二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった38(終)

1話戻る→   目次へ→

 ホッと安堵の息を吐いて、抜くぞと声を掛けてから腰を引いていく。
「体、どんな感じだ?」
 自分のゴムと相手のゴムとを手早く外して、ティッシュに丸めて捨てながら、立てるかどうかを聞いた。
「一人でシャワーに行ける。バスルームに連れてってくれればあとは自分でできる。体洗って欲しい。シャワー無理だから体拭いて欲しい。どれ?」
「多分立てるしどっか痛いとかもないですけど……」
「あー、……疲れた?」
 声の感じから、シャワーに行けなくはないが行きたくない、というのがわかってしまう。顔にもかなり疲れが滲んでいた。
 ほぼ全てが初めての行為だったはずで、泣いたりイカされたり突っ込まれて揺すられたりしたのだから、精神的にも肉体的にも疲れていて当然だろう。
「です、ね。シャワーは明日の朝でいいです」
「わかった。ちょっと待ってろ」
 一旦バスルームへ行き、フェイスタオルをお湯で濡らしてから戻り、背中だけ拭いてやってからそのタオルを差し出した。
「あとは自分で出来るな?」
「はい」
「んじゃ俺はシャワー浴びてくるから。眠かったら寝てていい。あと、俺明日仕事だから6時前にはここ出るけど、お前どうする?」
 チェックアウトは10時で、自分の都合で好きに帰ってもらっても一向に構わない。と言えば、一緒に起きますと返ってきた。けれど、起きはしても一緒に出る気はないようだ。
 まぁ同時に起きて同時に出ると考えたら、彼にシャワーを浴びる余裕はない。寝過ごさないように一緒に起きて、シャワーを浴びてから帰る、というのも納得だった。しかし。
「せっかくだし、いってらっしゃいって、言わせて下さい」
 そういう理由か。と思ったらなんともこそばゆい気持ちになって、口元が緩んでしまう。
「おー、じゃあ、楽しみにしてる」
 緩んだ顔を見られるのがいささか気恥ずかしく、相手の頭をわしゃわしゃっと撫でてから、さっさとバスルームに逃げ込んでしまった。


 あの程度でこの疲れ? という違和感を、加齢だなどと認める気はないが、間違いなく、久々のセックスでこちらもそれなりに疲れていたようだ。結果かなりギリギリまで寝てしまい、バタバタと急いで支度済ます。
 逆に相手の方は眠ってかなり回復したらしく、事後に見せていた疲労は今はもう欠片も見えず、ベッドに腰掛けながらも楽しげにそんなこちらを眺めていた。
「おい、もうそろそろ出れるけど」
「あ、はい」
 いってらっしゃいを言うんだろうと促すつもりで声を掛ければ、スッと立ち上がって近づいてくる。
「そこのドアまで送ります」
「そうか」
 ならばと数歩先にあるドアまで歩いてから、相手のことを振り返った。
「えと、じゃあ、あの」
 もじもじとして今更照れくさいのかと思ったが、先程まで楽しげに笑っていた顔が緊張でこわばっている。というよりも、なんだか不安そうな顔をしている。
「どうした?」
「次、も、あります、よね?」
「あー、次な。後で俺の休み、わかってる分は送るわ。そっちの夏休み中はとりあえず、俺の休みにお前がまた俺を誘いにくればいいんじゃね?」
 その日何をするかは、会ってから考えればいい。その日の天気や気分次第で、昨日のように飲みに出てもいいし、部屋で過ごしたっていい。
 そう言えば、相手はホッとした様子で、わかりましたと嬉しそうに笑う。
「で、ほら、俺もう出ないとだから、言うなら早く言えって」
「は、はい」
 しっかり返事をしたくせに、それに続いたのは言葉ではなかった。スッと顔が近づいて、ちゅっと小さな音とともに相手の唇が頬に触れた。
「いってらっしゃい」
「おう、お前も気をつけて帰れよ」
 今度こそ照れくさそうにしている相手の唇に、素早く唇を押し当ててから部屋を出る。ドアが閉まる前にチラリと見えた、相手の呆然とした顔に笑いがこみ上げてしまう。先に自分から仕掛けてきたくせに、なんであんなに驚いているのか。
 どうせなら、その呆然とした顔が次にどんな表情を見せるのかまで見ていたかったけれど、それはまた次の機会でいい。ケチなクズという自覚はあるし、恋人として付き合ったらあっさり愛想をつかされる可能性もなくはないが、あの様子ならもう暫くは好きでいてくれるんだろう。
 恋愛したいわけじゃないと予防線を張る相手の手を掴んで、恋人関係に引きずり込んだのはこちら。という認識もあるから、相手がこちらに見切りをつけて離れていくなら止めはしないが、自分から手を離すつもりはない。
 思いの外、可愛くて仕方がない気持ちが湧いているので、いつか彼の手を離す日が、遠ければいいなと思う。彼がいつまで付き合ってくれるのかはわからないが、だからこそ、久々の恋人を堪能してやろうとも思っている。次の休みが楽しみだ。

<終>

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

「二十歳になった従兄弟を連れて酒を飲みに行くことになった38(終)」への2件のフィードバック

  1. かわいかったです!
    更新を楽しみに待って読ませていただきました。
    なんだかんだラブラブな未来が早くもみたいです♡

  2. ぽちさん、さっそくのコメントありがとうございます。
    最後まで楽しく読んでもらえたようで良かったです(´∀`*)
    視点の主はいつか愛想つかされちゃう前提だけど、受けの子もきっと、視点の主がもう終わりって言い出すまでは恋人で居られるんだよね的な、相手次第な事を考えてそうなので、お互いそれに気づくまでは、終わる前にいっぱい楽しまないとって一生懸命イチャイチャし合うんだろうなと思ってます。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。