彼女が出来たつもりでいた1

 バレンタインの夜、駅のホームで声をかけられて、見知らぬ女性からチョコと一緒に手紙を貰った。特別見目が良いわけではないから、こんな経験は当然初めてだった。
 最初は美人局の一種かとも考えかなり警戒していたのだけれど、渡された手紙に書かれていたように、意識的に探せば時折彼女とは駅のホームで会うことがあった。しかし、いくらチョコやら手紙やら貰ったからと言って、気軽に話しかけることなんて出来っこない。それどころか、手紙の中にあった彼女の連絡先へも、ありがとうの言葉一つ送っていなかった。
 結果、向こうも気づいて目が合えば会釈するような関係を一月ほど続けて、ホワイトデーの前日に初めて、メッセージを送ってみた。
 さすがに駅のホームでというわけにもいかず、近くのコーヒーショップで待ち合わせてお返しの品を渡し、とりあえずお試しという感じで交際を開始したのだけれど、ほとんど一目惚れだった、という相手の言い分を信じたわけじゃない。ただ、目の前で緊張気味に話す相手の好意は間違いなく伝わってきたし、実を言えば、緊張に興奮と喜びを交えて、目を輝かせながらも照れ笑う顔が可愛かった、というのがかなり大きい。
 数年振りの恋人という存在に浮かれて、ほとんど毎週末どこかしらへ遊びに行ったし、どこへ行っても目一杯楽しもうとする彼女の姿に、あっという間に本気で惚れた。
 ただ、デートは毎回ひたすら楽しいし、手を繋いだり人気がない所で軽く唇を触れさせるだけのキスなどはむしろ彼女も積極的でさえあるのに、それ以上の進展が難しい。腰や肩を抱き寄せ密着しようとしてもするりと躱されてしまうし、個室で二人きりというような状況にはならないよう気をつけているらしき様子がある。
 もしかしたら、過去の交際やら日常生活で、男性から不快な目に合わされたなどのトラウマがあるのかも知れない。それとなく聞いてみたものの、曖昧にはぐらかされてしまったので、その線は濃厚な気がした。
 下心がないわけではないが、相手の同意なく強引に手を出す気なんて欠片もない。可愛い彼女とあちこちデートして、手を繋いだりキスが出来るだけで充分満足だった。

 免許はあるが車は所持していないことと、多分車内も二人だけの密室と考えるらしく、移動はもっぱら電車やバスの公共交通機関を利用するのだが、その日、帰宅時の電車が途中で予想外に混んでしまった。ちょうど何かのイベントの終了時間と重なったらしい。
 ギュウギュウとまではいかないものの、それなりに人の詰め込まれた車内で、不可抗力ではあるものの、初めて彼女と広範囲で触れ合っている。ドッと人が流れ込んできてから先、相手は酷い緊張を見せていた。
「気分悪い? 大丈夫?」
「ん、だいじょぶ。あの、ごめん、ね」
 俯く相手から、申し訳なさそうにか細い声が聞こえてくる。
 何のイベントだったのか、周りの男性率は高い。恋人相手でもあれだけ警戒するのだから、この状況はきっと相当辛いんだろう。過去に何があったかはわからないが、きっと彼女が悪いわけではないのだろうから、謝らないで欲しい。
 こんな状況になるとわかっていたら、さっきの駅で一度降りてしまえば良かった。
「次の駅で一度降りようか」
「……うん」
 しばらく迷う様子を見せたものの、相手も頷いたということは、やっぱり大丈夫ではないんだろう。とはいえ、急行列車に乗っているので、次の停車駅までまだ10分以上もある。
 見知らぬ男と接触するよりは、まだ恋人である自分のほうがマシだろうと、相手を守るように腕の中に引き寄せた。ますます緊張をひどくし、なるべく密着しないよう二人の胸の間に両腕を挟んでガードする徹底っぷりに、なんだか申し訳ない気持ちになる。さすがにこの状況で下心なんてないけれど、ないつもりだけれど、彼女からすればこの機に乗じてと見えるのかも知れない。
「ごめん。嫌だよね。でも次の駅までの、数分だけ、我慢して」
 思わず謝ってしまえば、ハッとしたように俯いていた顔をあげて、違うと言いながら首を振る。少しばかり、泣きそうな顔に見えて、ますます罪悪感が増した。
 いつも楽しげに笑ってくれることが多い彼女の、こんな顔を見るのは初めてだ。
 引き寄せたりしないほうが良かったのかも知れない。かといって、引き寄せた相手を押しのける真似も出来ない。結果、なんとも気不味いまま、二人無言で電車に揺られるしかなかった。
 そんな中、ガクンと電車が大きく揺れた後、急停車した。人が多いので倒れることはなかったものの、揺れた拍子に胸の間に置かれていた相手の腕が大きくずれて、というよりもビックリした相手に抱きつかれたらしく、正面からぎゅうと抱き合う形になった。
「えっ……?」
 思わず零した驚きの声に、相手が酷く慌てたのがわかった。安全確認のために急停車したことを詫びるアナウンスをどこか遠くに聞きながら、腕の中でもぞもぞと必死に身を離そうとしている相手を、更にぎゅっと抱きしめる。確認するように、腰と腿とを突き出し、相手の体というか股間を狙って擦りつける。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。