一回り以上年下の従兄弟を恋人にしてみた1

二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになったの続きです。

 色々あって一回り以上も年下の、従兄弟という関係性のあるまだ大学生の男の子を恋人にしておよそ3週間。こちらの休みが基本平日ばかりだろうと相手は夏休み中なのだから、休みに合わせて頻繁に家まで押しかけてくるのかと思いきや、会うのはなんと、恋人となった日以来の3週間ぶりだった。
 その3週間の間には当然数回の休日があって、動画撮影込みの飲み歩きだって2度もしているのに。
 一番の原因は多分、休みの日程を知らせるときに、今日この日を指定して、こちらからデートしようと言ったせいだ。デートという単語を使いはしたが、要はセックス込みの泊まりのつもりで出かけようって話で、セックス込みでとまでは言わなかったが泊まりでとは言ってあるので、相手もさすがにこのデートを了承する意味はわかっているだろう。
 なぜこの日を指定したのかと言えば、珍しく2日続けて休みな日程を見たら、この日は逃せないなと思ったからだ。初回がビジホお泊りでのセックスだったから、同じパターンなら間違いなくヤレルはず、というゲスな試算に、こちらの体力やらを考えたらやはり翌日は休みのほうが都合がいいという、あまり認めたくはない加齢問題がプラスした結果でもある。
 ただ、デートの日を指定したからと言って、そこに「だから他の日には会わない」などという意味を含ませてはいなかった。どちらかというと、「お前の要望を叶えてやるぞ」のサービス的な意味を持たせて、デートという単語を使ったつもりだったんだけど。
 あまり遠出はしたくないけど行きたいとこがあれば教えてという問いには、なぜかまた撮影同行がいいと返ってきたし、店もこちらにお任せだった。一応、デートなんだから遊園地でも水族館でも映画でも小洒落たレストランでも、お前が行きたいとこ言っていいよと再度問いかけ直したけれど、相手の回答は変わらなかった。
 セックス前提のサービス精神ではあるが、よほど金銭的に引くような提案でなければ何を言われようと付き合う気でいたが、前回同様の撮影同行デートでという返答に安堵した面がないわけではないから、そこまで見越しての提案という可能性もあるかもしれない。もしくは、年の差ありまくりの男同士カップルでも浮かないデート先が思い浮かばなかった、という可能性。
 うん、そっちの可能性のが多分高い。というか、それを考えてしまうと、自分だってここならと思うデート先など思い浮かばないから、デート先ごと決めてくれと投げ返されなかっただけ良かったと言えそうだ。
 そしてデートが動画撮影となったせいで、その間の2回の飲み歩きにまで同行はしなくていい、となるのは納得でもある。顔出しも声出しもない動画だけど、彼の父である叔父さんが視聴者で、かつ投稿者の素性に気づいていないことを考えたら、そう頻繁に動画になりたいわけでもないだろう。
 同行したい理由の一つに、父親が気づくか確かめたい的なのもあったけれど、恋人関係になってしまった今も同じように思っているとは限らない。
 そして一番の原因とした以上、他にも要素はある。部屋が見てみたい的なことを言っていたのに、家に来ようとしない原因はこちらの母親だ。これも言っていたのは恋人関係になる前の話で、どうやら、合わせる顔がないので家には来たくない、らしい。
 母が彼に女の子の紹介の話を持ちかけた件に関しては、こちらから追求もしてないし、母からそんな頼み事をしたって話もされてないが、その現場に同席していたわけではない自分が、気にするなだとか無視すりゃいいとか言ったところで、きっと彼には響かない。なんせ、あんなにもこちらの結婚問題を理由に恋人になるのを拒んでいた相手だ。
 確実に母が家に居ない時間だけ滞在、というのも、パートタイムで一日の労働時間がそこまで長い訳では無い上に、母の勤務日やら時間やらを把握しきってないので難しい。今まで気にしたこともない母の勤務スケジュールやらを確かめるのは、どう考えたってやぶ蛇で、追求が始まるのが目に見える。
 結婚する気もなく、特に恋人を必要としていなかったというか、お付き合いのデメリットが増えて避け気味だった自分はともかく、二十歳になったばかりの大学生が、初恋を実らせたと言っても良いような現状に、そこまで浮かれた様子も見せず、3週間もお預けされて平気なものなのか。会えないにしても、もっとこう、色々と聞きたいことやら伝えたいことやらあるんじゃないのか。という疑問はもちろんある。
 この3週間、こちらからの連絡には割とすぐにレスがあるものの、相手からのアクションもほとんどなかった。
 ただまぁ、結構強引に恋人関係に持ち込んだのはこちらだし。と思うと、そうおかしなこともないのだろうか。でも相手は何やら拗らせた恋愛ど素人のちょっと難解なタイプだし。と思うと、今日のデートもそうすんなりとは行かないのかも知れない。
 そんな多少の不安を持ちつつ、本日の待ち合わせ場所へと向かった。

続きました→

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった(目次)

キャラ名ありません。全38話。
二十歳になったから一緒に飲みに行きたいと押しかけてきた、一回り以上年下の従兄弟に散々振り回された挙げ句、絆されて恋人にする話。自称ケチでクズな社会人(視点の主)×二十歳なりたて大学生。
年が離れすぎているせいで、祖父の葬儀から祖母の葬儀まで全く接点がなく、祖母の葬儀後も法事で顔を合わせる程度の関係だった従兄弟が、ある朝突然尋ねてきて、二十歳になったから一緒に飲みに連れて行って欲しいと頼まれます。
帰りがけ、酔った従兄弟にホテルに誘われ、てっきり慣れてるのだと思い込んで据え膳を食うだけのつもりでホテルの部屋を取ったら、実は全くの未経験者だと知らされるものの、相手の抱かれたい意思の強さに流されて抱いてあげることに。視点の主に男性との経験はありませんが、女性相手のアナルセックス経験はあり。
相手が、視点の主を初恋相手だの、理想の具現化だの言い出して、そのくせ恋愛がしたわけじゃないだの、都合よく抱かれる穴になりたいだの言うせいで、かなり混乱するものの、途中で相手の恋情に気づいてしまい、視点の主側から相手を落として恋人にします。
相手が今現在の視点の主へ向かう恋情を隠すせいで、その恋情に気づくまでにかなりの文字数を費やしてしまったのと、その後もだらだらと二人の初セックスを描写してしまって長いです。
自称ケチでクズの視点の主ですが、年齢差が有りすぎるせいか、相手の献身的な想いのせいか、最終的には相手が可愛くて仕方がない状態になります。
かなり初期(8話目)に洗腸を手伝う描写があります。プレイ的な要素はないのですが、相手のお腹にお湯を注いで目の前のトイレで排泄させています。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的描写が多目な話のタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 突然の訪問
2話 一緒に飲みに行きたい
3話 安居酒屋3軒目
4話 ビジネスホテルのツインルーム
5話 初めてじゃだめですか?
6話 初恋のようなもの
7話 本気なら準備を
8話 洗腸の手伝い(R-18)
9話 冷えたカラダ
10話 躊躇いながらも無意識に
11話 多分きっとファーストキス
12話 気持ちよくなりたくない
13話 正直に全部話して
14話 期待したくなるから
15話 泣き出すタイミング
16話 どうせ泣くなら腕の中で
17話 危なっかしい
18話 勘違いしたくなる
19話 割りに合わないのはどっち?
20話 恋愛感情有り
21話 いっそ落としてしまおうか
22話 恋愛できない理由
23話 一年の価値
24話 結婚する気なんて無いのに
25話 恋人にするメリット
26話 恋人にして下さい
27話 褒められたい
28話 まずはただただ気持ちよく(R-18)
29話 賢者タイム
30話 アナルを解す(R-18)
31話 指を増やして(R-18)
32話 相互にゴムを着け合う(R-18)
33話 一生懸命に欲しがられる(R-18)
34話 ゆっくりと感じていく(R-18)
35話 一緒に気持ちよくなろう(R-18)
36話 お願いイッて(R-18)
37話 可愛くて仕方がない
38話 いってらっしゃいのキス

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった1

目次へ→

 実家暮らしではあるが、土日休みの両親と違って平日休みの仕事なので、休みの日の朝、家の中は本来ひどく静かなものだ。しかし今朝は自室を出たところですぐに違和感に気づいた。
 ぼそぼそと人の話し声が聞こえる。というよりは、どうやらリビングのテレビが点いているらしい。
 消し忘れなんて随分と珍しい。そう思いながらも、とりあえずテレビはそのままにトイレを済ませて顔などを洗う。どうせ朝食を摂りながら自分もテレビを点けるのだから、別にそのままでもいいか、という判断だ。
 あれ? と思ったのは、顔を洗い終わって水を止めた時だ。先程まで確かに小さく漏れ聞こえていたテレビの音が聞こえなくなっている。
 どういうことだと疑問に思いはしたが、それでも、リビングに誰かがいるとは考えなかった。休みだと聞いては居ないが、もし親が居るならこのタイミングでテレビを消す意味がわからないし、親が居ないのに客だけそこに居るなんて考えるはずもない。
 だから無造作にリビングの扉を開けてしまったし、どうやら自分が入ってくるのを待っていたらしい相手と思いっきり目があってしまって、相手が誰かを認識するより先にまずは驚いて悲鳴とも言えそうな声を上げてしまった。腰を抜かして尻もちをつく、なんて醜態をさらさずに済んで良かった。
「うぎゃっ」
「おはようございます。やっと起きたんですね」
 待ちくたびれた様子の、呆れた声が掛けられる。親が仕事に出る前には来ていたのだろうから、確かに何時間も待たせてしまったのだろうけれど、でも来るなんて一言だって聞いてないし、なぜここに居るのかも謎すぎる。
「おはよ。つか、え、なんで?」
 そこに居たのはけっこう年の離れた従兄弟だった。同じ市内在住ではあるが、ご近所と言えるほど近くはないし、そもそも年が離れすぎてて個人的な交流などない。なんせこちらが中学生の頃に生まれたような子だし、彼が小学校に入学したくらいで、正月に祖父母宅に集まるようなこともなくなっている。
 祖父が亡くなったあと、祖母が老人ホームに入居したせいだ。
 老人ホーム絡みで親同士はそれなりに連絡を取り合っていたのかも知れないが、年の離れた子供同士が顔を合わす機会はなくなり、祖母の葬儀で久々に顔を合わせた時には彼は中学生になっていたし、自分はもう社会人だった。中学生の彼と、祖母の葬儀で会話を交わした記憶がほとんどない。多分、軽く自己紹介的な挨拶をした程度だと思う。
 それから法事で何度か顔を合わせるうちに、多少の雑談はするようになったが、3回忌から7回忌まで4年ほど空いた間はなんの音沙汰もなかったのに。
「この前の法事で、もうすぐ二十歳だって、言ったの覚えてます?」
「ああ、そういや言ってたな」
「先日、誕生日を迎えたので」
「ああ、うん、おめでとう?」
 まさか誕生日プレゼントをねだりに来たってこともないだろう。おめでとうとは口にしたけれど、さっぱり意味がわからないままなので、語尾は疑問符がついて上がってしまった。
「その、一緒にお酒を飲みに行ける年齢になったので」
「え、ちょっと待って。俺と一緒に飲みに行きたいって話? え、なんで?」
 ますます意味がわからない。酒が飲めるようになったから、という理由で、たいして交流のない従兄弟をわざわざ誘う理由なんてあるだろうか。
「一緒に飲みに行きたい、の前に、ちょっと確認させてほしいんですけど」
「確認? 何を?」
 携帯を取り出して何やら操作したあと、画面をこちらに向けてくる。そこに表示されていた画像に、ザッと血の気が引く気がしたし、彼が何を確認したいかも察してしまった。
「これ、あなたですよね?」
 そこには趣味で上げている動画が映し出されていた。

続きました→

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

理解できない(目次)

キャラ名ありません。小ネタ2話と本編54話の全56話。
小ネタは攻め視点。本編は受け視点。
七歳差で攻めは大学四年・受けは中学三年からスタートし、受けが高校卒業して二人が恋人として同棲するようになるまでの話。
受けの幼少期に何があったのか詳しい描写はしていませんが、親の主導で体を売るような真似をしてました。歪んだ大人たちに囲まれて性に緩い子供時代を過ごしてしまったせいで、自分をそこから救い出してくれた攻めにも当たり前のお礼として体を差し出そうとしていた受けが、攻めに導かれて染み付いている歪みを整えながら、成長とともに攻めへの恋情を育てていきます。
理解できないのタイトル通り、攻めの言葉や行動に理解できないことがたくさんあって、気持ちを育てるのに時間が掛かりました。つまりは、ぐちゃぐちゃと悩んでいるシーンや、攻めとのなかなか噛み合わない会話シーンが長いです。エロ控えめ。

診断メーカーからの「場所:ベッドの上 時間:夕 攻め:尽くし 受け:強気 何してる?:イタズラ」というお題で書いた親戚の中学生を預かる話に、続きを読みたいというリクエストを頂いて書きました。
続きを書くにあたって希望を募ったところ「受けの子の純愛」「一緒にお風呂をただ楽しむ攻めとエロいことされずびっくりな受け」が見たいという意見を頂いたので、それらを意識した展開が含まれています。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的なシーンが含まれるものはタイトル横に(R-18)と記載してあります。

親戚の中学生を預かり中1
親戚の中学生を預かり中2

1話 ここでの暮らし
2話 風呂場突撃
3話 フェラ拒否
4話 これから成長期
5話 そんな性癖はないよ
6話 洗ってもらう
7話 卒業間近
8話 卒業旅行計画
9話 ラブホへ
10話 洗われながら(R-18)
11話 いたずらしたい
12話 初フェラ(R-18)
13話 認識の差
14話 好きな子を抱きたいだけ
15話 キス
16話 好きって言って(R-18)
17話 放ったらかし
18話 置いていかれる
19話 もう抱かない
20話 彼のいない家
21話 逃げられない
22話 朝食
23話 二人の距離
24話 笑われて泣き止む
25話 困らせる相談
26話 寂しいなら構うよ
27話 相談そのに
28話 もっと早く知りたかった
29話 困らせてやった
30話 わかるけどわからない
31話 お気に入りのケーキ
32話 相互理解の場
33話 成長してる
34話 もう信じられるよ
35話 交際スタート
36話 二回目どうする?
37話 焦らしてやりたい
38話 恋人やめないで
39話 浅はかだった
40話 焦らさないで
41話 彼の家での過ごし方
42話 抱きたい、はどこへ?
43話 自分の気持がわからない
44話 抱かれたい気持ち
45話 一緒に暮らしてみようか
46話 準備スタート
47話 金曜夜は週末(R-18)
48話 このまま抱きたい
49話 なぜか涙が溢れてくる(R-18)
50話 上手く行かない(R-18)
51話 前よりいい(R-18)
52話 好きって偉大(R-18)
53話 朝食後にもう一度
54話 ようやく知らされる事実

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

いつか、恩返し(目次)

キャラ名ありません。全35話。
同じ市内在住の同い年な従兄弟。メインは大学時代の4年間。
幼い頃から視点の主は従兄弟と競い合ってきたが、高校入学後に力量の差を認めて謝罪。その後、家庭の事情から従兄弟に同じ大学の同じ学部学科へ入学して貰うことになり、そこで大きな借りができる。
親元を離れた大学生活中、従兄弟と恋人ごっこをしたり、従兄弟に恋愛的な意味で好かれてると知ったり、従兄弟の誘いに乗ってセックスしたりで、最終的にはごっこをはずした恋人になります。
視点の主は好奇心旺盛で、その好奇心に付け込まれるような形で抱く側も抱かれる側も経験しますが、描写は抱く側の方が多め。
恋人ごっこを開始する前、視点の主は彼女持ちで非童貞。従兄弟は高校時代に彼女が居たけれど童貞。後ろはどちらも非貫通です。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的なシーンが含まれるものはタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 一緒の大学へ行こう
2話 従兄弟のゲイ疑惑
3話 形だけの恋人
4話 お酒解禁
5話 従兄弟の好きな子
6話 今後も今まで通りで
7話 試していいよ
8話 どっちでもいい
9話 便利な言葉「好奇心」(R-18)
10話 もう挿れて(R-18)
11話 きっと好奇心ではない(R-18)
12話 憐れで、健気で、愛おしい(R-18)
13話 優越感と見下し
14話 可愛いと繰り返す
15話 交代
16話 童貞なんて聞いてない(R-18)
17話 集中させて(R-18)
18話 抱く側でも可愛い(R-18)
19話 相互アナル弄り(R-18)
20話 背面騎乗位(R-18)
21話 チャレンジ(R-18)
22話 炒飯とスープ
23話 微妙に噛み合わない
24話 win-winな関係
25話 嬉し泣き
26話 好きを言う理由
27話 もう少し、このままで
28話 大学卒業後の進路
29話 欲しかったもの
30話 卒業後は同棲決定
31話 今だから言える
32話 親近感
33話 そろそろ知ってて
34話 恩を返すために
35話 抱き潰された(R-18)

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

今更嫌いになれないこと知ってるくせに(目次)

診断メーカー(http://shindanmaker.com/474708)から頂いた
あなたは『「今更嫌いになれないこと知ってるくせに」って泣き崩れる』誰かを幸せにしてあげてください。
というお題を、叔父と甥の2人で書いたらメチャクチャ長くなりました。
全34話です。

キャラ名はありません。
視点の主は叔父で、甥との年の差は10歳あります。
気持ちのベクトルは最初 義兄(甥父)←叔父←甥 ですが、最終的には叔父と甥で両想いハッピーエンドです。
最終的な肉体関係は叔父×甥ですが、途中、甥が叔父を押し倒して強引に色々弄るシーンなどもあります。

義兄への気持ちに気づいた後、実家とも姉家族とも久しく疎遠にしていた主(叔父)の家に、義兄そっくりに育った甥がある日突然押しかけてきた夏から、甥が高校卒業する春までの半年ちょっとの間の話です。
義兄への想いと甥への想いの間で主(叔父)が揺れまくって相当グダグダしてます。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的なシーンが含まれるものはタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 突然の訪問者
2話 懐かしい味
3話 義兄の夢
4話 義兄で自慰(R-18)
5話 自慰失敗(R-18)
6話 甥の手で(R-18)
7話 甥へのカミングアウト
8話 約束の週末
9話 甥の告白
10話 父さんの代わりでいい
11話 甥の経験値(R-18)
12話 甥の緊張(R-18)
13話 可愛い声(R-18)
14話 甥自身の手で拡張(R-18)
15話 拡張交代(R-18)
16話 指3本とお尻での快楽(R-18)
17話 ここまでで
18話 甥の帰宅
19話 姉の電話
20話 義兄の待ち伏せ
21話 甥の部屋
22話 甥の進路
23話 甥への好きを認める
24話 その気持ち、試していいの?
25話 今更嫌いになれないこと知ってるくせに
26話 親・姉・義兄に知られている可能性
27話 自分の覚悟
28話 良い報告
29話 甥の卒業と同居開始(R-18)
30話 まずは手で一緒に(R-18)
31話 性急に解す(R-18)
32話 繋がる(R-18)
33話 同時に果てる(R-18)
34話 明日も明後日もその先も

 
 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁