無表情トレーナーは変態でした5

1話戻る→   目次へ→

5章 自分から誘うしかない

担当は川瀬のまま以前と変わらぬジム通いを続けている。

川瀬:残り2回

山瀬:はぁ、くぅっ

川瀬:1回

山瀬:く、ぁっ
  :(ああ、笑ってない)
  :(むしろ最近はずっと辛そう)

川瀬:お疲れさまでした

山瀬:はい……
  :(どうしよう)
  :(川瀬くんのはただの性癖で)
  :(でも俺は川瀬くん好きって気づいちゃってて)
  :(つまりは俺の片想いなのに)
  :(未練がましく担当して貰って)
  :(お互いが傷ついてるのバカみたいだよ)

【ジム退店後】
携帯を見つめながらため息を吐く。

山瀬:はぁ……
  :(川瀬くんがまた誘ってくれる可能性はないし)
  :(自分から誘うしかないよな)
  :(だってこのままは嫌だし)
  :(自覚した好きは大きくなるばっかりだし)
  :(泣くほど辛くて恥ずかしかったのに)
  :(またされたいって考えてる)

山瀬LINE:川瀬くんにお願いがあるんだけど

川瀬LINE:なんですか?

山瀬LINE:また川瀬くんの手料理が食べたくて

川瀬LINE:え……
     :本気、ですか?

山瀬LINE:うん、本気で言ってる

川瀬LINE:俺の家で2人きりになる意味わかってます?
     :本当に良いんですか?

山瀬:(これ、また手を出すよってことだよね?)
  :(むしろそれを期待してるって言ったら)
  :(喜んでくれんのかな?)

山瀬LINE:わかってる、いいよ

川瀬LINE:ではシフト確認後にまた連絡します

【川瀬の自宅寝室】
前回同様、間接照明だけを灯した中で抜きあっている。

山瀬:ぁっ、ぁあっ

川瀬:はぁ……
  :まさかまたこうして
  :山瀬さんに触れるなんて

山瀬:ぁう、ぁ、それ

川瀬:良いんですよね
  :もうイキますか?

山瀬:え、いいの?

川瀬:はい
  :今日はお互いのを握って扱いて
  :それでイケれば充分です

山瀬:え、嘘、なんで?

川瀬:また追い詰めて泣かせて
  :俺ばっかり性癖満たして満足するんじゃ
  :今度こそ山瀬さんに愛想尽かされそうで
  :怖いんですよ
  :せっかく山瀬さんから歩み寄ってくれたから
  :山瀬さんが嬉しいことだけしたいです

山瀬:川瀬くんはバカだなぁ

川瀬:脳筋と言われることはあります

山瀬:そうなんだ
  :じゃなくてさ
  :俺、川瀬くんの性癖知ってて
  :自分から来てるんだよ?

川瀬:えっ、でも
  :俺の手料理が食べたくて
  :でも俺がお金受け取らないから
  :代わりに触らせてくれてるんですよね?
  :だったらあまり無理はさせたくないです
  :これからも気軽に手料理ねだって欲しいんで

山瀬:いや違う違う
  :というかそういう受け取り方されてたのか

川瀬:違うんですか?

山瀬:俺ね、どうやら川瀬くんのこと
  :かなり好きになってるみたいで

川瀬:えっ……

山瀬:手料理目当てな部分も間違いなくあるけど
  :それ以上に
  :川瀬くんが俺で性癖満たしたいってのを
  :受け入れたいと言うか

川瀬:えっ!?

山瀬:これ自分で言うの恥ずかしすぎるんだけど
  :この前みたいに焦らされまくって泣いても
  :川瀬くんがそれを見たかったって喜んでくれるなら
  :またされたいなって思ったっていうか

川瀬:いいんですか!?

山瀬:うん
  :川瀬くんがしたいように、して

結果、焦らされまくって半泣きで喘いだ。

山瀬:ぁう、ぁっ、ああっ

川瀬:んふふ

山瀬:(あ、笑ってる)
  :(ここまではっきり笑うの)
  :(初めて見た)

川瀬:山瀬さん可愛いです

山瀬:ほ、ホント?

川瀬:はい
  :前髪おりてるのも大きいんですけど
  :それよりやっぱり
  :気持ちよすぎてイキたくて
  :でも俺のために我慢してくれてるっていうのが
  :たまらないって言うか

山瀬:う、うん
  :(前回もちょっと感じたけど)
  :(興奮すると饒舌になるっぽいな)

川瀬:こんなに目ぇウルウルさせて
  :まるごと全部食べちゃいたいくらいに
  :可愛いです

山瀬:はは、うれし
  :てか全部食べてもいいのに

川瀬:意味わかって言ってます?

山瀬:意味?

川瀬:男が、こういう場面で
  :全部欲しいって言うのは

山瀬:あ、ああ、そういう……
  :というか抱きたいって思ってくれるんだ

川瀬:そりゃ許されるならしたいですよ

山瀬:そっか
  :じゃあしていいよ
  :したいこと、全部してよ

川瀬:そんな簡単に言わないで下さいよ
  :こんなはずじゃなかったって泣かれても
  :途中で止められないですよ?

山瀬:そこまで何もわからないまま
  :いいよって言ってるわけじゃないよ
  :お尻の穴に入れるのは知ってる

川瀬:本当に、いいんですね?

山瀬:うん

川瀬:じゃあちょっと準備します

山瀬:準備?

川瀬:ローションとかゴムとか
  :あとタオル類も

山瀬:そ、そっか
  :それは確かに必要だ

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。