無表情トレーナーは変態でした1

CHAT NOVEL@CHATNOVEL)さんで公開された「無表情トレーナーは変態でした」(リンク先は試し読みのWeb版で3章まで読めます)がアプリで読めなくなったので全文公開します。

目次へ→

1章 そうだ!ジムに入ろう

【オフィスの一角】

田中課長:山瀬くん、ちょっといいかな

山瀬:はい、なんでしょう?

呼ばれて課長の元へ向かえば場所を移動しようと提案される。
向かったのは小さな会議室だった。

田中課長:新入社員の佐々木さんのことなんだけど

山瀬:(佐々木さんって言うとあの子か)
  :(少し融通が利かない感じの子だから)
  :(主張が曲げられなくて誰かと揉めたか?)
  :彼女がなにか?

田中課長:あー……
    :その、な

山瀬:言いにくいような事ですか?
  :誰かと揉めました?
  :(こんな場所で話をとなると)
  :(厄介な相手ってことだろうか)

田中課長:山瀬くんは今、
    :新入社員の教育担当で彼女とも接する機会が多いだろう?

山瀬:そうですね

田中課長:それでだ
    :あー……
    :大変言いにくいんだが

山瀬:はい
  :(やたらと勿体ぶるのはなんなんだ?)

田中課長:彼女がその、デ、いや
    :ふくよかな体型をしている人をだね

山瀬:(今確実にデブって言おうとしたな)

田中課長:生理的に受け付けられないと言っていて

山瀬:はぁ……
  :生理的に受け付けないですか

田中課長:だからその、君のことがだね

山瀬:ああ、なるほど
  :(厄介な相手って俺自身か)
  :え、つまり、私を教育担当から降ろすって話ですか?

田中課長:いやいやいや
    :そんな話にはなってないよ
    :というかまだ本人から苦情と言うか
    :どうにかならないかと言われただけの段階というか

山瀬:どうにか、と言われましても

田中課長:そうだよね
    :体型なんてすぐにどうこうできる話じゃないよね

山瀬:まぁ、そうですね

田中課長:君の評判は昨年かなり良かったし
    :今年も彼女以外とは上手くやれているんだろう?

山瀬:ありがとうございます
  :自分では上手くやれてると思ってますが
  :実際の所はどうでしょう?
  :(なんせ全く気づいてなかったからな)
  :(佐々木さんとも問題なくやれてると思ってたわ)

田中課長:正直、担当を降りられたら困るんだけど
    :かといって彼女に耐えろとも言い難くて
    :君の方で何か対策立てれないかな?

山瀬:対策、ですか……
  :でも生理的な嫌悪って言いましたよね
  :痩せろったって今日明日になんて無理ですよ?
  :(まぁ痩せようと思った所で)
  :(ダイエット成功したことないんだけどさ)

田中課長:それはわかってる
    :ただ彼女が言うには
    :太っているというのは自身の体型コントロールが出来ない
    :自制心がない人間の象徴だから
    :そんな男に隣に立たれるのが不快でたまらないらしくてさ

山瀬:自制心がない、ですか
  :まぁ、太っていると出世できない制度
  :なんてのも聞いたことはありますが
  :確かそれも、自己管理が出来ていないという理由だったはず

田中課長:うんうん
    :うちの社には今の所そんな制度はないけども
    :それはそれとして
    :なんかこう、ちゃんと自制心があるところを示すとか
    :彼女が納得しそうな何かをだね

山瀬:(つまり何も思いつかないから)
  :(当事者の俺に丸投げしたいってことか)
  :あー、じゃあ
  :何か考えてみます

田中課長:うん、頼んだよ

随分とホッとした様子で課長は部屋を出ていった。

【夜の駅前】
退社後、駅へ向かって歩いている。

山瀬:(そういや昼間の課長の話)
  :(あれ、どうしたらいいんだろうな)
  :(太ってる相手に生理的嫌悪かぁ)
  :(今までそんな反応されたことなかったけど)
  :(でも佐々木さんのことも気づいてなかったし)
  :(言われないだけで不快だって人は多いんだろうか)
  :はぁ……
  :(美味しいもの食べるの好きだし)
  :(太ってモテなかろうと)
  :(俺自身が問題にしてなければ)
  :(体型なんて気にしなくていいって思ってたわ)
  :痩せること
  :ちょっと真面目に考えるか?
  :(そろそろ30になるわけだし)
  :(健康面考えたって)
  :(痩せてたほうが良さそうだしな)

あれこれ考えていると不意にジムの看板が目に入った。
どうやらこの時間も営業しているようだ。

山瀬:あ……
  :(こんなとこにジムがあったのか)
  :(普段全く気にしてなかったけど)
  :(タイミング的にもこれはやっぱり)
  :よし、行くか

【翌日オフィス内】
課題を提出しに来た佐々木の様子を窺う。

山瀬:(言われてみればなるほど)
  :(緊張してるのかと思ってたけど)
  :(不快感を抑えてると見えなくもないな)
  :昨日、田中課長から話を聞いたんだけどね

佐々木:は、はい

山瀬:ああ、そんな身構えなくていいよ
  :ジムに入会決めたってのを
  :一応報告しておこうと思っただけだから

佐々木:は?え?
  :ジム、ですか?

山瀬:そう
  :駅前にあるんだけど24時間営業なんだって
  :そこに今日から通うことにしたからさ

佐々木:それって……
  :私のせい、ですよね

山瀬:佐々木さんのせいと言うか
  :佐々木さんのおかげ?

佐々木:おかげ?

山瀬:ダイエットの必要性について
  :ちょっと真面目に考えるいい機会だった

軽く笑いかけてみるが、あまり納得出来ていない顔をしている。

山瀬:それでまぁ
  :どれくらいで効果が出るのかわからないけど
  :一応ちゃんと続けるつもりだってのと
  :距離も今以上に気をつけるからさ
  :暫くそれで様子見てくれないかな

佐々木:様子見、ですか?

山瀬:そう
  :教育期間が終わるまでまだ数ヶ月あるけど
  :やっぱり耐えられないってなったら言ってよ

佐々木:山瀬さんに直接、ですか?

山瀬:出来れば
  :無理なら田中課長でも良いけどね

佐々木:わかりました

山瀬:うん、よろしくね

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。