親父のものだと思ってた18

1話戻る→   最初から読む→

「それ、言質取ったって思っていいんだよね?」
「ん、いいよ」
 確認すれば、はっきりと肯定が返ってきた。
「つまり、俺に抱かれる覚悟ができたから、俺に触られるのもオッケーになったってこと?」
「そう、なのかな?」
「え、そこ疑問形?」
「正直、抱かれる覚悟が出来たかって言うと、まだそこまではっきり覚悟できてるわけじゃないんだよね」
「ええ……」
「ただ、お前が主張しまくるから、いつか先に進んだ時に、とりあえずお前が抱く側でチャレンジするのは受け入れよう、って気にはなってる。あとまぁ、俺が怯んだり躊躇ったりでなかなかちゃんとお前に抱かれることが出来なかったとしても、お前が諦めて自分が抱かれる側になるって言い出すより先に、俺が慣れて抱かれてやることが出来るんじゃないか、とも思ってる」
「マジか。めっちゃ嬉しいんだけど」
 素直に喜んだのに、相手は、そんな喜ばれると申し訳ないんだけど、なんて続けるから意味がわからない。
「いやだって、いつか、がどれくらい先になるかわかんないぞ」
「なんだ、そんなこと」
「そんなこと、か?」
「そんなこと、だよ。長期戦なのはとっくに覚悟できてるもん」
 不安だったのは、年の功やら器用さやらを駆使されて自分が抱かれる側になってしまうことだけで、恋愛未経験の童貞だという相手のペースに合わせてジリジリとしか進展しないのは、そこまで不安も不満もなかった。
 多分、相手を父親の恋人だと思いながら暮らしていた期間が長かったからだろう。
 だってこんな未来、あの頃は欠片も想像ができなかった。
 彼の手料理を食べることと、彼が家事の多くを担ってくれていることはあの頃と同じだけど、でも今は彼は自宅に帰ってしまうことがない。好きって気持ちを誤魔化したり抑え込んだりする必要が一切なくて、両想いってわかってて、恋人で。キスもハグも生活に溶け込むレベルで繰り返されている上に、恋人としての触れ合いに相手はかなり積極的だ。
 彼がニートじゃなければ、そもそも彼が家政夫として実家に通ってはくれなかったのだから、不謹慎ながらも彼の過去に感謝すらしているのに。その過去を抱えたせいで、体を繋げるセックスまでの道のりが遠いくらい、全然構わなかった。
「いくらだって待てる」
 言い切ってやれば、フフッと小さな笑いが腕の中からこぼれ落ちる。
「お前と居ると、ほんと、安心する」
「そ、なの?」
「そうだよ。だから、さ」
 耳元で囁くように、早くお前に触られたいよ、なんて言われてしまえばひとたまりもなかった。
 相手の体を抱えたまま片手をすべらせ、まずは服の上から股間をやわやわと揉んでみる。まだほとんど硬さがないそれを弄りながら、キスを求めて体を離した相手と唇を触れさせた。
 少しの間キスに集中して相手を煽れば、手の中のものが硬さを増していく。
「そろそろ、直接触るけど」
「ん、だいじょぶ」
 その言葉を受けて、以前と同じ様に、お腹から下着の中めがけて手を滑り込ませた。といってもいきなりペニスを掴んだりはせず、やはり下生えに触れた辺りで一度手を止める。
 腕の中の体は緊張からか強張っていたけれど、以前のように、何かを耐えて怯えるような様子ではない。
「ふっ……」
 小さく息を吐いて、ゆっくりと力を抜いていく。
「怖くない?」
「くない、から」
 触って、と再度囁くように告げられて、とうとう相手のペニスを握った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です