無表情トレーナーは変態でした(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます
社会人同士。2歳下の年下攻め。本編9章+後日談2話。
新人教育係の山瀬は太っていることを気にしていなかったが、新入社員の一人に不快だと思われている事を知ってジムに入会する。そこで出会った無表情なトレーナーの川瀬が気になりだした頃、手料理に釣られて家に泊まったら手を出されて、相手の性癖を知らされる。焦らされエッチで泣いたりしつつも、性癖ごと受け止めて恋人になります。
後日談は本編ほぼ直後の仲直りエッチの続き。川瀬視点で、鏡に写しながらお尻だけでイクところを見せて欲しいとお願いするような内容。

1章 そうだ!ジムに入ろう
2章 トレーナーの川瀬くん
3章 美味しいご飯が食べたい
4章 想定してた抜きあいと違う
5章 自分から誘うしかない
6章 じっくり慣らされて
7章 みんなでランチ
8章 飽きちゃった?
9章 仲直りセックスをしよう
無表情トレーナーは変態でした・後日談1
無表情トレーナーは変態でした・後日談2(終)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

俺が眠らせてあげるから(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます。
社会人と学生。本編7章+後日談3話。
添い寝やのキャストとして働く主人公のケイが、オーナーであるシュンからの依頼で、不眠が酷いという男性客(修司)を取ったら、その男性客に惚れてしまう話です。恋人エンドでキスまで。
後日談は、そんな二人が初めて体を繋げるセックスをする話。
修司視点で、自分が抱かれる側になるんだと思いこんでいた修司が、ケイを抱きます。

1章 オーナーからの紹介
2章 もっと知りたい
3章 不眠の原因
4章 友だちになりたい
5章 恋人になりたい
6章 元カノ訪問
7章 手放せないなら恋人に
後日談1
後日談2
後日談3

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

俺が本当に好きな方(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます。
高校同級生。三角関係。全6章+後日談1話。
主人公の祐希は親友隆史への恋心を隠していたが、クラス替えの後、隆史の双子の弟である悟史にその恋情を知られてしまい、更には好きになったと告白までされる。隆史と悟史の間で気持ちを揺らしながらも、最終的には隆史と恋人になります。キスまで。
後日談は隆史視点で、恋人として初めて祐希の部屋を訪れる隆史の話。

1章 双子の弟
2章 隆史に彼女
3章 悟史からの告白
4章 揺れる気持ち
5章 男同士で好きなんて
6章 本当の本当に両想い?
後日談

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

カレーパン交換

 自室の勉強机の上に置かれた黒い袋の中身はカレーパンで、昨日コンビニで買ってきたものだ。有名なチョコブランドとのコラボ品で、発売情報は事前に得ていた。
 バレンタインというイベントに乗っかって、チョコを渡しながら想いを告げたい気持ちはない。むしろこの胸の中に抱える恋情は隠し通したい。でも好きな相手にチョコを渡すという、ドキドキだったりワクワクだったりは味わってみたい。
 そんな自分にとって、チョコ入りカレーパンというのは絶好のアイテムに思えたのに。これならおもしろネタとして購入しやすいし、あまりバレンタインだのチョコだのを意識させることなく、相手にも渡しやすそうだと思ったのに。
「はぁあああ」
 目の前のカレーパンを見つめながら盛大に溜息を吐いた。
「なんで、今年に限って日曜なんだよ……」
 吐き出す声は恨めしさがありありと滲んでいたが、それも仕方がないと思う。平日だったら学校で弁当を食べるついでに取り出して、面白そうだったから買ったと言って、半分わけてやるなどで相手に食べさせることが簡単にできるのに、日曜じゃそうもいかない。
 仲はそれなりに良いし、映画やら買い物やらで休日に一緒に遊びに行くことだってしないわけではないけれど、カレーパンを渡すために会うとか意味がわからない。というよりも、せっかくバレンタインやらチョコやらを意識させないためのカレーパンなのに、そんなことをしたらさすがに気づかれそうだ。
 だってカレーパンを包む袋にははっきりとコラボしたブランド名が書いてあるし、このブランド名を見たらチョコを意識せざるを得ないし、わざわざ呼び出してこれを渡したら、きっとチョコを渡すのとそう変わらない。それじゃカレーパンである意味がない。
 元々、バレンタインなんてイベントは自分の想いには無関係だと思っていたのだから、好きな相手にチョコを渡してみたいなどという、乙女じみた野望を捨ててしまえばいいのはわかっている。でもこのカレーパンの発売情報を見た瞬間に、これなら俺でも渡せるじゃん! と浮ついた気持ちが忘れられない。
 諦めきれないまま、手の中の携帯を弄った。さっきから何度も、相手に今日会えないかと問うメッセージを書いたり消したりしている。会って渡したら意味がないと思うのに、どうにかしてさりげなく渡す方法はないかと模索している。
「うわっ!」
 そんな中、相手から暇かどうかを問うメッセージが届いて、思わず驚きの声を上げてしまった。すぐさま暇だけどと返せば、次には、近くまで来てるから遊ぼうというメッセージが届く。
 向こうから申し出てくれるなんて、なんて都合がいい。
 机の上のカレーパンはそのままにこの部屋に呼び、ちょっとでもカレーパンに興味を示したら面白そうだったから買ったと告げて、一緒に味見をすればいい。この流れなら、当初の予定とそう変わらない。
 しかし、ウキウキで遊びに来た相手は、部屋に入った瞬間に、あっ! と声を上げて立ち止まってしまった。視線の先はカレーパンだ。
 ちょっとでも興味を示したら、というレベルじゃない反応にドキリとする。
「あ、いや、これはその、なんか面白そうだったから買ってみただけで、誰かにあげるつもりとかは、あ、じゃなくて、誰かに貰ったものじゃなくて、その、あー……」
 焦って口からこぼれていく言葉はどれもこれもが最悪だ。このカレーパンがバレンタインのチョコを意識した品だと、自ら暴露してしまった。
 これでもう、さりげなく相手にチョコを渡すのなんて絶対に無理。このカレーパンを買ってきた意味がなくなった。
「くそっ」
 自らの盛大な失態に悪態をつけば、相手はそんな動揺しなくてもいいのにと笑う。
「バレンタインコラボのチョコ入りカレーパンを自分で買ったからって、そんな恥ずかしがるような事じゃないだろ。面白そうだったから買った、だけでいいじゃん」
「わかってんよ」
「それにさ、もしお前がバレンタイン用の包装された可愛いチョコを買ってたって、チョコ貰えなくて自分で買っちゃう可哀想なやつ、なんてこと、俺は思わないぞ?」
「いや、そうじゃねぇよ。つか、つまり俺がこれを誰かにやるつもりで買ったとか、誰かから貰ったとかは、欠片も思わねぇってことかよ」
「最初に言った、面白そうだから買った、が事実だと思ったけど。それとも、誰かにあげたくて買ったものだから、あんなに焦った?」
 またしても完全に墓穴を掘った。チッと舌打ちして視線をそらせば、図星だ! という言葉に追い打ちをかけられる。
「え、まじで? お前、チョコ渡したいような相手いるってこと? え、誰だよそれ。俺の知ってるやつ?」
「あーあーあーあー、うーるーせー」
 続けざまに質問が飛んできて、それを遮るように声を荒げて机に近づいていく。
「これは、俺が自分で食うために買っただけ」
 取り上げたカレーパンの袋を思い切り開封し、中身にかぶりつこうとしたその時。
「待って!」
 手の中から相手がカレーパンの袋を奪っていった。
「何すんだっ!」
「自分が食べてみたくて買っただけなら、これじゃなくて俺が買ってきたやつ食って」
「は?」
「俺が、買ってきたのを、食え」
 言い含めるようにゆっくりと吐き出されてくる声は、どこか怒りを孕んでいる。
「え、なんで?」
「俺のは明確に、お前に食べさせるために買ってきたものだからだ」
「え、なんで?」
「今日がバレンタインだから」
「え、つまり、お前からの……チョコ?」
 最後の部分は言うのをかなり躊躇った。けれど確かめずにはいられなかった。
「そーだよ! ほらっ」
 鞄から取り出された黒い袋が突きつけられる。紛れもなく、先程まで机の上に置かれていたカレーパンと同一のものだ。
「まじかよー」
 受け取った袋を抱えながらへなへなとしゃがみこんでしまえば、同じようにしゃがんだ相手が、俺からのじゃ食いたくないかと問うてくる。少しだけ不安のにじむ声に慌てて首を横に振った。
「つかお前、勇気あんな」
「いや俺だって、お前が誰かにチョコ渡したがってるの知らなきゃ、言うつもりなんて無かった。面白そうだから買ってきた、だけでいいと思ってたよ」
「そ、っか」
「そう。だからこれは返すけど、これの代わりに、俺が渡したそっちの未開封のを誰かにやるのとかだけはナシな」
「んなことするわけないだろ。てかそっちはお前が食えよ」
「え、やだよ。だってこれ、お前が誰かにあげるつもりだったチョコだろ」
「誰か、っつーか、お前な」
「え?」
「俺がそれ渡したかった相手、お前」
「え、え、つまり……」
 俺たち両想いだなと告げれば、ここまで一切照れる様子もなく堂々としていた相手の顔が、みるみる赤く染まっていった。

コラボカレーパンこのコラボカレーパンが発売されるニュースを見て、今年のバレンタインネタはこれに決まりだなと思いました。笑

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

抱かれたら慰めてくれんじゃないのかよ(目次)

キャラ名ありません。全26話。
同じ男を好きになったという繋がりで友人関係を続けていた社会人二人が、実は長いこと両片想いだった事が発覚して恋人になる話。ゲイバリタチ×非童貞処女(視点の主)。
共通の想い人が結婚した夜、視点の主が攻めへの恋情を隠したまま、かつて言われた「どうしても慰めが必要ならそっちが抱かれる側で」の言葉を持ち出して慰めてくれと誘い、抱かれる過程で攻めの気持ちを知っていきます。
両片想いが判明する前に、共通の想い人の代わりに抱く・抱かれる的な要素が多少混じっています。
それなりの長さがありますが、最初から最後までホテルのベッドの上です。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
ずっとベッドの上で行為中なため、性的描写がかなり多目な話のタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 結婚式帰り
2話 チャンスを拾うだけ
3話 慰めてくれんじゃないの?(R-18)
4話 あいつの代わり
5話 優しくされる
6話 顔は隠して(R-18)
7話 バカって言わないで
8話 気づかれた
9話 両想いらしい
10話 一番気を許せる相手
11話 サイズ
12話 抱かれて感じるのは無理
13話 きっと次もある
14話 初めてって言えない
15話 誰にも抱かれた事がない
16話 自己拡張詳細報告(R-18)
17話 素直な気持ちを全部(R-18)
18話 早く繋がりたい(R-18)
19話 愛されている(R-18)
20話 コンプレックスと性癖
21話 緩やかな快感(R-18)
22話 真似できそうにない
23話 独占欲
24話 恋人になって
25話 お願いもう動いて(R-18)
26話 浮かれている

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

いつか、恩返し(目次)

キャラ名ありません。全35話。
同じ市内在住の同い年な従兄弟。メインは大学時代の4年間。
幼い頃から視点の主は従兄弟と競い合ってきたが、高校入学後に力量の差を認めて謝罪。その後、家庭の事情から従兄弟に同じ大学の同じ学部学科へ入学して貰うことになり、そこで大きな借りができる。
親元を離れた大学生活中、従兄弟と恋人ごっこをしたり、従兄弟に恋愛的な意味で好かれてると知ったり、従兄弟の誘いに乗ってセックスしたりで、最終的にはごっこをはずした恋人になります。
視点の主は好奇心旺盛で、その好奇心に付け込まれるような形で抱く側も抱かれる側も経験しますが、描写は抱く側の方が多め。
恋人ごっこを開始する前、視点の主は彼女持ちで非童貞。従兄弟は高校時代に彼女が居たけれど童貞。後ろはどちらも非貫通です。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的なシーンが含まれるものはタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 一緒の大学へ行こう
2話 従兄弟のゲイ疑惑
3話 形だけの恋人
4話 お酒解禁
5話 従兄弟の好きな子
6話 今後も今まで通りで
7話 試していいよ
8話 どっちでもいい
9話 便利な言葉「好奇心」(R-18)
10話 もう挿れて(R-18)
11話 きっと好奇心ではない(R-18)
12話 憐れで、健気で、愛おしい(R-18)
13話 優越感と見下し
14話 可愛いと繰り返す
15話 交代
16話 童貞なんて聞いてない(R-18)
17話 集中させて(R-18)
18話 抱く側でも可愛い(R-18)
19話 相互アナル弄り(R-18)
20話 背面騎乗位(R-18)
21話 チャレンジ(R-18)
22話 炒飯とスープ
23話 微妙に噛み合わない
24話 win-winな関係
25話 嬉し泣き
26話 好きを言う理由
27話 もう少し、このままで
28話 大学卒業後の進路
29話 欲しかったもの
30話 卒業後は同棲決定
31話 今だから言える
32話 親近感
33話 そろそろ知ってて
34話 恩を返すために
35話 抱き潰された(R-18)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁