親父のものだと思ってた23

1話戻る→   目次へ→

 熱を吐き出した余韻でぼんやりとしながら、互いに息を整える。先に復活したのは相手の方で、もともと寄せてあったティッシュの箱から数枚抜き取り汚れを拭っていく。
「自分で」
「ぅん」
 言えば小さく頷かれて、新たに抜き取ったティッシュが数枚押し付けられた。
「聞きたいこと色々あるんだけど」
 汚れを拭き、摺り下げていた下着やズボンを戻しながら問えば、いいよと簡単に返される。
 相手も脱ぎ去っていた下着やズボンを身に着け終えて、でも再度ソファの前に腰をおろすことはなかったから、追いかけるようにこちらもその隣に座って、そっと相手を窺った。
「聞きにくいようなこと?」
 なかなか口を開けずにいれば、当然不思議に思うだろう。そりゃもちろん、聞いていいか躊躇う内容も含んではいるが、どちらかというと何から聞いていくかを迷っていた。
「ていうより、色々有りすぎて何から聞こうか迷ってて」
「なるほど。じゃあ待ってる」
「あ、じゃあ、えっと、口でされるの、本気で嫌だった?」
 待ってると言ってくれたけれど、考えたところで正解なんてわからない。だったら気になっている順だったり聞きやすい順でいいかと、口を開いた。
「最初びっくりしたけど、嫌じゃなかったし気持ちよかったよ」
「じゃあなんで、途中で止めさせたの?」
 無理って言ったよねと続ける声は、やはり少し恨みがましい。あそこで強引に中断されたのは本当に酷いと思ったし、結果的に、出来るとしてもまだまだ当分先と思っていた兜合わせで気持ちよくなりはしたけど、だからって、あの瞬間のやるせない気持ちをなかったことには出来そうにない。
「一緒にイこう、って言ったよ。それが一番の理由だけど、無理って言って引き離したのは、待ってって言ったのに止まってくれなかったから。はっきり無理って言わないと、本気で一度止まって、って思ってるのも、無視されるって気づいたから」
「止められなくても、多分、一緒にイケてたと思うんだけど」
「そうかも知れないけど、それは俺の、一緒にイキたい気持ちを満たしてくれないし。というか、お前が自分を気持ちよくし始めたから、俺もお前に触りたくなっちゃったの」
 一方的に口でされてるだけなら、あのままお前の口の中でイッてた。かも知れない、らしい。
「本当に?」
「本当に。というか口でイッて欲しかったのに、っていう恨み言であってる?」
「あってない」
 そりゃまぁ、口でイカせられてたら、それはそれで嬉しかったり安心したりしただろうけれど。でも口でイッて欲しかったのに、という気持ちがあったわけじゃない。そんなことはチラリとも考えなかった気がする。
「なら、一生懸命俺を気持ちよくしようとしてるのを中断させて、強引に一緒に気持ちよくなったのが不満?」
「それもなんか違う気がする。ちんこ重ねて扱いて気持ちよくなるの、憧れではあったし」
「そうなんだ。てか、俺がお前を気持ちよくするときは、何もしないで身を任せて貰ってる。ってのを考えれば、その不満はわからなくないなって思ったんだけど」
「正直、なんでそっち主導で気持ちよくなってんだろ、みたいな不満はあった気もする。でも引っかかってんのそれじゃなくてさ、」
「うん」
「あー……俺がマジに耐えられないなら『無理』って言って、って言ったからか……」
 何がそんなに引っかかってるのかと考えていたら、そこに辿り着いてしまった。てことは、自業自得なのかも知れない。
「どういうこと?」
「自業自得だったのかもだけど、無理って言われた瞬間に、そんなに嫌だったのかって思っちゃったんだよね」
「それは、」
「うん。ちょっと待って、すら俺が聞き入れないから、そう言うしかなかった。てのはもうわかってる。ただあの時点ではさ、本気で嫌がられたって思ったし、俺はもう自分がイクの止まらないってのもわかってたから、嫌だって拒否られた状態で、その拒否った相手の前で、拒否った相手のこと考えながら一人でオナニーしてイクんだって思って、」
 口に出したらまたジワッと涙が滲んできて、慌てて目元を擦ってしまう。そうしたら、相手の手が伸びてきて、優しく引き寄せられて抱きしめられた。
「ゴメン。そんな風に思わせてたとは思わなかった」
 口でして貰うのは嫌じゃなかったし気持ちよかったよと、再度繰り返す相手の声は穏やかで優しい。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です