いつか、恩返し19

1話戻る→   目次へ→

 その後はしばし黙って、余韻を堪能するみたいにただただ抱きしめ合う。だけで済むはずがなく、肚の中で一度は柔らかく萎んだペニスが、また質量を増してくるのを感じ取ってしまう。
 悪戯心で意識的にアナルをキュッキュと絞ってやれば、すぐに煽るなと注意されてしまった。
「ゴム変えて、もっかいする?」
 そこまで体にダメージがあるようには思えなかったし、もう一回と言われても全然付き合えそうだと思う。
「お前は? しなくていいのか?」
「ん? 抱く側をってこと?」
「そう」
「んー……したいかしたくないかで言えば、抱きたい気持ちはあるけど、」
「あるけど?」
「さすがに腰降る元気までは残ってないような気もするから、このまま抱かれる側で、もっかい気持ちよくなる方が現実的」
 それとも抱いて欲しいのかと聞けば、一瞬だけ躊躇うような様子を見せたから、もしかしなくても抱かれたいのかも知れない。
「よし、わかった。やっぱ抱く。交代しよう。てわけでこれ抜いて」
「待てよ。抱かれたいなんて言ってない」
「でも抱かれたそうな顔した。というか抱きたくなった」
 もう一度抜いてと言えば、さすがに渋られることもなく、覆いかぶさっていた熱が離れて、ゆっくりと体内から相手のペニスが抜け出ていく。
「ぁ……」
 ぬるりと内側を擦られる感触に、ぞわりと肌が粟立った。それにしっかりと気づいていたらしい相手が、抜き終えゴムを始末したかと思うと、また手を伸ばしてくるから焦る。立場を入れ替えて今度はこちらが抱く側だと言っているのに。
「ちょ、え、なんで」
 最初から今日は抱くと宣言されて始めたわけではないし、洗腸は相手も済ませているし、相手の体は抱かれることにももうかなり慣れている。とはいえ、さすがにすぐさま押し倒して突っ込めるというわけではないので、今度は相手のアナルを慣らして拡げるためにと、ローションを手にした格好だった。
 そんな状態だと言うのに、なぜか自分の緩んだアナルに相手の指を突き立てられてしまって、間抜けにも動揺しまくった声をこぼしてしまう。
「だって中、随分気持ちよくなってるみたいだから」
「それは、そうだけど、」
 いやでもこれからお前を抱くんだけど、という言葉は、じゃあいいだろの言葉に遮られて続けさせてもらえなかった。
「それより、ね、俺の方も弄って」
 肩幅に足を広げた膝立ちで誘われて、逆らう気にもならず、ローションを垂らした手の平を足の間に差し込んでいく。
「んっ……」
 アナルの縁を軽く撫でただけで、甘い吐息が漏れてくる。浅い所をくじって、くちゅくちゅと濡れた音を小さく立てれば、焦らすなよと不満混じりの甘い声が先を促した。
「いやだって、なんか、さ」
「なんか、何?」
「互いに互いの穴を弄り合うって、倒錯的と言うか、なんというかで」
「興奮しないか?」
「まぁ、それを否定はしないけど」
 素直に認めてしまえば、相手がおかしそうに笑った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。