無表情トレーナーは変態でした(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます
社会人同士。2歳下の年下攻め。本編9章+後日談2話。
新人教育係の山瀬は太っていることを気にしていなかったが、新入社員の一人に不快だと思われている事を知ってジムに入会する。そこで出会った無表情なトレーナーの川瀬が気になりだした頃、手料理に釣られて家に泊まったら手を出されて、相手の性癖を知らされる。焦らされエッチで泣いたりしつつも、性癖ごと受け止めて恋人になります。
後日談は本編ほぼ直後の仲直りエッチの続き。川瀬視点で、鏡に写しながらお尻だけでイクところを見せて欲しいとお願いするような内容。

1章 そうだ!ジムに入ろう
2章 トレーナーの川瀬くん
3章 美味しいご飯が食べたい
4章 想定してた抜きあいと違う
5章 自分から誘うしかない
6章 じっくり慣らされて
7章 みんなでランチ
8章 飽きちゃった?
9章 仲直りセックスをしよう
無表情トレーナーは変態でした・後日談1
無表情トレーナーは変態でした・後日談2(終)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

無表情トレーナーは変態でした・直後の二人1

本編ほぼ直後。仲直りエッチの続き。鏡に写して、お尻だけでイクとこ見せて的な内容。本編の主人公は山瀬ですが、後日談は川瀬視点。

目次へ→
 
 ゆっくりと腰を前後させるたび、ひっ、ひっ、と小さな音混じりの息があがり続けている。気持ちよく喘いでいるというよりは、泣き声のようにも聞こえるそれに、腰の奥が甘く痺れるようだった。
 上体を伏せて、川瀬に支えられた腰だけを突き出すように持ち上げた体勢だから、顔が見れないのがなんとも残念だ。
「ひっ……ん、……ぁ、ァ、」
 泣きそうな息に、少しずつ色のある声が混ざりだす。また目の前の体が絶頂へ向けて登っていくのがわかって、ゆるやかな腰使いはそのままに名前を呼びかける。
「正志さん、また、気持ちぃの来そうですか?」
「ん、ぅん」
「顔、自分で上げれます?」
 声はしっかりと届いているらしく、上体を起こそうという素振りは見えた。けれど既に相当疲れているからか、持ち上がることなく再度顔がシーツに押し当てられる。
「じゃあちょっと、俺も手伝いますね」
 腕を引いて起こしますと説明しながら、片手は腕の付け根近くを、もう片手は腹を支えるように腕を回して上体を起こさせる。最後は両脇に腕を差し込んで、腕を挟み込むように固定して支えた。いわゆる羽交い締めの状態で、先程よりもグッと深くまで繋がったせいか、山瀬がイヤイヤと首を振る。
「ぁ、ゃぁ」
「深いとこも、きもちぃでしょう?」
「ぁ、ぁ、ぁっ」
 構うことなくトントンと深いところを突いてやれば、仰け反るように上向いた口から、たまらないと言いたげにトーンの上がった声が漏れた。
「ね、正志さん、前向いて。鏡見て?」
 白い喉に浮かぶ喉仏が震える様もいいが、どうせならやはりその顔が見たい。山瀬とそういった関係になってから寝室に増えた姿見は、体位を変えても山瀬のイイ顔を見続けられるようにと購入したものなのだから。
 促されて視線を鏡へと移した山瀬は、羞恥を耐える泣きそうな顔をしている。それでも嫌がることなく毎回、抱かれている最中の顔を鏡へ向かって晒してくれるのは、川瀬の性癖への深い理解と、なにより、次に続く言葉がわかっているからだ。
「正志さん、すごく、可愛い」
 鏡の中の山瀬と真っ直ぐに視線を合わせて告げてやれば、泣きそうな顔がふにゃりと緩んでいく。年上の男性に向かって「可愛い」なんて失礼かとも思っていたが、どうにも抑えきれずにこぼした「可愛い」を喜ぶような素振りを見せられたから、行為を重ねるたびに可愛い可愛いと繰り返してしまう。
 だって、泣きそうな顔も苦しげな顔も辛そうな顔も、めちゃくちゃ腰に来る可愛さなのに、その顔がふにゃっと緩む瞬間はそれ以上に可愛いのだから仕方がない。嬉しさと苦しさの混ざる顔で上り詰めていくさまは、いつだってたまらなく愛おしい。何度だって見たいと思う。
 だから今回もそのまま、またトントンと奥を突いてやる。
「ぁ、ぁっ」
 困ったように眉をひそめながら、それでも嬉しげに綻んだ口を開いて、先ほどと同じ甘い声をこぼす。仰け反ることはせず、顔は正面を向いたままだ。
「上手に気持ちよくなれてますね」
「ぁ、ん、きもちぃ」
「このままイケそうですか?」
「この、まま?」
「そうです。お尻だけで気持ちよくイッちゃうとこ、また見せてください」
「ぁ、おしり、だけ」
「そうです。お尻だけ。また気持ちいいの来そうだって言ってたでしょ? 今度は鏡みながらやってみましょう」
「ぅ、ぁ、はずかし、ゃ、ゃ、ぁっ、む、むり、ぁ、ぁんっ」
 緩く首を振って嫌がるものの、強い抵抗はない。
「正志さん、鏡見て」
 促せばやはり素直に鏡を見つめるけれど、一度は嬉しげに緩んだ顔は、またしても泣きそうだ。眉間にシワを寄せて、眉はハの字に眉尻が下がっている。そのくせ、鏡を見つめる瞳はとろりと快楽に蕩けていて、きっと脳内では、このまま川瀬に鏡越しで見られながら、お尻だけで絶頂する強烈な快感を思い描いている。
 その証拠に、視線を下げれば鏡の中、緩く立ち上がり掛けたペニスが見える。
「ね、ほら、おちんちん、期待してちょっと勃ってますよ」
「ゃ、ゃ、だめっ、やめて」
 触ってあげましょうかと提案するよりも先に、先程よりも強く、イヤイヤと首を振られてしまった。
 行為のたびに、焦らしまくってイカせてあげなかったり、逆に何度もしつこく連続でイカせまくったりを繰り返してしまうせいか、過度にペニスを弄られる苦痛を既に充分知り尽くしているせいだ。しかも今日は既に一度、もう出ないと言われるくらいにイカせた後で、潮吹きの披露をねだってしまった。
「触りませんよ。大丈夫。お尻だけで気持ちよくなってって言ったでしょう? 正志さんのおちんちん素直で正直だから、見たらわかるんですよ。もう一度お尻で気持ちよくイケるって」
「ほ、ほんと、に?」
「本当です」
「そんなとこで、はんだんして、の?」
 クスッと笑える程度には、まだ余裕があるのは事実だ。真面目にジム通いを続けてくれているおかげで、本来の目的である、脂肪を落とし筋肉をつけるだけでなく、持久力だって大幅にアップしている。
 ただ、正直に言えば、もう少し早く限界を迎えるだろうと思っていた。意識を飛ばすより先に、疲れたからもう無理だと、応じるのを嫌がられると思っていたからだ。
 でも抱き潰していいの言葉通り、川瀬が伸ばす手を拒むことはしないし、川瀬の求めに応じようとする意思も消えていない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

それはまるで洗脳

お題箱より「スレンダーな兄が、自分より体格が良い弟に襲われ、快楽に逆えず兄としての尊厳をへし折られる、的な短編。年齢差は3歳位」な話その2
その1はこちら → 知ってたけど知りたくなかった

 ぐじゅ、だとか、ちゅぷ、だとか。下腹部で発している湿り気を帯びた卑猥な音を聞きたくない。しかしどんなに耳を塞ぎたくても、両手は背の後ろで脱ぎかけた衣服でもって拘束されている。
 ノックもなく部屋に押し入ってきた弟の顔を見た瞬間に、両親が泊まりで出かけると知っていたのに、自分もどこかへ外泊しなかった事を後悔したが遅かった。
 三つ下の弟は長いこと運動部で鍛えてきたからか、身長はそこまで差がないものの、細身体型の自分と違ってガッシリとした筋肉をまとっている。つまり体格的にも筋力的にも、最初からこちらに勝ち目なんか欠片もない。
 弟の気持ちにはなんとなく気付いていながら長いこと放置していたのも、半月ほど前に意を決した様子でなされた告白を手酷く振ったのも自分だ。だが、それ以降あからさまにこちらを避け続けていた弟が、親の留守を狙ってこんな真似を仕掛けてくるとは、さすがに予想できなかった。
 あっという間に詰め寄られて、引きずられるようにベッドの上に投げ出された後、無理やり服を剥ぎ取られて行く間に、敵わないとわかっていながらも一応は抵抗した。身を捩って手足をばたつかせれば、早々に腕も足も手早く拘束されてしまったが、それでもなお、やめろ、バカ、正気に返れ、俺はお前の兄貴だぞと、必死に声を上げもした。
 けれど弟は手を止めることなく、黙々と作業に没頭している。視線を合わそうとはしないから、酷い真似をしているという意識はちゃんとあるんだろう。
 何をする気かという目的は、尻の谷間にローションを垂らされ、尻穴に指を突っ込まれればさすがに理解しないわけには行かないが、到底受け入れられるわけがない。自分の想いが受け入れられなかったからと言って、こんな強行が許されるはずがないし、許してはいけない。
 なのに。
 しつこく尻穴をかき混ぜられて、時折、ありえない感覚に襲われている。腰が甘くしびれるような、いわゆる快感と呼べそうなもの。
 わざとらしくクチュクチュと音を立てられるのに合わせて、あああと溢れてしまう声だって、だんだんと嬌声じみている。
 嘘だ嘘だ嫌だダメだと思うのに、体は間違いなく、この行為を気持ちがいいものとして捉え始めていた。
「ひぅっ!」
 ずっと尻穴ばかりを弄られていたのに、突然さらりとペニスを撫でられ息を飲む。
「ぅっ、ぁっ、や、めっ、やだぁっ」
 尻穴を弄られながら勃起している、という事実を知らしめるように、何度か育ったペニスを根本から先端まで往復していた手が、とうとうそれを握って扱き出す。そしてすぐさま、尻穴に突っ込まれた指が、同じリズムで穴を前後しだした。
「ぁっ、やっ、ぁあっ、だめだめだめっ」
 たぶん数分も保たなかった。あっという間に弟の手の中で射精すると同時に、尻穴をきゅうきゅうと締め付けてしまうのがわかって恥ずかしい。
 大きく息を吐いて、終わった、と思った。こんなこと許してはいけないのに、弟の手でイカされてしまった。
 じわりと浮かぶ涙を隠すようにシーツに顔をすりつけながら、意識的に深めの呼吸を繰り返す。
「気は、済んだのか。済んだなら、ぁ、えっ、ちょっ」
 まずは拘束を解かせて、それから説教を。なんて考えを嘲笑うかのように、また尻穴に埋められた指がグニグニと動き出す。
 
 そこから先、弟の手で何度絶頂させられたかわからない。
 手足の拘束は弟と繋がる直前には解かれたが、それはつまり、弟を受け入れたのと同義でもある。黙々とこちらの体を弄り回していた弟は、こちらが確実に快感に抗えなくなった辺りから少しずつ言葉を発するようになったが、諦めて受け入れろと繰り返すそれはまるで洗脳だった。
 尻穴とペニスとを同時に弄られて上り詰める快感を知った後、追い詰められてイキたくてたまらなくなったところで刺激を止められるのを繰り返されたら、頼むからイカせてくれと泣いてねだってしまったし、そこに、弟の恋人になればなんていう条件を出されて突き返せはしなかった。
 こんな強引な方法で、と軽蔑する気持ちも、叱りつけたい気持ちもあるが、弟に抱かれて絶頂する自身を、随分と愛しげに見つめる目を前にしたら何も言えそうにない。
 それでもちょっとした意趣返しで、絶頂時に縋り付く弟の肩や背に、思い切り爪痕を残してやった。弟は痛いと言いながらも満足げに笑っているから、ちっとも仕返しになっていない可能性のが高いけれど。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

金に困ってAV出演してみた(目次)

キャラ名ありません。全33話。
お題箱より「金髪のいいお兄さん(19歳 受け)と黒髪のショタ感溢れる小柄の男の子(18歳 攻め)がゲイAVに出たら本当に恋に落ちてしまう」話
受けが視点の主で大学生。髪は撮影用に染めただけで中身は真面目。攻めは年下だけど高校卒業後すぐにAV業界に入った社会人。攻めは出演もするけど制作側になりたい人。
視点の主は恋人だったはずの男にお金を持ち逃げされたせいでAV出演を決め、そこで同じく初撮影だという攻め(撮影で喪失したいという理由で童貞)と出会う。恋人は暫く要らないと思っていたものの、攻めが監督する作品に出演したことで、自身の中に演じる役柄を羨む気持ちが湧いたり、攻めに告白されたり攻めの性癖を知って、最終的には恋人関係を受け入れます。
大人の玩具登場率高め。結腸開発用のアナルビーズ使用有り。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
AV撮影という内容なため、性的描写がかなり多目な話のタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 ビデオモデル応募
2話 SEXしないと出られない部屋
3話 相手はバリタチ希望の童貞で処女
4話 カメラを忘れる
5話 アナルを舐められる(R-18)
6話 休憩とキス練習
7話 オモチャでトコロテン(R-18)
8話 脱童貞(R-18)
9話 二本目撮影とデートの誘い
10話 相手の自宅へ
11話 恋人は要らない
12話 知らなかったエンド
13話 指だけで感じすぎる(R-18)
14話 何度もイカされギブアップ(R-18)
15話 お風呂でイチャイチャ撮影
16話 出演予約
17話 出演依頼と撮影開始
18話 冒頭シーン撮影
19話 もっと、して(R-18)
20話 口内射精(R-18)
21話 先生はもう俺のもの
22話 撮影前予習
23話 好きになっていいの?
24話 本当に言った
25話 撮影再開と未経験玩具
26話 どこまで本気?
27話 未知の深さ(R-18)
28話 喜んで欲しくて
29話 先生の中に入りたい(R-18)
30話 映像確認とあの日の回想(R-18)
31話 恋人にはなってもいいけど
32話 譲れない性癖
33話 いつか信じられたなら

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

知ってたけど知りたくなかった1

お題箱より「スレンダーな兄が、自分より体格が良い弟に襲われ、快楽に逆えず兄としての尊厳をへし折られる、的な短編。年齢差は3歳位」な話

 終電で帰宅した夜遅く、音に気をつけながら静かに上り終えたアパートの階段上で、ギクリとして足を止めた。
 自宅のドア前に座り込んでこちらを睨んでいた塊が、ゆっくりと立ち上がる。三歳下の弟だ、という事にはさすがにすぐに気付いたが、なぜここに居るのかはわからない。
「今日は、帰ってこないのかと思ってた。おかえり」
 掛けられた声は穏やかだけど、顔は不満げで怒っているようにも見えた。ポケットから取り出して思わず確認してしまった携帯には、やはり弟からの来訪を告げるような連絡はない。
「あんま脅かすなよ。めっちゃビビった。で、なんで、居るの?」
「ちょっと、今日中に確かめたいことがあって……」
 様子がおかしいのはあからさまだから、余程の何かを抱えているらしい。親のことか、就活か、大学関係か、バイト先関係か。別に相談に乗るくらいは構わないけれど、もう実家を出ているのだから、いきなり部屋に押しかけてくるのはどうなんだ。
「だとしたって、連絡くらいしろよ。週末だし、帰ってこないことだって、あるんだぞ」
 実家と同じノリで、帰ってきたなら話聞いてよと押しかけてくるには、今は互いの部屋の距離が有りすぎる。もう数歩で行き来できる隣の部屋ではないのに。
「ほら、入って」
 鍵を開けてドアを引き促せば、大人しく家の中に入っていく。勝手知ったるとばかりに暗い中をどんどん部屋の奥へと進んでいく相手を、廊下や部屋の明かりをつけつつ追いかける。
「今日はもう、帰ってこないのかと思ってた」
 テーブルセットもソファもない部屋なので、座る場所がそこしかなかった、というのはわからなくもないのだけれど、何の断りもなく部屋の奥に置かれたベッドに腰を下ろした弟が、疲れた様子で大きく息を吐く。会った最初も同じことを言われたが、どうやら、なかなか戻らない自分によほど焦らされていたらしい。
 連絡もなく来るからで、自業自得だ。でも、ギリギリ終電に間に合って良かったなと思う程度には、この勝手な弟の来訪を受け入れてしまっている。
「まぁ今日は、泊まりになるほど盛り上がんなかったからな」
「へぇ。てことは、今日一緒に居たのって、恋人とかではないんだ?」
「週末に恋人と過ごしてたら、間違いなく帰ってきてないだろ。良かったな、俺に恋人居なくって」
「そうだね」
 うっかりアパートの廊下で一夜を過ごさなくて済んで、という意味の自虐だったのに、相手はムスッとしていてそっけない。
「なぁ、お前、ホント、どうしたの?」
 自分もベッドに近づいて、真正面から相手を見下ろしてやる。弟といいつつ、とっくの昔に背を抜かれ、ずっと運動部だったせいか横幅だって下手したらひょろい自分の倍くらいありそうなので、いつもは見上げなければいけない相手を見下ろせるのはちょっとだけ気分がいい。
「兄ちゃんが聞いてやるから、話してみ」
 久々に兄貴風を吹かしている気分の良さと、相手の不機嫌さに釣られて、相手の頭に手を乗せてヨシヨシと撫でてやれば、じっとこちらを見上げていた目がゆるっと細められて、口の端が上がっていく。しかし、頭を撫でられて多少なりとも機嫌を良くするなんて、図体はデカくなってもなんだかんだ可愛いとこはある、なんて思ったのもつかの間、頭に乗せていた手を掴まれ引かれて慌てる。
「おわっ、ごめっ、え、ちょっ」
 前のめりに弟にぶつかった体はあっさり抱きとめられて、気づけばベッドに背中が付いていた。
「えっ……?」
 こちらをベッドに押さえつけるようにして上から見下ろしてくる弟の顔は、もちろん欠片も笑っていない。ジッと見つめてくる顔に焦るのは、そこに紛れもなく男の欲を感じ取ってしまったからで、早く逃げなければと思うのに、こんな体勢を取られて逃げられるわけがないとも思う。
 力で無理なら冷静に言葉で、とも思うけれど、焦る頭の中はヤバいだとかマズいだとかどうしようばかり浮かんでいて、相手を引かせる言葉なんて全く思い浮かびそうになかった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

前世の記憶なんてないけど1

 ずっと貴方を捜していました、と言われたのは高校受験を控えた中学三年の冬の塾帰りで、薄暗く人通りのない道の途中で、目の前に立つのはどう考えてもまともな人ではなかった。いや、一応は人のような見た目をしている。ただ、猫っぽい尖った耳とふさふさの尻尾を生やしていただけで。
 正確には猫ではなく狐だったけれど、そんなの中学生男子には見分けがつかない。正直に言えば猫耳カチューシャだと思ったし、そういうコスプレが好きな変質者に声を掛けられたと思ったし、つまり「まともな人ではなかった」というのも、変質者という意味での「まともじゃない」だ。
 おかしな人の相手なんてしてはいけない。というわけで、自慢の足で慌てて逃げ帰った家の自分の部屋の中、なぜかそこに先回りした相手が入り込んでいた。わけがわからず、すぐさま回れ右で逃げ出そうとした自室のドアは開かない。
 パニックになってわーぎゃー叫びながらドアをガチャガチャさせる自分に、相手は最初落ち着いてだとか話を聞いてだとか言って手を伸ばしてきたが、半泣きで腕を振り回し嫌がるこちらにすぐに諦めたらしく、次にはその場に正座し深々と頭を下げた。
 静かにその姿勢を続ける相手に、こちらの気持ちもゆっくりと落ち着いていく。この状況を受け入れ、先に進まないとという気になってくる。だから相手の前に自分も腰を下ろし、何者なの、と声をかけた。
 そこから先は相当眉唾もののファンタジーてんこ盛りで、簡単に言えば、彼が仕えるとある高貴なお方とやらの生まれ変わりが自分なのだと言われた。彼のミスで命を落とし輪廻の輪に還ったとかで、ずっと生まれ変わるのを待っていたんだそうだ。まさか人の世に生まれ変わっているとは、なんて嘆き気味に言われたけれど、そんなことを言われたって困る。
 もちろん前世の記憶なんて欠片もないし、話を聞いただけならやっぱり変質者の思い込みというか作り話にしか思えないのだけれど、ケモノ耳も尻尾も玩具なんかじゃなく彼の体から間違いなく生えていたし、人の家に勝手に入り込んでいるし、結界とか言って鍵のない部屋のドアを開かなくさせるし、狭い家の中であんだけギャーギャー騒いでも母が様子見にも来ないのだ。
 半信半疑ながらも取りあえずは彼の言い分を信じるとして、次に確かめたのは彼の目的だ。目的と言うか、自分が本当に彼の大事な人の生まれ変わりだとして、彼はいったいどうしたいのか。どうなりたいのか。
 聞けば、以前のように仕えたいのだと言われたけれど、その以前が全くわからないのにどうしろというのか。側にいたいにしたって、いくらなんでも彼を自分の部屋に住まわせるわけに行かないだろう。
 一応耳と尻尾は隠せるらしいし、多少は人の記憶も弄れると言うか騙せると言うか別の情報を思い込ませることは可能だとも言われたけれどその場しのぎの一時的なものらしいし、明らかに見た目成人している男性が中高生男子の家に頻繁に出入りするのはオカシイ。やめて欲しい。
 結果、彼はご近所さんになった。彼のアパートと自分の部屋とを繋いで、部屋の中から行き来できるようにしてしまった。むちゃくちゃだなと思いながらも、人の世界の常識から少々外れてしまった生活と彼の存在を受け入れた。
 といっても、仕えてもらうようなことは何もない。せいぜいどれだけ散らかしまくっても、触るな弄るなとでも言っておかない限り、いつの間にかきれいに整理整頓されているくらいだろうか。ちなみに、全く役に立てないとしょんぼりされて、仕方なく散らかしている部分もある。
 彼は前世の記憶を取り戻して欲しそうだけれど、どれだけ話を聞いても今ひとつピンとこないまま、あっという間に出会いから3年以上が経ち、この春、自分は少し遠方に引っ越しをする。遠方の大学に通うため、一人暮らしになるからだ。
 といっても当然相手も付いてくる。アパートの隣の部屋を既に押さえているし、どうせまた中からも部屋を繋いでしまうのだろうから、一人暮らしなんて表向きだけの同棲生活がスタートする。と思っているのはたぶん自分だけなんだけど、相手は今より色々と世話が焼けると、既にウキウキで張り切っている。

続きました→

有坂レイのお話は「ずっと貴方を捜していました」で始まり「銀色の指輪が朝日を反射して眩しかった」で終わります。 shindanmaker.com/804548

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁