやろうと嗅ぎ回っていたら、なぜか父親本人ではなく、お兄さんの方に気づかれてしまって焦ったけれど、隠しきれずに親父に女の影がと漏らしてしまえば、既に彼には紹介済みと教えられて驚いた。というか意味がわからない。
「え、え、なんで?」
「なんで、って、まぁ、再婚するなら俺は用済みになるわけだし、俺もいきなりもう来なくていいよとか言われたらちょっと困るし、そのへんのタイミングどうするか、みたいな相談だけど」
 お前が就職して家出ていくくらいのタイミングで再婚するんじゃないか、と続いた言葉に、ますます頭の中が混乱する。就職はまだ数年先の話だけれど、父親と就職後の話なんてしたことがない。
 出ていかなかったらどうする気だ。
 いや再婚なんて話が現実になったら、家になんて居づらくって出ていくことになるとは思うけれど。彼の居なくなった家になんて、なんの未練もないのだから。
「初耳なんだけど。てか俺のことよりそっちの話。そんなあっさり用済みって、そんな扱いされて悔しいとか腹立たしいとかないわけ!?」
 なんでそんな平然としてられるのか。二人がいちゃいちゃしてる姿を見たことがないので、イマイチ二人の親密さに実感がわからないながらも、普段の様子にはなんの変化もないから、自分の目が届かないところではそれなりに仲良くやってんだろうと思っていたのに。
 まさかとっくに冷え切った関係になっていたのだろうか。
「むしろ感謝しかないなぁ。人間関係失敗してニートやってた俺に、長いことぬるま湯みたいな環境でリハビリさせてくれてたわけだし」
「は? リハビリ?」
「そうだよ。お前が俺に懐いて、俺の作る飯を美味しい美味しいって食べてくれて、居なくなった母親代わりだとしても俺を必要としてくれたのと、後は純粋にお金だよね。時給換算したら、それなりの額は貰ってたよ」
 そういやあんまりこういう話ってしたことなかったな、と言ってはにかんだ相手は、やっぱり未だにちょっと後ろめたいんだよねと続けた。ニートを拾ってもらった、だとか、やってるのは半端でしかない主婦業、という負い目やらがあるらしい。
「知らなかった……てか、てっきり……」
「俺と親父さんが付き合ってるとか思ってた?」
「うっ……だ、って……」
「まぁ、実際、そういう噂がたったことはあるよね」
「ま、じで……」
「そりゃ母親でてった家に男が頻繁に出入りして家事してたら、ねぇ」
「で、その噂、どうなったわけ?」
 どうやら事実無根とこちらの事情を知らせて、名誉毀損で訴えることも視野に入れた話し合い、というのをしたらしい。
 知らなかった。
 というか自分に余計な情報が入ってこなかったのは、ご近所には突付くと裁判ちらつかせてくるぞ的な認識が広がっていて、皆が口をつぐんでいたというのも大きいのかも知れない。なんてことを、彼の話を聞きながら思ってしまった。
「それで、親父が再婚したら、そっちはどうする予定なの?」
「数年は猶予があるから、一応、俺でも馴染めそうな仕事を探すつもりで動いてるよ」
 また人間関係で躓いたらっていう不安はあるけど、それも以前ほどではなくなってきたから、多分きっと大丈夫、らしい。上手く行って欲しいのに、また躓いちゃえばいいのにと思う気持ちも、無視できない程度には存在している。
「その、俺が就職したら、今度は俺が雇うとかってのは、あり?」
 相手が口を開く前に、親父ほどには払えないから短時間でも週1とかでもいいからと食い気味に告げれば、相手は少しおかしそうに目を細めながら口元を隠している。
「だめ?」
「だめ、じゃないけど」
「じゃないけど?」
「理由がないな、って」
「理由?」
「もしまた付き合ってるって噂が立っても、今度は否定できるような正当な理由、ないなぁって。昔の噂知ってる人からは、どう見られるんだろ」
 息子に乗り換え、とか思われそう。なんて言いながらも、別に困った顔はしていない。それどころか、やっぱりどこか楽しそうだ。
「噂じゃなくて、事実にしてよ」
 その楽しげな顔に背を押されるみたいにして、俺と付き合ってと言ってみた。ずっと彼は父親のものだと思っていたけれど、そうじゃないなら、自分が手を伸ばしたっていいはずだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった(目次)

キャラ名ありません。全38話。
二十歳になったから一緒に飲みに行きたいと押しかけてきた、一回り以上年下の従兄弟に散々振り回された挙げ句、絆されて恋人にする話。自称ケチでクズな社会人(視点の主)×二十歳なりたて大学生。
年が離れすぎているせいで、祖父の葬儀から祖母の葬儀まで全く接点がなく、祖母の葬儀後も法事で顔を合わせる程度の関係だった従兄弟が、ある朝突然尋ねてきて、二十歳になったから一緒に飲みに連れて行って欲しいと頼まれます。
帰りがけ、酔った従兄弟にホテルに誘われ、てっきり慣れてるのだと思い込んで据え膳を食うだけのつもりでホテルの部屋を取ったら、実は全くの未経験者だと知らされるものの、相手の抱かれたい意思の強さに流されて抱いてあげることに。視点の主に男性との経験はありませんが、女性相手のアナルセックス経験はあり。
相手が、視点の主を初恋相手だの、理想の具現化だの言い出して、そのくせ恋愛がしたわけじゃないだの、都合よく抱かれる穴になりたいだの言うせいで、かなり混乱するものの、途中で相手の恋情に気づいてしまい、視点の主側から相手を落として恋人にします。
相手が今現在の視点の主へ向かう恋情を隠すせいで、その恋情に気づくまでにかなりの文字数を費やしてしまったのと、その後もだらだらと二人の初セックスを描写してしまって長いです。
自称ケチでクズの視点の主ですが、年齢差が有りすぎるせいか、相手の献身的な想いのせいか、最終的には相手が可愛くて仕方がない状態になります。
かなり初期(8話目)に洗腸を手伝う描写があります。プレイ的な要素はないのですが、相手のお腹にお湯を注いで目の前のトイレで排泄させています。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的描写が多目な話のタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 突然の訪問
2話 一緒に飲みに行きたい
3話 安居酒屋3軒目
4話 ビジネスホテルのツインルーム
5話 初めてじゃだめですか?
6話 初恋のようなもの
7話 本気なら準備を
8話 洗腸の手伝い(R-18)
9話 冷えたカラダ
10話 躊躇いながらも無意識に
11話 多分きっとファーストキス
12話 気持ちよくなりたくない
13話 正直に全部話して
14話 期待したくなるから
15話 泣き出すタイミング
16話 どうせ泣くなら腕の中で
17話 危なっかしい
18話 勘違いしたくなる
19話 割りに合わないのはどっち?
20話 恋愛感情有り
21話 いっそ落としてしまおうか
22話 恋愛できない理由
23話 一年の価値
24話 結婚する気なんて無いのに
25話 恋人にするメリット
26話 恋人にして下さい
27話 褒められたい
28話 まずはただただ気持ちよく(R-18)
29話 賢者タイム
30話 アナルを解す(R-18)
31話 指を増やして(R-18)
32話 相互にゴムを着け合う(R-18)
33話 一生懸命に欲しがられる(R-18)
34話 ゆっくりと感じていく(R-18)
35話 一緒に気持ちよくなろう(R-18)
36話 お願いイッて(R-18)
37話 可愛くて仕方がない
38話 いってらっしゃいのキス

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁