無表情トレーナーは変態でした・直後の二人1

本編ほぼ直後。仲直りエッチの続き。鏡に写して、お尻だけでイクとこ見せて的な内容。本編の主人公は山瀬ですが、後日談は川瀬視点。

目次へ→
 
 ゆっくりと腰を前後させるたび、ひっ、ひっ、と小さな音混じりの息があがり続けている。気持ちよく喘いでいるというよりは、泣き声のようにも聞こえるそれに、腰の奥が甘く痺れるようだった。
 上体を伏せて、川瀬に支えられた腰だけを突き出すように持ち上げた体勢だから、顔が見れないのがなんとも残念だ。
「ひっ……ん、……ぁ、ァ、」
 泣きそうな息に、少しずつ色のある声が混ざりだす。また目の前の体が絶頂へ向けて登っていくのがわかって、ゆるやかな腰使いはそのままに名前を呼びかける。
「正志さん、また、気持ちぃの来そうですか?」
「ん、ぅん」
「顔、自分で上げれます?」
 声はしっかりと届いているらしく、上体を起こそうという素振りは見えた。けれど既に相当疲れているからか、持ち上がることなく再度顔がシーツに押し当てられる。
「じゃあちょっと、俺も手伝いますね」
 腕を引いて起こしますと説明しながら、片手は腕の付け根近くを、もう片手は腹を支えるように腕を回して上体を起こさせる。最後は両脇に腕を差し込んで、腕を挟み込むように固定して支えた。いわゆる羽交い締めの状態で、先程よりもグッと深くまで繋がったせいか、山瀬がイヤイヤと首を振る。
「ぁ、ゃぁ」
「深いとこも、きもちぃでしょう?」
「ぁ、ぁ、ぁっ」
 構うことなくトントンと深いところを突いてやれば、仰け反るように上向いた口から、たまらないと言いたげにトーンの上がった声が漏れた。
「ね、正志さん、前向いて。鏡見て?」
 白い喉に浮かぶ喉仏が震える様もいいが、どうせならやはりその顔が見たい。山瀬とそういった関係になってから寝室に増えた姿見は、体位を変えても山瀬のイイ顔を見続けられるようにと購入したものなのだから。
 促されて視線を鏡へと移した山瀬は、羞恥を耐える泣きそうな顔をしている。それでも嫌がることなく毎回、抱かれている最中の顔を鏡へ向かって晒してくれるのは、川瀬の性癖への深い理解と、なにより、次に続く言葉がわかっているからだ。
「正志さん、すごく、可愛い」
 鏡の中の山瀬と真っ直ぐに視線を合わせて告げてやれば、泣きそうな顔がふにゃりと緩んでいく。年上の男性に向かって「可愛い」なんて失礼かとも思っていたが、どうにも抑えきれずにこぼした「可愛い」を喜ぶような素振りを見せられたから、行為を重ねるたびに可愛い可愛いと繰り返してしまう。
 だって、泣きそうな顔も苦しげな顔も辛そうな顔も、めちゃくちゃ腰に来る可愛さなのに、その顔がふにゃっと緩む瞬間はそれ以上に可愛いのだから仕方がない。嬉しさと苦しさの混ざる顔で上り詰めていくさまは、いつだってたまらなく愛おしい。何度だって見たいと思う。
 だから今回もそのまま、またトントンと奥を突いてやる。
「ぁ、ぁっ」
 困ったように眉をひそめながら、それでも嬉しげに綻んだ口を開いて、先ほどと同じ甘い声をこぼす。仰け反ることはせず、顔は正面を向いたままだ。
「上手に気持ちよくなれてますね」
「ぁ、ん、きもちぃ」
「このままイケそうですか?」
「この、まま?」
「そうです。お尻だけで気持ちよくイッちゃうとこ、また見せてください」
「ぁ、おしり、だけ」
「そうです。お尻だけ。また気持ちいいの来そうだって言ってたでしょ? 今度は鏡みながらやってみましょう」
「ぅ、ぁ、はずかし、ゃ、ゃ、ぁっ、む、むり、ぁ、ぁんっ」
 緩く首を振って嫌がるものの、強い抵抗はない。
「正志さん、鏡見て」
 促せばやはり素直に鏡を見つめるけれど、一度は嬉しげに緩んだ顔は、またしても泣きそうだ。眉間にシワを寄せて、眉はハの字に眉尻が下がっている。そのくせ、鏡を見つめる瞳はとろりと快楽に蕩けていて、きっと脳内では、このまま川瀬に鏡越しで見られながら、お尻だけで絶頂する強烈な快感を思い描いている。
 その証拠に、視線を下げれば鏡の中、緩く立ち上がり掛けたペニスが見える。
「ね、ほら、おちんちん、期待してちょっと勃ってますよ」
「ゃ、ゃ、だめっ、やめて」
 触ってあげましょうかと提案するよりも先に、先程よりも強く、イヤイヤと首を振られてしまった。
 行為のたびに、焦らしまくってイカせてあげなかったり、逆に何度もしつこく連続でイカせまくったりを繰り返してしまうせいか、過度にペニスを弄られる苦痛を既に充分知り尽くしているせいだ。しかも今日は既に一度、もう出ないと言われるくらいにイカせた後で、潮吹きの披露をねだってしまった。
「触りませんよ。大丈夫。お尻だけで気持ちよくなってって言ったでしょう? 正志さんのおちんちん素直で正直だから、見たらわかるんですよ。もう一度お尻で気持ちよくイケるって」
「ほ、ほんと、に?」
「本当です」
「そんなとこで、はんだんして、の?」
 クスッと笑える程度には、まだ余裕があるのは事実だ。真面目にジム通いを続けてくれているおかげで、本来の目的である、脂肪を落とし筋肉をつけるだけでなく、持久力だって大幅にアップしている。
 ただ、正直に言えば、もう少し早く限界を迎えるだろうと思っていた。意識を飛ばすより先に、疲れたからもう無理だと、応じるのを嫌がられると思っていたからだ。
 でも抱き潰していいの言葉通り、川瀬が伸ばす手を拒むことはしないし、川瀬の求めに応じようとする意思も消えていない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。