二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった26

1話戻る→   最初から読む→

 口内に舌を突っ込むことはしなかったけれど、ただ触れて離れるだけはなく、吸って食んで舐めてを繰り返す。泣いて呼吸を乱す相手の口内に侵入するのを躊躇っただけで、もちろん、相手の呼吸が落ち着いたら深く触れに行くつもりではあった。
 しかしこちらが相手の唇を割って舌を伸ばすより先に、応じるように相手の舌が差し出されてきたので、完全に泣き止んではいないようだったけれども少しずつ触れ合いを深めていく。
 時折しゃくりあげるのに合わせて喉の奥が震えている。
「ぅ゛……ぁ、ぅっ……ん゛んっ……」
 先程よりも苦しそうなのに、口はしっかりと開かれていて、感じるだろう場所を舌先で弄り回しても、呻くだけで逃げる様子はやはりない。それを確認してから、そっと相手の肩を押して仰向けに転がした。
 一旦顔を離し、先ほどと同じように相手の体を挟むように両腕を突いて見下ろした先、赤くなった目を潤ませた相手は間違いなく期待と興奮とを滲ませている。
「もっとキスする? それとも、先、進むか?」
「それは、抱く、ってこと、ですか?」
「ああ、抱くよ」
「こいびと、と、して……?」
「そう。恋人として。それともまだ俺の恋人にはなれないって言う? 理由並べて俺を説得する?」
「そんなの……」
「言わないし、しない。だろ?」
「だって、出来る気がしない、ので」
「じゃあやっぱまだ、俺の恋人にはなりたくないな、って思ってるの?」
 確認すれば、小さな声がズルいと呟いたようだったけれど、わかっててやってるとはもちろん言わなかった。
「言えよ。恋人にしてって。大好きな俺に初めて貰って欲しいって。初めてだからうんと優しく抱いて、って」
 畳み掛けるように告げた言葉に、相手は一瞬唖然として、それから戸惑った様子で視線をあちこちうろつかせた挙げ句、逃げるみたいに顔を横へ向けてしまう。それを言う想像で照れているのか、じわりと頬が赤くなってもいた。
 ははっと小さな笑いをこぼしながら顔を寄せれば、そむけていた顔を戻してキスをちゃんと口で受け止めようとするから、どうにも可愛くて仕方がない。口に出して言えなくたって、行動が依然として好きだ好きだと訴えてくるのだから、もうそれでいいことにしてあげようか。
「恋人扱いで抱いて、いいよな?」
 ちゅっと軽く触れるだけのキスをして問いかける。もうこれに頷くだけでいいことにしようと思って。なのに。
「はい。俺を、恋人にして、下さい。そ、それで……あの、」
「大好きな俺に、初めて貰って欲しい?」
 言う気がある、もしくは認める気がある。というのを察して、再度先程の言葉を一部繰り返してみた。
「は、初めて、貰って欲しいし、初めてだから、や、優しく、して、下さい」
 おお言った。という感動のようなものはあるのだけれど、そこまで言ったなら肝心な部分も言って欲しいという欲が湧く。
「どうせなら、大好きな俺に、ってとこは飛ばさないで欲しかったんだけど」
「うぅっ、大好き、なので、そ、そろそろ勘弁して下さい、よ」
 恥ずかしいしいたたまれないんですけど、と言って、今度は顔を背けるのではなく両手で顔を覆ってしまった。だけでなく、仰向けていた体を横にして身を丸めようとする。逃げ隠れたくて仕方がないらしい。
「こらこら。せっかくそこまで言えたんだから、言われた俺のこと見ておかなくていいのか?」
「え?」
 横向きになろうとした肩を引いて再度仰向けに転がしながら告げれば、興味が湧いたのか顔を覆う手も外されたから、すかさず再度キスを一つ落としておく。しかし相手はどうやらこちらの顔を見つめるのに夢中だ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。