無表情トレーナーは変態でした6

1話戻る→   目次へ→

6章 じっくり慣らされて

布団には大判のバスタオルが広げられている。
その脇に川瀬がローションボトルとゴムの箱を置いた。

山瀬:(覚悟は出来てるつもりだけど)
  :(目の前にこう色々揃えられると)
  :(やっぱ少し怖い、かも)
  :あ、あのさ

川瀬:はい、なんですか

山瀬:わかってると思うけど
  :俺、そっち弄ったこと殆どないから

川瀬:殆どってことは多少はあるんですか?

山瀬:え、あ、うん、その
  :もし川瀬くんがさ

川瀬:え、俺?

山瀬:抜きあう以上の事もしたいって
  :言ってくれたら断りたくなくて

川瀬:つまり自分で弄ったってことですか

山瀬:う、うん

川瀬:俺にエロいこと色々されたくて?

山瀬:うっ……
  :(さすがにこれ肯定するの恥ずかしすぎるだろ)

川瀬:それは、頑張りがいがありますね

ニコリと満面の笑みを見せられて怖気が走る。

山瀬:(うっわ、これは見たくない笑顔だった)
  :いやちょっと、だからさ
  :ホント、そんなには弄ってないから
  :あんまり乱暴にはしないで欲しいっていうか
  :その、俺が苦しそうにしてる顔がいい
  :みたいな性癖なのはわかってるけど
  :痛いのはやっぱりちょっと怖いっていうか

川瀬:ああ、なるほど
  :それは大丈夫です
  :俺別に、痛がらせて泣かせたいわけじゃないんで

山瀬:そ、そうなの?

川瀬:この前、痛くさせました?

山瀬:感じすぎて痛い、みたいなのはあったよ
  :後、イキそうって時に根元ギュってされて
  :射精できなくされるのは
  :それなりに痛かった気がする

川瀬:ああ、じゃあ、体に傷をつけるような
  :そういう行為で泣かせたいとは思いません

山瀬:な、なるほど

川瀬:お尻の穴も裂ける心配がなくなるくらい
  :ゆっくりじっくり慣らして広げてあげます

山瀬:やっ、ちょっ

川瀬:うんと恥ずかしい格好にさせて
  :ローションたっぷり使って濡らして
  :エッチな音いっぱい立ててあげるんで
  :俺好みのいい顔、見せて下さいね

山瀬:うううっっ
  :(これもう完全にスイッチ入ってる)
  :(というか既に相当興奮してる?)

【1時間後】
腰を高く持ち上げられ、マンぐり返しと呼ばれるような格好をさせられている。

川瀬:ほら、見て下さい
  :グッポリ3本、余裕で入っていきますよ

山瀬:ぁ、ぁっ、はぁ、ぁうぅ
  :(あんなに広がって)
  :(凄い、ヤラシイ……)

川瀬:しいですか?
  :でも痛くはないですよね?
  :むしろほら、こうしてゆっくり出し入れされると
  :ちゃんと気持ちいいんじゃないですか?

山瀬:あぁ、あっ、やっ
  :(どうしよ怖い……)
  :(お尻が気持ちいいなんて)
  :(痛くされる覚悟はあったけど)
  :(こんな風になるって思ってなかった)

川瀬:ちっともヤダって顔じゃないですよ
  :感じちゃってどうしようって顔してる
  :ふふっ、凄く、そそります

山瀬:(ああ、嬉しそう)
  :(その顔には弱いんだよなぁ)
  :ぁ、なら、うれ、し

川瀬:俺も、嬉しいです

山瀬:(川瀬くんが喜んでくれるならいいやって思っちゃう)
  :(むしろ変態で良かったとかまで思っちゃう)

川瀬:ああ、そろそろ馴染みましたかね
  :じゃあちょっと激しくするんで
  :うんと可愛く啼いて下さいね

山瀬:んぁあああっっ

川瀬の指の動きに合わせてグチュグチュと卑猥な音が立った。

川瀬:最高です

山瀬:ぁ、ひっ、まっ、あああっ
  :まっ、ぁっ、かわせく、かわせくん、ぁあっ

川瀬:智則ですよ、正志さん
  :さっきそう呼んでって
  :お願いしたじゃないですか

山瀬:ぁぅ、ぁ、ともの、り、まっぁあ

川瀬:なんですか正志さん

山瀬:まっ、おねが、とまっ

川瀬:なんでです?
  :だって気持ちいいでしょ?
  :正志さんのおちんちん
  :おもらししたみたいにビチャビチャですよ

山瀬:ぁ、ぁあ、やぁ、言わないでぇ

川瀬:あ、ほらまたピュって
  :自分でも見えてます?
  :もっと派手に吹かないとわからないですかね

山瀬:みえぅ、わかぅ、からぁ
  :ぁ、やめ、やめてぇ
  :はげしの、や、ダメ、あ、ぁあっ

川瀬:こんなに善がって嫌だはないでしょ
  :このまま手マンでイケちゃうんじゃないですか?
  :ちょっとチャレンジしてみます?

山瀬:やぁっ、も、手やぁっ
  :も、挿れてっ
  :かわ、ぁ、とものりく、が
  :ぁ、も、欲しい

川瀬:ぐぅっ、ちょ……
  :ここでそんなおねだりとか

川瀬が呻いて激しく抜き差しされていた動きが緩んだ。

山瀬:だ、だって
  :ほんとに、イッちゃいそうだったから
  :初めては
  :智則くんに抱かれながらが、いい

川瀬:そんなの言われたら
  :応じないわけにいかないじゃないですか

手早くゴムを装着した川瀬に両足を抱え上げらえる。

川瀬:じゃあ、抱きます

山瀬:ぅん、……ぁ、ぁあっ
  :(どうしよ、凄い、気持ちぃ)

川瀬:トロットロなエロ顔じゃないですか
  :そんなに気持ちいいですか

山瀬:ん、きもち、ぃ

川瀬:それは良かった
  :たっぷり慣らした甲斐がありましたね

山瀬:ん、とものりくんの、おかげ
  :(ああ、ギュってしたいな)
  :(ギュッてしたいし、されたい)
  :あ、あの、さ

川瀬:はい、次のおねだりはなんですか?

山瀬:その、抱きついても、いいかな?

川瀬:もちろんどうぞ

山瀬:できれば、キスも……

【チュッ、チュク】

山瀬:ふぁ、ぁ、あんっ

川瀬:正志さん、可愛いです

山瀬:うれし、ぁ、あの
  :(言っても、いいよね?)
  :とものりくん、好き……

川瀬:俺も、好きです

山瀬:ほ、ほんと、に?

川瀬:本当に

山瀬:ううっ

川瀬:泣かないで下さいよ

山瀬:だってぇ

川瀬:本当に可愛い人ですね
  :ね、正志さん
  :一緒に、イッてくれます?

山瀬:ん、うん、もちろんっ

川瀬:わかってます?
  :俺がイクまで、イカせてあげませんよって
  :言ってるんですけど

山瀬:ぁ……

川瀬:うんとイヤラシク
  :お願いイカせて、って言ってくれたら
  :先にイカせてあげますけど
  :も、随分焦らされてますもんね
  :いっぱいいい顔見せてもらったから
  :これ以上焦らさないで欲しければ
  :お願いして下さい

山瀬:ううん、いい
  :一緒に、イキたい

分かりましたと告げる川瀬の顔は嬉しげだった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。