いつか、恩返し18

1話戻る→   目次へ→

 抱かれている真っ最中で、しかも上り詰める寸前で、けれどどうしようもなく湧き出る愛しさにクスっと笑いが溢れてしまう。
「はは、かわいぃ」
 ついでのように、気持ちまでそのまま声になって溢れた。
「え、なに」
「かわ、いいっ、ぁ、ぁん、おまぇ、ぁっ、かぁいい」
 異常に気づいた相手が聞くのに可愛いと繰り返してやれば、わけがわからないと言った様子で眉間にシワを寄せるから、ますます笑ってしまいそうだ。
「なんだそれ」
「ぁ、ばか、とまんなって、も、いく。いきたいっ」
 腰を止めそうになった相手を煽るように自ら腰を揺すってねだりながら、見せつけるようにペニスを扱く。
「ああ、もうっ」
 感情に任せて吐き捨てたみたいな、どこか苛立った声すら、相手の余裕の無さを表しているようで楽しい。しかも、その後は容赦なく感じる場所をグイグイと抉られたから、笑うに笑えなくて我ながら酷い喘ぎ方をしてしまった。
「うひっ、ぁ、ぁんっ、ひゃぅ、ぁ、いいっ、ぁは、あっ、あんっ、いく、ぁっ、ぁあ、いくぅっ」
 ペニスからどぷっと吐き出される白濁を手の平で受け止めながら、ぎゅうぎゅうとアナルを締め付ければ、少し遅れて肚の中のペニスがドクドクと脈打った。ああ、イッてる、と思いながら見上げる相手は、多分に安堵を混ぜながらうっとりと快感を享受している。
 そんな彼を見ながら、やっぱり可愛いなと思ってしまう自分自身がおかしくて、またしてもくふくふと小さく笑ってしまえば、それに気づいた相手が嫌そうな顔になって腰を引こうとする。
「あ、待って」
「なんだよ」
「抱っこ」
「は?」
「もーちょいお前感じてたいから、抜かずにこのままぎゅってして」
 ちょっとだけでいいからと言えば、小さな溜め息を一つ吐き出した後で、相手の体が覆いかぶさってくる。その背をぎゅっと抱きしめてやれば、軽く背が浮いてもぞもぞっと相手の腕がその下に潜り込みギュッと抱き返された。
「なぁ、俺が童貞だったの、結局お前、どう思ってんの」
「どう、って?」
「知らないまま初めて受け取らされてドン引きなのかと思ったけど、途中からなんかやたら楽しそうだし、逆に初めてで余裕ないのを笑われてんのかと思ってた。けど、こうやって変な甘え方してくるし。このぎゅっとして、も、もしかして馬鹿にされてんのかとか、下手だったのを慰められてんのかな、とか、なんか、色々考えすぎてよくわからなくなってる」
 心許ない声音に、慌てて、違う違うと否定を返す。
「びっくりはしたけど、純粋にすげぇなと思ったよ。お前が未経験だったなんて、ちっとも思わなかったし。後、余裕なくて必死だったお前見て笑ってたのは、嬉しかったのと可愛かったからだってば。抱かれてる時のお前も可愛いけど、俺を抱いてるお前も、可愛いんだって。マジに」
「それ、喜んでいいのか微妙なんだけど。下手だったからと言うか、拙いながらも一生懸命で可愛いね、みたいなやつじゃなくて?」
 別に見下しでもいいけどさ、と続いたセリフに、やっぱり違うと否定を返した。
「俺もう、お前のこと、見下した優越感で可愛いなんて思うことないよ。ただただ素直にお前を可愛いって思えるようになってる。だからお前、俺を抱くことにしたんじゃないの?」
「それは、そうなんだけど」
 やっぱりなと思う。そうだろうと思っていた。こちらの気持ちが育つのを待っていた、というのは、きっとこういう部分のことも指している。
「後、初めて挿入するセックスで、相手イカせてほぼ同時に自分もイクとか、普通に凄いと思うけど」
 俺はそんなの無理だったよと言えば、やっと納得した様子で、ならいいとだけ返ってきた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。